【9月1日の市況】日経平均5日続伸、四電工 配当予想の増額を発表し株価大幅高など

株式

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は以下のような材料で3指数まちまちの動きとなりました。

  • この日発表された7月のPCE価格指数(下に記載)が市場予想と一致 → 全体にプラス
  • アトランタ連銀のボスティック総裁は追加利上げに反対 → 全体にプラス
  • 3指数とも前日までに4連騰している → 利益確定売りが出た
  • 翌日に8月の雇用統計の発表がある → 動きづらい
NYダウ 34,721.91 -168.33 (-0.48%)
NASDAQ 14,034.96 +15.65 (+0.11%)
S&P500 4,507.66 -7.21 (-0.15%)
SOX指数 3,670.93 +27.01 (+0.74%)
NYダウ反落、168ドル安 雇用統計控え利益確定売り - 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=川上純平】8月31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落し、前日比168ドル33セント(0.5%)安の3万4721ドル9...
米金利は十分に高い、インフレ目標達成可能=アトランタ連銀総裁
米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は31日、現在の金融政策は適度に制約的で「妥当な」期間内にインフレ率が2%に戻ると述べ、追加利上げに反対する意向を示唆した...

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

前週分の新規失業保険申請件数は22万8000件となり、市場予想(23万5000件)を下回る(良い)結果となりました。

米失業保険、申請22.8万件 8月採用は1年9カ月ぶり低さ - 日本経済新聞
【ワシントン=赤木俊介】米労働省が31日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、8月20〜26日の週間の新規失業保険申請件数は22万8000件だった。民間...

7月 個人所得、個人消費支出

項目 結果 市場予想
個人所得(前月比) +0.2% +0.3%
個人消費支出(前月比) +0.8% +0.7%
PCE総合価格指数(前月比) +0.2% +0.2%
PCEコア価格指数(前月比) +0.2% +0.2%
米個人消費支出、7月は前月比0.8%増-PCEコアは前年比4.2%上昇
米個人消費支出(PCE)コア価格指数は7月に前月比ベースで小幅な上昇にとどまり、2カ月間の伸びとしては2020年終盤以来の最小となった。同指数は米金融当局が基調...

決算発表(夕方)

デル・テクノロジーズ<DELL>

5~7月期の売上高、1株利益、8~10月期の売上高見通しが市場予想を上回り、時間外の株価は大幅高となっています。

デル、5-7月期売上高が市場予想上回る-株価上昇
米デル・テクノロジーズが8月31日に発表した5-7月(第2四半期)決算で、パソコン(PC)とデータセンター・ハードウエアの売上高が予想を上回った。企業向けテクノ...

ブロードコム<AVGO>

8~10月期の売上高見通しが市場予想を下回り、時間外の株価は大幅安となっています。

ブロードコムの売上高見通し、市場予想下回る-需要低迷続く
世界 5 大半導体メーカーの1社であるブロードコムは、今四半期の期待外れの業績見通しを示した。電子部品の需要が依然として低迷していることを示唆した。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は主要な4指数の中ではマザーズ指数だけが続落、その他の指数は続伸となりました。

日経平均は昨晩の米国市場が伸び悩んだことなどを受けマイナスでスタートしましたがすぐにプラスに転じ、前引け間際には200円を超える上げ幅となりましたが、後場に入ると伸び悩み大引けにかけて上げ幅を縮小しました。

(今日の安値は9:00の32,499円(119円安)、高値は11:13の32,845円(226円高)、値幅は346円)

TOPIXはバブル崩壊後の高値を更新しました。

  • WTI原油先物が83ドル台まで上昇してきた → 鉱業、石油にプラス
  • ドル円が145円台半ばまで円高に進んできた → 自動車などに重石
  • グロース株を売って低PBR株を買う動き → 半導体などにマイナス、海運、鉄鋼などにプラス
  • 中国の8月の製造業PMI(財新)(下に記載)が50を超えてきた → 全体にプラス
  • 今晩米国で8月の雇用統計の発表がある → 動きづらい

今日も謎の月初高となりました。

一体誰が買っているのでしょうか?

