【今日の市況】日経平均5日ぶり反発、大日本印刷 純利益78%増で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

エアコンをつけたまま寝ていたら、体調を崩してしまいました。

では、今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数まちまちの動きとなりました。

NYダウは一時500ドル以上の下げ幅となりましたが、追加利下げの期待が高まり下げ幅を縮小しました。

NYダウ 26,007.07 -22.45 (-0.09%)
NASDAQ 7,862.82 +29.56 (+0.38%)
S&P500 2,883.98 +2.21 (+0.08%)

今日の日本市場

今日の日本市場は、各指数まちまちの結果となりました。

日経平均は5日ぶりの反発となりました。

日経平均 20,593.35 +76.79 (+0.37%)
TOPIX 1,498.66 -1.27 (-0.08%)
JASDAQ平均 3,384.70 +4.90 (+0.14%)
マザーズ指数 876.07 +3.59 (+0.41%)

また、今日は6月の経常収支が発表されました。

貿易収支の黒字幅は縮小しました。

6月の経常収支、1兆2112億円の黒字 60カ月連続黒字
財務省が8日発表した6月の国際収支状況(速報)によると、海外との総合的な取引状況を示す経常収支は1兆2112億円の黒字だった。黒字は60カ月連続。QUICKがまとめた民間予測の中央値は1兆1717億

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

大日本印刷 純利益78%増で株価大幅高

大日本印刷<7912>は、8月7日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比78%増となりました。

その半分は土地や建物の売却益によるものとのことです。

これを受け今日の大日本印刷の株価は大幅高となりました。

大日本印刷<7912> 2,285 +156 (+7.33%)
大日印の4~6月期、純利益78%増 ICカード事業が堅調
大日本印刷が7日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比78%増の180億円だった。印刷事業での土地や機械の売却で特別利益を計上したほか、ICカードなどの売り上げが伸びた。売上高

大塚HD 通期業績予想上方修正で株価大幅高

製薬大手の大塚HD<4578>は、今日の取引時間中に1~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比5%増となりました。

併せて通期の業績予想を上方修正しました。

これにより大塚HDの今日の株価は大幅高となりました。

大塚HD<4578> 4,005 +181 (+4.73%)
大塚HDの今期、純利益52%増に上方修正 主力薬の販売好調
大塚ホールディングスは8日、2019年12月期(今期)の連結純利益(国際会計基準)が前期比52%増の1250億円になりそうだと発表した。従来予想の33%増の1100億円から150億円引き上げた。腎不

IHI 4~6月期27億円赤字で株価大幅安

IHI<7013>は、8月7日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は27億円の赤字となりました。

自動車市場の低迷でターボチャージャーの売れ行きがいまいちだったとのことです。

これを受けて今日のIHIの株価は大幅安となり年初来安値をつけました。

IHI<7013> 1,995 -313 (-13.56%)
世界重工4~6月期、6社中5社が最終減益 中国など設備投資減が直撃
日米欧の主要な重工メーカーの業績が悪化している。7日出そろった2019年4~6月期連結決算では、主要6社のうち5社で純利益が前年同期に比べて減少するか、最終損益が赤字に転落した。激化する米中貿易摩擦

丸井グループ 純利益2%減で株価大幅安

丸井グループ<8252>は、8月7日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2%減となりました。

今日の丸井グループの株価は小売り事業の不振が嫌気されて大幅安となりました。

丸井グループ<8252> 2,000 -305 (-13.23%)
丸井G、経常益1%増 フィンテック事業が好調 4~6月
丸井グループが7日発表した2019年4~6月期の連結決算は、経常利益が前年同期比1%増の85億円だった。自社のクレジットカード「エポスカード」の会員数が増え、家賃保証サービスの利用が伸びるなどフィン
<東証>丸井Gが急落 小売事業の不振嫌気、2%営業増益も
(10時45分、コード8252)丸井Gが急落している。一時、前日比284円(12.3%)安の2021円まで売られ、3月14日以来およそ5カ月ぶりの安値をつけた。7日発表した2019年4~6月期の連結決

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

楽天

楽天<4755>は、1~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比55%増となりました。

楽天の1~6月期、純利益55%増 リフト株の評価益が寄与
楽天が8日発表した2019年1~6月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比55%増の1002億円だった。3月に米市場に上場した投資先の米ライドシェア大手リフトの株式で評価益約1000億円を

資生堂

資生堂<4911>は、1~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比10%増となりました。

併せて通期業績予想を上方修正しました。

資生堂の19年12月期、純利益35%増予想に上方修正 税負担軽減で
資生堂は8日、2019年12月期の連結純利益が前期比35%増の830億円になりそうだと発表した。従来予想は23%増の755億円だった。米子会社の含み損を本社に移転したことにともない税負担が減る。売上

住友不動産

住友不動産<8830>は、4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比14%増となりました。

住友不の4~6月期、純利益14%増 ビル賃貸など好調
住友不動産が8日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比14%増の558億円だった。前期までに竣工した都内の大型物件を中心に主力のオフィスビル賃貸が好調だったほか、分譲マンション

富士フイルム

富士フイルムホールディングス<4901>は、4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比48%減となりました。

富士フイルムの4~6月期、純利益48%減 証券評価損響く
富士フイルムホールディングスが8日発表した2019年4~6月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比48%減の146億円だった。持ち分証券評価損などが重荷になった。売上高は5%減の5353

メルカリ

メルカリ<4385>は、2019年6月期の決算を発表しました。

純利益は137億円の赤字となりました。

相変わらずスマホ決済でお金をまき散らしてます。

すごいです~♪

メルカリ、赤字137億円 米国事業とスマホ決済が重荷 | 共同通信
フリーマーケットアプリ運営のメルカリが8日発表した2019年6月期連結決算は純損益が137億円の赤字...

明日に向けての注目点

国外については、今日は特に大きなものはありません。

国内については明日、以下の指標が発表されます。

  • 2Q GDP

国内は決算発表が続きます。

明日の取引時間中(もしくは昼休み中)には、以下のような決算発表があります。

  • 東レ<3402>
  • ブリヂストン<5108>
  • 東映<9605>

明日の取引時間後には、以下のような決算発表があります。

  • 森永製菓<2201>
  • マツモトキヨシホールディングス<3088>
  • リクルートホールディングス<6098>
  • 日本郵政<6178>
  • かんぽ生命保険<7181>
  • ゆうちょ銀行<7182>
  • 凸版印刷<7911>
  • 青山商事<8219>
  • クレディセゾン<8253>
  • 第一生命ホールディングス<8750>
タイトルとURLをコピーしました