【2月16日の市況】日経平均反発、サッポロHD 今期純利益0.9%増の戻りの鈍い業績予想を発表し株価大幅安など

株式

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は3指数とも上昇しました。

この日発表された1月の小売売上高(下に記載)が市場予想を上回ったことで、FRBによる利上げが続くとの見方から序盤は売りが優勢となりましたが、その後これほど景気が強ければ景気後退にならないかもとの楽観的な見方が広がり買い優勢へと変化していきました。

NYダウ 34,128.05 +38.78 (+0.11%)
NASDAQ 12,070.59 +110.44 (+0.92%)
S&P500 4,147.60 +11.47 (+0.28%)
SOX指数 3,133.07 +11.44 (+0.37%)
米国株、ダウ反発し38ドル高 米景気への楽観で ナスダック続伸 - 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=川上純平】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比38ドル78セント(0.1%)高の3万4128ドル05セントで終えた。1...

経済指標

1月 小売売上高

1月の小売売上高は前月比3%増となり、市場予想(2%増)を上回りました。

米小売売上高、1月は前月比3%増加-市場予想2%増
1月の米小売売上高はほぼ2年ぶりの大幅増となり、堅調な消費需要を示唆した。根強いインフレと闘うために米金融当局が利上げ継続の決意を固める可能性がある。

2月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

2月のニューヨーク連銀製造業景気指数は前月比27.1ポイント上昇の-5.8となり、市場予想(-18)を大きく上回りました。

NY連銀製造業景況指数、2月はマイナス5.8-予想マイナス18
2月のニューヨーク連銀製造業景況指数は、3カ月連続で製造業活動の縮小を示した。ただマイナス幅は前月に比べてかなり小さくなり、市場予想より大きく改善した。見通しを...

1月 鉱工業生産

1月の鉱工業生産は前月比横ばいとなり、市場予想(0.5%上昇)を下回りました。

米製造業の生産、ほぼ1年ぶりの大きな伸び-幅広い分野で増加
米製造業の生産は1月にほぼ1年ぶりの大きな伸びとなった。製造業の分野はなお厳しい環境にあるものの、サプライチェーンの改善と需要増加が生産の押し上げに寄与している...

決算発表(朝)

バイオジェン<BIIB>

バイオジェン<BIIB> 278.98 -10.10 (-3.49%)
バイオジェン、23年はアルツハイマー治療薬の売り上げ寄与を期待
米製薬大手バイオジェンは15日、エーザイと共同開発したアルツハイマー病治療薬「レカネマブ(米国製品名『レケンビ』)」が2023年の売上高に寄与するとの期待を明ら...

決算発表(夕)

シスコシステムズ<CSCO>

シスコ株が急伸、好調な売上高見通しで堅調な需要示唆
ネットワーク機器メーカー最大手の米シスコシステムズは15日、2-4月期(第3四半期)の好調な売上高見通しを示した。テクノロジーインフラ需要が予想より堅調を維持し...

ショッピファイ<SHOP>

今後は売上高の伸びが鈍化するとの見通しを発表し、時間外の株価は10%を超える下げとなっています。

加ショッピファイ、第4四半期売上高は予想上回る 成長鈍化へ
カナダ電子商取引大手のショッピファイが15日発表した第4・四半期決算は、売上高が26%増の17億ドルとなった。リフィニティブの予想である16億4000万ドルを上...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は主要な4指数すべてが反発しました。

日経平均は昨晩の米国市場の上昇や円安を受け高く始まり、その後も高値圏でのもみ合いが続きました。

(今日の安値は9:41の27,597円(95円高)、高値は14:43の27,727円(225円高)、値幅は130円)

TOPIXは2,000ポイントを回復してきました。

  • サウジ政府系ファンドが任天堂<7974>株を買い増していた(下に記載) → ゲーム関連にプラス
  • ドル円が一時134円台前半まで円安に進んできた → 自動車など輸出関連にプラス
  • 1月の訪日外国人客数がかなり回復 → 百貨店などにプラス

