【1月31日の市況】日経平均続伸、キヤノン 今期増益の業績予想と自社株買いを発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は以下のような材料で3指数まちまちの動きとなりました。

  • 金融関連についてアナリストの目標株価引き上げがあった → NYダウ押し上げ
  • 決算発表前に大手ハイテク株の持ち高調整 → NASDAQ押し下げ
  • 翌日にFOMCの結果発表がある → 動きづらい

NYダウは過去最高値を更新しました。

S&P500はザラ場ベースで過去最高値を更新しました。

NYダウ 38,467.31 +133.86 (+0.35%)
NASDAQ 15,509.89 -118.14 (-0.76%)
S&P500 4,924.97 -2.96 (-0.06%)
SOX指数 4,319.99 -68.28 (-1.56%)
NYダウ、133ドル高で最高値更新 金融・消費株に買い - 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=矢内純一】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸した。前日比133ドル86セント(0.35%)高の3万8467ドル31セントで...

経済指標

12月 雇用動態調査(JOLTS)

12月の雇用動態調査(JOLTS)では非農業部門の求人件数が902万6000件となり、市場予想(880万件)を上回りました。

12月の米求人件数、900万件 市場予想上回る - 日本経済新聞
【ワシントン=赤木俊介】米労働省が30日発表した2023年12月の雇用動態調査(JOLTS)によると、非農業部門の求人件数(季節調整済み、速報値)は902万60...

1月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)

1月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は前月比6.8ポイント上昇の114.8となりました。

1月の米消費者信頼感、約2年ぶり高水準 インフレ鈍化で - 日本経済新聞
【ニューヨーク=佐藤璃子】米調査会社コンファレンス・ボードが30日発表した1月の米消費者信頼感指数は、前月の改定値から6.8ポイント上昇して114.8となった。...

決算発表(朝方)

ゼネラルモーターズ<GM>

ゼネラルモーターズ<GM> 38.15 +2.76 (+7.80%)
GM決算、利益と売上高がウォール街予想上回る-24年の増益見込む
米自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)が発表した2023年10-12月(第4四半期)決算は、ウォール街の予想を上回る内容だった。24年業績は米国での売上高改...

ファイザー<PFE>

ファイザー<PFE> 27.02 -0.46 (-1.67%)
米ファイザー、10〜12月赤字5000億円 コロナ製品低迷 - 日本経済新聞
【ニューヨーク=吉田圭織】米製薬大手ファイザーが30日発表した2023年10〜12月期決算は、最終損益が33億6900万ドル(約5000億円)の赤字だった。前年...

ユナイテッド・パーセル・サービス<UPS>

ユナイテッド・パーセル・サービス<UPS> 145.06 -12.96 (-8.20%)
UPS、10-12月売上高と通期見通しが市場予想に届かず-株価下落
米宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)が30日発表した2023年10-12月(第4四半期)決算では売上高がアナリストの予想を下回った。2024年通...

決算発表(夕方)

アドバンスト・マイクロ・デバイシズ<AMD>

1~3月期の売上高見通しが市場予想を下回ったことなどから時間外の株価は大幅安となっています。

AMD、売上高見通しが市場予想下回る-時間外で株価下落
半導体メーカーの米アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は人工知能(AI)プロセッサーの今年の売上高見通しを引き上げる一方、1-3月(第1四半期)について...

アルファベット<GOOG><GOOGL>

10~12月期の検索広告事業の売上高が市場予想を下回ったことなどから時間外の株価は大幅安となっています。

アルファベット、中核の検索広告事業の売上高が予想下回る-株価下落
グーグルの親会社、米アルファベットが30日発表した2023年10-12月(第4四半期)決算で、中核事業である検索広告事業の売上高はアナリスト予想に届かなかった。...

マイクロソフト<MSFT>

マイクロソフト、売上高は市場予想上回る-クラウドの伸びに一部失望
米マイクロソフトが30日に発表した2023年10-12月(第2四半期)決算では、売上高が22年以来の高い伸びとなった。人工知能(AI)を活用する新サービスへの関...

スターバックス<SBUX>

スターバックス既存店売上高の伸び、予想に届かず-財布のひも堅く
米スターバックスが30日発表した2023年10-12月(第1四半期)決算では、既存店売上高の増加率と利益が市場予想を下回った。客単価はより鈍いペースでの伸びとな...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は主要な4指数の中ではグロース250だけが下落、その他の指数は上昇しました。

日経平均は昨晩の米国市場でハイテク株が下落したことなどから安く始まり、一時350円を超える下げ幅となる場面もありましたが、10時半以降は一貫して上昇基調が続き、午後にはプラスに転じて大引けではほぼ高値引けとなりました。

(今日の安値は9:04の35,704円(361円安)、高値は15:00の36,292円(226円高)、値幅は587円)

TOPIXは終値ベースでバブル崩壊後の高値を更新しました。

  • 日銀金融政策決定会合(1/22,23分)の主な意見で金融政策の正常化が近そう → 銀行などにプラス
  • 昨晩の米国市場でNASDAQ、SOX指数が反落 → 半導体の一角などにマイナス
  • 今朝の大手ハイテクの決算発表を受けた時間外の株価が軟調 → 半導体の一角などにマイナス
  • ドル円が147円台後半まで円安に進んできた → 自動車などにプラス

日経平均はあんなに安いところからよくプラスに切り返したものです。

今晩米国でFOMCの結果発表があるというのに大丈夫なのでしょうか?

