インドネシアルピア建て債券償還(2019年6月)

債券

こんにちは。進化型タヌキです。

今日も雨が降って、ジメジメして気持ち悪いです。

皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。

今回は新興国債券についての投稿です。

猟師のおじさんが2016年12月に購入していた、インドネシアルピア建て債券が2019年6月に償還されました。

ここではその実績を紹介していきたいと思います。

ちなみに期間が短いのは新発債ではなく既発債だったからです 。新興国債券はだいたい4~5年のものが多いイメージです。

インドネシアルピア建て債券

新興国で発行された債券を新興国債券と言います。

その中でインドネシアルピア建て債券は、インドネシアの通貨であるルピアで発行された債券です。

投資家はルピアでお金を貸して、ルピアで利息をもらい、期限(償還日)になったらルピアでお金が返ってくることになります。

そして、その都度日本円とインドネシアルピアの交換が発生します。

証券会社の口座の設定で、利息や償還金を日本円に戻さずにルピアのままにしておくこともできる場合があります。償還されて戻ってきたルピアで、またルピア建ての債券を購入するような場合はそちらの方が有利になります。

新興国債券の魅力とリスク

新興国債券の魅力はなんといっても、その高い利率です。

今回の債券も税引き前の利率が7.08%と日本の債券と比べると非常に高いものでした。

猟師のおじさんもこの高い利率に釣られて、ついついこの債券を購入してしまったという経緯があります。

しかし、外国通貨建ての債券で注意しなければならないのが為替のリスク。

外国の通貨でお金が長期間拘束されたままになりますから、その間に為替が変動し大きく値下がりしてしまうと日本円換算での元本は大きく目減りしてしまいます。

せっかくの高い利率も為替次第で台無しになってしまう、それが新興国債券の特徴なのです。

今回の債券のスペック

今回の債券のスペックは以下のようになっています。

通貨 インドネシアルピア
利率 7.08%(税引き後 5.64%)
利払い日 年2回(6月/12月)
満期償還日 2019年6月
購入した額面 5千万ルピア

為替チャート

ここ3年間のインドネシアルピアと日本円の為替チャートです。

債券を購入してからどれぐらいの変動があったでしょうか。

見事に天井で買っとるのぉ。

狙ってもなかなかできることじゃないです。

流石です。

結果発表

さあ、お待ちかねの結果発表です。

果たして、儲かったのでしょうか?損したのでしょうか?

日付 金額[円] メモ
2016/12/5 -438,192 債券購入
2016/12/20 12,202 利息(税引き後)
2017/06/20 11,666 利息(税引き後)
2017/12/20 11,779 利息(税引き後)
2018/06/20 11,143 利息(税引き後)
2018/12/20 11,017 利息(税引き後)
2019/06/20 10,693 利息(税引き後)
2019/06/20 379,000 債券償還
儲け 9,308  
儲け率 2.12%  

やったぁ!! プラスじゃあ!!

イヤッフウゥウwwwww

一応プラスではありますけど、よく見てください。

利息が1回分少なければマイナスという薄氷の勝利でしたよ。

本当じゃ。

よく見たら、元本が59,192円(13.5%)も減っとる。

恐ろしい、恐ろしい…。

まだまだこれからです

今回たまたまプラスだったからと言って安心してはいけません。

猟師のおじさんは2016年秋から2018年頭にかけて、調子に乗って新興国債券をいくつも購入してしまいました。

2021年までその償還ラッシュが続きます。

インドルピー、ロシアルーブル、ブラジルレアル、メキシコペソ。

なんでこんなに買っちゃったんでしょう…。

これらの債券についても、償還され次第このブログで実績を紹介していきたいと思います。

次回は2019年11月償還のブラジルレアル建て債券です。

恐らくとんでもない結果が待っていると思います。

お楽しみに~♪

恐ろしい、恐ろしい…。

タイトルとURLをコピーしました