日経平均は最近では珍しく午後になっても堅調でした。

日経平均 27,696.44 +194.58 (+0.71%)
TOPIX 2,001.09 +13.35 (+0.67%)
JPX日経400 18,067.36 +111.19 (+0.62%)
マザーズ指数 780.04 +14.97 (+1.96%)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB00003_W3A210C2000000/
1月訪日外国人は149万人に増加、コロナ前19年比44%減=政府観光局
日本政府観光局(JNTO)が15日発表した2023年1月の訪日外国人客数は149万7300人(推計)だった。新型コロナウイルス流行前の19年同月比では44.3%...

経済指標

12月 機械受注

今日の取引時間開始前には12月の機械受注の発表があり、前月比1.6%増となりました。

機械受注5.0%減 22年10〜12月、2四半期連続マイナス - 日本経済新聞
内閣府が16日発表した2022年10〜12月期の機械受注統計によると、設備投資の先行指標とされる「船舶・電力除く民需」(季節調整済み)は前期比5.0%減の2兆6...

1月 貿易統計(通関ベース)

1月の貿易統計(通関ベース)は、輸入額が前年同月比17.8%増、輸出額が3.5%増、貿易収支が3兆4966億円の赤字となりました。

貿易赤字最大の3.4兆円 1月、対中輸出停滞や円安響く - 日本経済新聞
財務省が16日発表した1月の貿易統計速報によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は3兆4966億円の赤字だった。単月として比較可能な1979年以降で最大の...

個別材料

サッポロHD 今期純利益0.9%増の戻りの鈍い業績予想を発表し株価大幅安

ビールなどのサッポロホールディングス<2501>は、2月15日に2022年12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比55.8%減となりました。

期末配当は従来予想どおりの42円とのことです。(年間では前期と同額)

併せて2023年12月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比0.9%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で45円としています。(前期比3円の増配)

前期の大幅減益から今期の戻りがわずかということで、今日のサッポロHDの株価は大幅安となりました。

サッポロHD<2501> 3,085 -115 (-3.59%)
サッポロHDの2023年12月期、純利益0.9%増 - 日本経済新聞
サッポロホールディングスが15日発表した2022年12月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前期比55.8%減の54億5000万円となった。2023年12月...

任天堂 サウジ政府系ファンドによる株の買い増しが明らかとなり株価大幅高

ゲームの任天堂<7974>について、サウジアラビア政府系のファンドが株式の保有比率を6.07%から7.08%へと引き上げていたことが明らかとなりました。

これを受け今日の任天堂の株価は大幅高となりました。

任天堂<7974> 5,498 +162 (+3.04%)
サウジ政府系ファンド、任天堂株の保有比率を7.08%に引き上げ
サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンドが、任天堂株の保有比率を6.07%から7.08%に引き上げたことが分かった。関東財務局に提...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

トレンドマイクロ

セキュリティソフトなどのトレンドマイクロ<4704>は、2月16日に2022年12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比22.2%減となりました。

未定としていた期末配当は151円とのことです。(前期比44円の減配)

併せて2023年12月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比15.9%減になりそうだとのことです。

また、520万株(3.74%)・250億円を上限とする自社株買いを実施すると発表しました。

取得期間は2月17日~10月17日としています。

トレンドの2023年12月期、純利益15.9%減 予想平均下回る - 日本経済新聞
トレンドマイクロが16日発表した2022年12月期の連結決算で、純利益は前期比22.2%減の298億4300万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコ...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 1月 卸売物価指数(PPI) ← 要チェック
  • 1月 住宅着工件数
  • 2月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

また、以下のような決算発表があります。

  • アプライド・マテリアルズ<AMAT>

国内

明日の取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • 横浜ゴム<5101>
タイトルとURLをコピーしました