【1月28日の市況】日経平均大幅反発、富士電機 通期の業績予想の上方修正を発表して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも下落しました。

FOMCを通過したものの金融政策の先行き不透明感が払拭されず、指数は不安定な動きとなりました。

前日の引け後に決算発表を行ったインテル<INTC>やテスラ<TSLA>の株価は大幅安となりました。

NYダウ 34,160.78 -7.31 (-0.02%)
NASDAQ 13,352.78 -189.33 (-1.40%)
S&P500 4,326.51 -23.42 (-0.54%)
SOX指数 3,243.99 -163.01 (-4.78%)
インテル<INTC> 48.05 -3.64 (-7.04%)
テスラ<TSLA> 829.10 -108.31 (-11.55%)
NYダウ小幅続落 金融政策に不透明感、不安定な値動き(写真=ロイター)
【NQNニューヨーク=横内理恵】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3日続落し、前日比7ドル31セント(0.02%)安の3万4160ドル78セントで終えた。午前中に600ドル強上げた後は急速に伸び悩み、下げに転じて終えた。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融引き締めに前向きな方針が示されたが、引き締...
インテル、10~12月3%増収 PC向けは供給制約で失速
【シリコンバレー=佐藤浩実】米インテルが26日発表した2021年10~12月期決算は売上高が前年同期比3%増の205億2800万ドル(約2兆3500億円)だった。パソコン(PC)向けが7%減と失速する一方、データセンター向けが2割増えて増収を維持した。製造原価や研究開発費が膨らみ、純利益は同21%減の46億2300万ド...
テスラ、利益率業界首位 トヨタ上回る12%
【シリコンバレー=白石武志】米電気自動車(EV)大手テスラが26日発表した2021年10~12月期決算は売上高が前年同期比65%増の177億1900万ドル(約2兆円)、純利益が8.6倍の23億2100万ドルだった。世界的な半導体不足のなかでも米国と中国の完成車工場は高い稼働率を保ち、売上高と純利益は四半期ベースでそろっ...

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

前週分の新規失業保険申請件数は26万件となり、市場予想とほぼ一致しました。

米失業保険申請、26万件 4週ぶり減少(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が27日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、16~22日の週間の新規失業保険申請件数は26万件で前週の改定値から3万件減った。4週ぶりの減少で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(26万5000件程度)とほぼ一致した。解雇の動向を映す失業保険申請件数は、2021年12月に約52年...

4Q GDP

2021年10~12月期のGDPは前期比年率換算で6.9%増となり、市場予想を上回りました。

米GDP6.9%増に加速 10~12月、個人消費が堅調(写真=AP)
【ワシントン=鳳山太成】米商務省が27日発表した2021年10~12月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は前期比年率換算で6.9%増えた。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ7~9月期の2.3%増から加速した。ただ高インフレが長引き、堅調な個人消費が先行き減速する懸念も出ている。10~12月期の成長率...

12月 耐久財受注

12月の耐久財受注は前月比0.9%減となり、市場予想を下回りました。

12月の米耐久財受注、0.9%減 3カ月ぶりマイナス(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が27日発表した2021年12月の耐久財受注(季節調整済み、半導体を除く)は前月の改定値から0.9%減った。3カ月ぶりのマイナスで、マイナス0.6%程度を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測より大きく減少した。11月に急増した民間航空機・部品が反動で14.4%減ったほか、軍用機・同部...

決算発表(朝)

マクドナルド<MCD>

マクドナルド<MCD> 248.74 -1.11 (-0.44%)
米マクドナルド10~12月、純利益19%増 コスト増重荷(写真=AP)
【ニューヨーク=河内真帆】米マクドナルドが27日発表した2021年10~12月期決算は、純利益が前年同期比19%増の16億3800万ドル(約1887億円)だった。人手不足に伴う人件費の増加や素材価格の高騰で営業コストが14%増加し、利益水準は市場予測を下回った。売上高は13%増の60億900万ドルで、市場予測をやや下回...