日経平均は5営業日続伸となりトータル1086円上昇しました。

日経平均 32,710.62 +91.28 (+0.28%)
TOPIX 2,349.75 +17.75 (+0.76%)
JPX日経400 21,237.22 +156.52 (+0.74%)
マザーズ指数 758.61 -1.56 (-0.21%)
日経平均5日続伸、終値3万2710円 1カ月ぶり高値 - 日本経済新聞
1日の東京株式市場で日経平均株価は5日続伸した。大引けは前日比91円28銭(0.28%)高の3万2710円62銭で、8月1日以来1カ月ぶりの高値を付けた。米長期...

経済指標

8月 新車販売台数

8月の国内新車販売台数は軽自動車を含めた総販売台数が前年同月比17.3%増となりました。

2023年8月の国内新車販売、前年比17.3%増 12カ月連続でプラス維持|自動車流通・新車ディーラー|net+
2023年8月の国内新車販売台数(登録車と軽自動車の合計)は前年同月比17.3%増の34万342台で、12カ月連続のプラスとなった。軽販売が2カ月ぶりに前年を超...

個別材料

四電工 配当予想の増額を発表し株価大幅高

四国電力系で電気工事などの四電工<1939>は、8月31日に株主還元方針の変更を発表しました。

連結配当性向を30%以上から40%以上へと引き上げるとのことです。

これに伴い2024年3月期の配当予想を従来の年間100円から120円へと20円増額しました。(前期比30円の増配)

これを受け今日の四電工の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

四電工<1939> 2,765 +367 (+15.30%)
四電工が24年3月期配当予想を増額修正 投稿日時: 2023/08/31 16:42[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
最新投稿日時:2023/08/31 16:42 - 「四電工が24年3月期配当予想を増額修正」(みんかぶ)

内田洋行 前期純利益が42.2%増となったことなどから株価大幅高

オフィス家具などの内田洋行<8057>は、8月31日に2023年7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比42.2%増となりました。

期末一括配当は従来予想の150円から190円へと40円増額しています。(前期比50円の増配)

併せて2024年7月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比5.8%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で190円としています。(前期と同額)

これを受け今日の内田洋行の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

内田洋行<8057> 6,960 +460 (+7.08%)
内田洋行の24年7月期、純利益6%減 配当は据え置き - 日本経済新聞
内田洋行は31日、2024年7月期の連結純利益が前期比6%減の60億円になる見通しだと発表した。中小企業向けのシステム構築などが好調に推移し増収となる一方、前期...

IBJ 自社株買いを実施すると発表し株価大幅高

婚活のIBJ<6071>は、80万株(1.97%)・5億円を上限とする自社株買いを実施すると8月31日に発表しました。

取得期間は今日~2024年2月8日としています。

これを受け今日のIBJの株価は大幅高となりました。

IBJ<6071> 638 +24 (+3.91%)
IBJ-買い気配 80万株・5億円を上限に自社株買い 割合は1.97% | 個別記事 | ニュース | トレーダーズ・ウェブ
IBJ-買い気配 80万株・5億円を上限に自社株買い 割合は1.97%

中国

経済指標

8月 製造業PMI(財新)

8月の製造業PMI(財新)は前月比1.8ポイント上昇の51.0となり、市場予想(49.3)を上回りました。

財新の中国製造業PMI、8月は51.0に上昇 予想上回る
財新/S&Pグローバルが1日発表した8月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.0で、前月の49.2から上昇した。

来週に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 8月 雇用統計 ← 要チェック
  • 8月 ISM製造業景況指数

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

9月4日(月) 米国 休場(レイバー・デー)
9月5日(火) 日本 7月 全世帯家計調査
中国 8月 非製造業PMI(財新)
9月6日(水) 米国 7月 貿易収支
8月 ISM非製造業景況指数
米地区連銀経済報告(ベージュブック)
9月7日(木) 日本 8月 オフィス空室率
中国 8月 貿易収支
米国 前週分の新規失業保険申請件数
9月8日(金) 日本 メジャーSQ
7月 毎月勤労統計
7月 国際収支
8月 景気ウォッチャー調査
タイトルとURLをコピーしました