日経平均 36,286.71 +220.85 (+0.61%)
TOPIX 2,551.10 +24.17 (+0.96%)
JPX日経400 23,058.74 +208.29 (+0.91%)
グロース250 712.04 -2.68 (-0.37%)
日経平均3日続伸、終値は220円高の3万6286円 - 日本経済新聞
31日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。終値は前日比220円85銭(0.61%)高の3万6286円71銭で、この日の高値圏で終えた。午前の取引では心理...
マイナス金利解除含めた政策修正、要件は満されつつある-日銀意見
日本銀行が22、23日に開いた金融政策決定会合では、大規模な金融緩和政策からの正常化に向けた前向きな意見が相次いだ。「主な意見」を31日に公表した。市場は近い将...

経済指標

12月 鉱工業生産

12月の鉱工業生産指数は前月比1.8%上昇の105.9となり、市場予想(2.4%上昇)を下回りました。

鉱工業生産、12月1.8%上昇 2カ月ぶりプラス - 日本経済新聞
経済産業省が31日に発表した2023年12月の鉱工業生産指数(2020年=100、季節調整済み)速報値は105.9となり、前月比で1.8%上昇した。汎用・業務用...

12月 小売業販売額

12月の小売業販売額は前年同月比2.1%増となりました。

小売業販売12月は2.1%増、食品増も衣類低調で判断下方修正
経済産業省が31日に発表した12月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比2.1%増で22カ月連続のプラスだった。ロイターの事前予測調査で...

個別材料

キヤノン 今期増益の業績予想と自社株買いを発表し株価大幅高

カメラや複合機のキヤノン<7751>は、1月30日に2023年12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比8.4%増となりました。

期末配当は従来予想どおりの70円とのことです。

併せて2024年12月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比15.3%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で150円としています。(前期比10円の増配)

また、3300万株(3.3%)・1000億円を上限とする自社株買いを実施することも発表しました。

取得期間は2月1日~2025年1月31日としています。

これを受け今日のキヤノンの株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

キヤノン<7751> 4,080 +297 (+7.85%)
キヤノンの24年12月期、純利益15%増 半導体装置好調 - 日本経済新聞
キヤノンは30日、2024年12月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比15%増の3050億円になりそうだと発表した。3000億円を超えるのは08年12月期以来...

アルプスアルパイン 通期の業績予想の下方修正を発表し株価大幅安

電子部品やカーナビのアルプスアルパイン<6770>は、1月30日に2023年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は203億7600万円の赤字となりました。(前年同期は211億2500万円の黒字)

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比74.4%増(200億円の黒字)としていましたが、今回350億円の赤字へと改めました。

事業用固定資産353億円の減損損失などを計上するとのことです。

期末配当予想も従来の20円から10円へと10円減額しています。(年間では前期比10円の減配)

これを受け今日のアプルスアルパインの株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

アルプスアルパイン<6770> 1,101.5 -205.5 (-15.72%)
アルプスアルの23年4〜12月期、最終損益は203億7600万円の赤字 通期予想を下方修正 - 日本経済新聞
アルプスアルパインが30日発表した2023年4〜12月期の連結決算で、最終損益は203億7600万円の赤字となった。前年同期は211億2500万円の黒字だった。...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

アドバンテスト

半導体検査装置のアドバンテスト<6857>は、1月31日に2023年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比52.8%減となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比54%減としていましたが、今回50.5%減へと改めました。

アドテストの23年4〜12月期、純利益52.8%減 通期予想を上方修正 - 日本経済新聞
アドバンテストが31日発表した2023年4〜12月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比52.8%減の471億4300万円となった。2024年3月期...

レーザーテック

半導体マスク欠陥検査装置などのレーザーテック<6920>は、1月31日に2023年7~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比63.4%増となりました。

中間配当は従来予想どおりの73円とのことです。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比1.8%増としていましたが、今回6.1%増へと改めました。

期末配当予想も従来の110円から118円へと8円増額しています。(年間では前期比11円の増配)

レーザーテクの23年7〜12月期、純利益63.4%増 通期予想を上方修正 - 日本経済新聞
レーザーテックが31日発表した2023年7〜12月期の連結決算で、純利益は前年同期比63.4%増の221億9800万円となった。2024年6月期通期の純利益予想...

中国

経済指標

1月 製造業PMI、非製造業PMI

製造業PMIは前月比0.2ポイント上昇の49.2となり、市場予想(49.3)を下回りました。

非製造業PMIは前月比0.3ポイント上昇の50.7となり、市場予想(50.6)を上回りました。

中国の製造業活動、1月も縮小示唆-低調な景気続く
中国の製造業活動は1月も縮小した。新規受注が振るわず、春節(旧正月)連休を控え、低調な需要が引き続き景気の足かせになっていることを示唆した。

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 1月 ADP雇用統計 ← 要チェック

また、FOMCの結果発表があります。

また、以下のような決算発表があります。

朝方
  • ボーイング<BA> ← NYダウ構成銘柄
  • マスターカード<MA>
夕方
  • クアルコム<QCOM> ← 半導体関連

国内

明日の取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 1月 新車販売台数

また、以下のような決算発表があります。

取引時間中(昼の時間帯含む)
  • 日本ハム<2282>
  • HOYA<7741>
取引時間終了後
  • イビデン<4062>
  • 武田薬品工業<4502>
  • 中外製薬<4519>
  • 大塚商会<4768>
  • コニカミノルタ<4902>
  • しずおかFG<5831>
  • ローム<6963>
  • 京セラ<6971>
  • 日野自動車<7205>
  • 三菱自動車工業<7211>
  • あおぞら銀行<8304>
  • 三井住友<8316>
  • コナミグループ<9766>

中国

明日中国では以下のような指標の発表があります。

  • 1月 製造業PMI(財新)
タイトルとURLをコピーしました