マスターカード<MA>

マスターカード<MA> 350.53 +5.87 (+1.70%)
米マスターカード、第4四半期利益が予想上回る 海外旅行回復で
米クレジットカード大手マスターカードが27日に発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は、利益が市場予想を上回った。国内でのカード利用が増加したほか、海外旅行の回復に伴いクロスボーダー決済も53%増加した。

決算発表(夕)

ビザ<V>

時間外の株価は大幅高となっています。

米ビザの10─12月期、利益が予想上回る 旅行関連支出の堅調で
米クレジットカード大手ビザが27日発表した第1・四半期(2021年12月31日まで)決算は、利益が市場予想を上回った。旅行やオンライン関連支出が増え、決済額が増加した。

アップル<AAPL>

時間外の株価は大幅高となっています。

Apple10~12月、利益20%増 半導体不足押しのけ最高益(写真=ロイター)
【シリコンバレー=白石武志】米アップルが27日発表した2021年10~12月期決算は売上高が前年同期比11%増の1239億4500万ドル(約14兆2000億円)、純利益は20%増の346億3000万ドルだった。半導体不足で供給面の制約を受けつつも主力のスマートフォン「iPhone」部門を伸ばし、売上高と純利益はそろって...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

日経平均は昨日841円も下げたこともあり、自律反発の買いが入って500円を超える大幅反発となりました。

  • 昨晩のNASDAQ、SOX指数が下落 → 一部の半導体関連に売り
  • ドル円が115円台中盤まで円安に進んできた → 自動車など輸出関連に買い
  • 米10年債利回りは1.82%近辺まで少し低下
  • WTI原油先物は87ドル近辺でもみ合い

日経平均は大幅反発といってもまだ2万6千円台ですからね。

ここからどこまで上に戻れるでしょうか?

日経平均 26,717.34 +547.04 (+2.09%)
TOPIX 1,876.89 +34.45 (+1.87%)
JPX日経400 16,928.10 +296.72 (+1.78%)
JASDAQ平均 3,568.31 +14.68 (+0.41%)
マザーズ指数 731.07 +2.82 (+0.39%)
日経平均4日ぶり反発、終値547円高の2万6717円
28日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに大幅反発し、前日比547円04銭(2・09%)高の2万6717円34銭で終えた。前日まで日経平均が1400円を超える下げとなったため、自律反発を狙った買いが優勢となった。外国為替市場で円相場が1ドル=115円台半ばと前日に比べて円安・ドル高で推移し、自動車など輸出関連株を中...

経済指標

1月 東京都区部消費者物価指数(CPI)

今日の取引時間開始前には1月の東京都区部消費者物価指数(CPI)の発表があり、前年同月比0.2%上昇の99.9と市場予想を下回りました。

1月の都区部消費者物価、0.2%上昇 上昇は5カ月連続
総務省が28日発表した1月の東京都区部・消費者物価指数(CPI、中旬速報値、2020年=100)は、生鮮食品を除く総合が99.9と前年同月比0.2%上昇した。上昇は5カ月連続。QUICKがまとめた

個別材料

富士電機 通期の業績予想の上方修正を発表して株価大幅高

パワー半導体などの富士電機<6504>は、1月27日に2021年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は253億9600万円の黒字となりました。(前年同期は40億3300万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比19.3%増としていましたが、今回25.2%増へと改めました。

これを受け今日の富士電機の株価は大幅高となりました。

富士電機<6504> 5,930 +560 (+10.43%)
富士電機の21年4~12月期、最終損益は253億9600万円の黒字 通期予想を上方修正
富士電機が27日発表した2021年4~12月期の連結決算で、最終損益は253億9600万円の黒字となった。前年同期は40億3300万円の赤字だった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比25.2%増の525億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは496億9200万円だった。...

信越化学 通期の業績予想の上方修正を発表して株価大幅高

シリコンウエハや塩ビなどの信越化学工業<4063>は、1月27日に2021年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比65.5%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比23.6%増としていましたが、今回70.2%増へと改めました。

また、期末配当予想を従来の150円から250円へと100円増額しています。(年間では前期比150円の増配)

これを受け今日の信越化学の株価は大幅高となりました。

信越化学<4063> 18,995 +1,345 (+7.62%)
信越化の21年4~12月期、純利益65.5%増 通期予想を上方修正
信越化学工業が27日発表した2021年4~12月期の連結決算で、純利益は前年同期比65.5%増の3531億3500万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比70.2%増の5000億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは4555億7400万円だった。信越化は主要製品...

アドバンテスト 通期の業績予想の上方修正を発表して株価大幅高

半導体検査装置のアドバンテスト<6857>は、1月27日に2021年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比66.7%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比12.8%増としていましたが、今回23.7%増へと改めました。

これを受け今日のアドバンテストの株価は大幅高となりました。

アドバンテスト<6857> 9,170 +360 (+4.09%)
アドテストの21年4~12月期、純利益66.7%増 通期予想を上方修正
アドバンテストが27日発表した2021年4~12月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比66.7%増の608億9300万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比23.7%増の863億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは839億4000万円だった。アド...

