個人的な成績の記録(2019年11月)

国内株式・ETF
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今回は猟師のおじさんの2019年11月の国内株式・ETFの成績について投稿します。

大した根拠もなく、買ったり売ったりしていて、とても人様にお見せできるようなものではありませんが、この恥ずかしい内容を人目にさらすことでことで、次からはよく考えて株を買うようになるのではと考えています。

11月の主な出来事

11月の主な出来事は以下のような感じでしょうか。

  • 決算発表ラッシュ
  • ソフトバンクG赤字
  • ZホールディングスとLINEの経営統合発表
  • GSOMIA延長
  • パナソニック半導体事業撤退を発表

11月に損益が確定した銘柄

11月に確定した損益は以下のようになりました。

すべて現物の株・ETFの実績です。

日付銘柄コード銘柄名損益
2019/11/011570日経レバETF2,700
2019/11/077269スズキ56,200
2019/11/114502武田薬品工業46,200
2019/11/201570日経レバETF2,700
2019/11/211570日経レバETF3,600
2019/11/229697カプコン10,300
2019/11/274751サイバーエージェント2,500
2019/11/279508九州電力2,200
月間手数料-8,969
117,431

11月は結構利益が出ましたね。

そろそろ天井かと思って、含み益のある株を片っ端から売ってやったワイ。

翌月以降に繰り越した銘柄

翌月以降に繰り越した銘柄です。

評価額などは11月末時点のものになります。

銘柄コード銘柄名保有数取得単価現在値評価額評価損益評価損益率
1357日経ダブルインバ3,9501,0029183,626,100-331,800-8.38%
2768双日600349344206,400-3,000-1.43%
4680ラウンドワン2001,2831,101220,200-36,400-14.19%
4755楽天200971949189,800-4,400-2.27%
8628松井証3001,002894268,200-32,400-10.78%
9503関西電力1001,2701,248124,800-2,200-1.73%
4,635,500-410,200-8.13%

含み益のある株を売ったら、マイナスばかり残ってしもうたのぉ。

新しく買ったラウンドワンが大変なことになっています。

底値と思って買ったら決算で底が抜けて、ナンピンしたけどさらに下がるという…。

下手くそ過ぎて涙が出るワイ。

ところで、日経ダブルインバースの含み損が、前月よりさらに大変なことになっていますね。

ここまで来て損切りするわけにもいかんしのぉ。

ナンピンしながら時が来るのを待つしかないのぉ。

本当にこのまま突き進んでいってだいじょうぶでしょうか…。

ちなみに10月の状況は以下にあります。

今年の累積損益額

今年のここまでの累積損益額は以下のようになっています。

特定口座に入っているもの全体の損益であるため、株式・ETF以外での損益も含まれています。(配当や利息などは含まず)

よって、上に出てきた内容とは一致しません。

年月累積損益額前月との差
2019/010
2019/0200
2019/03-208,788-208,788
2019/04-213,949-5,161
2019/05-195,04518,904
2019/06-262,006-66,961
2019/07-250,30111,705
2019/08-242,9887,313
2019/09-181,70961,279
2019/10-175,9105,799
2019/11-166,6069,304

2018年12月末までの激しい下げで抱えた含み損を2019年3月に損切りしました。

その後はそのマイナスをちょっとずつ取り戻そうとしている状態です。

今月は株の儲けがかなりあったものの、ブラジルレアル建て債券の償還で元本割れした大きなマイナスが乗っかってきて、ほとんどプラス分を吹き飛ばしてしまいました。

資産評価額の増減

毎日記録を取り始めてからの、株・投資信託・債券・現金など全部を含めた評価額の推移です。

マイナス20~40万円の間で安定しとるのぉ。

株の含み損が約40万円ありますから、それさえなければプラスだったんですけどね。

つらいのぉ…。

タイトルとURLをコピーしました