【3月27日の市況】日経平均反発、岡三証券G PBR1倍を超えるまで自社株買いを継続すると発表し株価ストップ高など

株式

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は3指数とも続伸となりました。

欧州市場で金融株が大きく下落したことなどを受け序盤は売りが優勢となりましたが、セントルイス連銀のブラード総裁が金融ストレスの緩和とインフレ抑制は両立可能との認識を示したことで、いくらか安心感が出てディフェンシブ株などを中心に買い直されました。

NYダウ 32,237.53 +132.28 (+0.41%)
NASDAQ 11,823.96 +36.56 (+0.31%)
S&P500 3,970.99 +22.27 (+0.56%)
SOX指数 3,121.26 -53.10 (-1.67%)
米国株、ダウ続伸し132ドル高 FRB高官「金融ストレスを抑制できる確率8割」 ナスダックは続伸 - 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=稲場三奈】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比132ドル28セント(0.4%)高の3万2237ドル53セントで終えた。...
FRBは金融ストレス緩和とインフレ鎮圧の両方が可能-ブラード総裁
米セントルイス連銀のブラード総裁は、金融の安定性を巡る問題は銀行の緊張を緩和するための追加措置によって対処することが可能であり、金融政策は高水準のインフレをター...

経済指標

2月 耐久財受注

2月の耐久財受注は前月比1%減となり、市場予想(0.2%増)を下回りました。

米耐久財受注、2月は前月比1%減-市場予想0.2%増
2月の米耐久財受注は市場予想に反して減少。航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注は若干増加した。

3月 製造業PMI、非製造業PMI

製造業PMIは前月比2.0ポイント上昇の49.3となり、市場予想(47.0)を上回りました。

非製造業PMIは前月比3.2ポイント上昇の53.8となり、市場予想(50.5)を上回りました。

米総合PMI、3月は53.3 10カ月ぶり高水準=S&Pグローバル調査
米S&Pグローバルが24日発表した3月の米総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は53.3と昨年5月以来、10カ月ぶりの高水準となった。総合新規受注指数が6カ月...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は主要な4指数の中ではマザーズ指数だけが反落、その他の指数は反発となりました。

日経平均は先週末の米国市場の続伸を受けプラスで始まり一瞬マイナスに転じる場面もありましたが、昼過ぎにかけて上昇基調が続き、その後もみ合いとなりました。

(今日の安値は9:31の27,359円(25円安)、高値は12:48の27,543円(158円高)、値幅は183円)

  • 先週末の米国市場でSOX指数が反落 → 半導体などにマイナス
  • 先週末の米国市場でディフェンシブ株が買われた → 陸運、医薬品などにプラス
  • 鉄道運賃の値上げ発表が続く → 陸運にプラス
  • 欧米の金融システム不安 → 銀行などにマイナス
  • 長期金利の低下傾向 → 不動産などにプラス

日経平均はまた27,500円近辺をうろうろし始めました。

日経平均 27,476.87 +91.62 (+0.33%)
TOPIX 1,961.84 +6.52 (+0.33%)
JPX日経400 17,688.67 +62.40 (+0.35%)
マザーズ指数 751.30 -3.45 (-0.46%)
日経平均反発、終値91円高の2万7476円 - 日本経済新聞
27日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前週末比91円62銭(0.33%)高の2万7476円87銭で終えた。前週末24日の米株式相場の上昇が支...
京王電鉄、初乗り運賃130円→140円に 10月から - 日本経済新聞
京王電鉄は24日、井の頭線を含む全線の乗車運賃を10月から平均13.3%引き上げると発表した。切符の初乗り運賃は130円から140円に上げる。通勤定期1カ月分の...

個別材料

岡三証券G PBR1倍を超えるまで自社株買いを継続すると発表し株価ストップ高

岡三証券グループ<8609>は3月24日に2028年3月期までの新中期経営計画を発表し、以下のような株主還元方針を盛り込みました。

  • 総還元性向50%以上を目標とする
  • 期間中PBR1.0倍を超えるまで、年10億円以上の自社株買いを実施する

これを受け今日の岡三証券の株価はストップ高となり、昨年来高値をつけました。

岡三証券G<8609> 481 +80 (+19.95%)
岡三証券G-買い気配 PBR1倍超えるまで自社株買い実施へ 今期末配当は5円増配見込む | 個別記事 | ニュース | トレーダーズ・ウェブ
岡三証券G-買い気配 PBR1倍超えるまで自社株買い実施へ 今期末配当は5円増配見込む

新電元工業 通期の業績予想の下方修正を発表し株価大幅安

パワー半導体や2輪用電装品などの新電元工業<6844>は、3月24日に2023年3月期の通期の業績予想の下方修正を発表しました。

純利益は従来予想では前期比27.1%減としていましたが、今回72.9%減へと改めました。

これを受け今日の新電元工業の株価は大幅安となりました。

新電元工業<6844> 3,420 -225 (-6.17%)
新電元、通期の純利益予想を下方修正 43億円から16億円に - 日本経済新聞
新電元工業は24日、2023年3月期の純利益が前期比72.9%減の16億円になる見通しだと発表した。従来予想の43億円(前期比27.1%減)から下方修正した。ア...

旭ダイヤ 来期から3年間総還元性向を120%以上にすると発表し株価大幅高

ダイヤモンド工具の旭ダイヤモンド工業<6140>は、今日の午後の取引時間中に2026年3月期までの新中期経営計画を発表し、以下のような株主還元方針を盛り込みました。

  • 連結配当性向を40%から50%以上に引き上げ
  • 期間中は平均で総還元性向を120%以上とする

これを受け午後の旭ダイヤの株価は急伸し、昨年来高値をつけました。

旭ダイヤ<6140> 898 +35 (+4.06%)
旭ダイヤは後場急伸、次期中期計画期間「総還元性向120%以上」を材料視(旭ダイヤ) 2023年03月27日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2023/03/27 - 旭ダイヤ(6140) の関連ニュース。 旭ダイヤモンド工業<6140.T>は後場に急伸した。午後1時、次期中期経営計画の期間中の資本政...

明日に向けての注目点

今晩から明日にかけては特に大きなイベントはありません。

タイトルとURLをコピーしました