富士通 10~12月期が3割営業減益となり株価大幅安

ITサービスの富士通<6702>は、1月27日に2021年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比8.6%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

今日の富士通の株価は10~12月期に限ってみた場合に3割の営業減益であったことが嫌気され大幅安となりました。

富士通<6702> 15,165 -1,675 (-9.95%)
富士通がマドを開けて売られる、10~12月期営業3割減益を嫌気(富士通) 2022年01月28日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2022/01/28 - 富士通(6702) の関連ニュース。 富士通<6702.T>がマドを開けて売られ続急落。27日の取引終了後、22年3月期第3四半期累計(21年4~12月)の決算を発表し、営業利益は前年同期比5.8%減の1466億6800万円だった。直近10~12月期でみると営業3割減益となっており...
富士通の21年4~12月期、純利益8.6%増 通期予想据え置き
富士通が27日発表した2021年4~12月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比8.6%増の1242億8300万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比1.1%増の2050億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは2100億900万円だった。富士通は産業...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

SCREEN

半導体製造装置のSCREENホールディングス<7735>は、1月28日に2021年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利利益は前年同期比3.7倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

業績予想の据え置きが嫌気されているようで、現時点のPTS取引の株価は大幅安となっています。

スクリンの21年4~12月期、純利益3.7倍 通期予想据え置き
SCREENホールディングスが28日発表した2021年4~12月期の連結決算で、純利益は前年同期比3.7倍の296億1800万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比2.4倍の360億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは383億4700万円だった。スクリンは半導...

オムロン

制御機器などのオムロン<6645>は、1月28日に2021年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比32.2%増となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比51.2%増としていましたが、今回31.6%増へと改めました。

業績予想の下方修正が嫌気されたようで、現時点のPTS取引の株価は大幅安となっています。

オムロンの21年4~12月期、純利益32.2%増 通期予想を下方修正
オムロンが28日発表した2021年4~12月期の連結決算で、純利益は前年同期比32.2%増の448億1500万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き下げた。純利益は前期比31.6%増の570億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは716億4300万円だった。オムロンは様々なモノを計測...

中部電力

中部電力<9502>は1月28日に2021年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は131億4200万円の赤字となりました。(前年同期は1566億5700万円の黒字)

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比83.0%減としていましたが、今回450億円の赤字へと改めました。(前期は1472億200万円の黒字)

赤字転落が嫌気されたようで、現時点のPTS取引の株価は大幅安となっています。

中部電の21年4~12月期、最終損益は131億4200万円の赤字 通期予想を下方修正
中部電力が28日発表した2021年4~12月期の連結決算で、最終損益は131億4200万円の赤字となった。前年同期は1566億5700万円の黒字だった。2022年3月期通期の純利益予想は引き下げた。最終損益は450億円の赤字(前期は1472億200万円の黒字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 12月 個人所得、個人消費支出

また、以下のような決算発表があります。

  • キャタピラー<CAT>
  • シェブロン<CVX>

国内

月曜日の取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • トクヤマ<4043>
  • マネックスG<8698>
  • 小野薬<4528>
  • 商船三井<9104>
  • 東洋水産<2875>
  • 清水建設<1803>
  • 三菱倉庫<9301>
  • 塩野義薬<4507>
  • 第一三共<4568>
  • 積水化<4204>
  • 日軽金HD<5703>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 味の素<2802>
  • コーエーテクモ<3635>
  • 住友化学<4005>
  • 大日住薬<4506>
  • 日本碍子<5333>
  • オークマ<6103>
  • コマツ<6301>
  • 日立建機<6305>
  • 日本精工<6471>
  • NTN<6472>
  • マキタ<6586>
  • NEC<6701>
  • TDK<6762>
  • レーザーテック<6920> ← 要チェック
  • 京セラ<6971>
  • 日野自<7205>
  • 三菱自<7211>
  • あおぞら<8304>
  • りそなHD<8308>
  • 静岡銀行<8355>
  • JR東日本<9020>
  • JR西日本<9021>
  • JR東海<9022>
  • 東電力HD<9501>
  • 大阪瓦斯<9532>

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

1月31日(月) 日本 12月 鉱工業生産
12月 小売業販売額
中国 休場(春節)
2月1日(火) 日本 12月 失業率、有効求人倍率
1月 新車販売台数
中国 休場(春節)
米国 1月 ISM製造業景況指数
2月2日(水) 中国 休場(春節)
米国 1月 ADP雇用統計
2月3日(木) 中国 休場(春節)
欧州 ECB理事会 結果発表
米国 前週分の新規失業保険申請件数
1月 ISM非製造業景況指数
2月4日(金) 中国 休場(春節)
北京オリンピック開幕
米国 1月 雇用統計
タイトルとURLをコピーしました