【8月31日の市況】日経平均反落、西部ガス 通期の純利益予想の上方修正を発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、以下のような材料で3指数とも続落となりました。

  • NY連銀のウィリアムズ総裁が金融引き締めを来年まで続けると発言
  • 7月の求人件数が予想外に増え、賃金インフレが続きそう

NYダウは32,000ドル、NASDAQは12,000ポイント、S&P500は4,000ポイントを割り込みました。

NYダウは3営業日続落でトータル1,500ドル下げました。

NYダウ 31,790.87 -308.12 (-0.96%)
NASDAQ 11,883.13 -134.53 (-1.12%)
S&P500 3,986.16 -44.45 (-1.10%)
SOX指数 2,708.63 -35.87 (-1.31%)
米国株、ダウ続落し308ドル安 金融引き締め長期化を警戒 ナスダックも続落 - 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=川内資子】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比308ドル12セント(1.0%)安の3万1790ドル87セントで終え...
ニューヨーク連銀総裁、金融引き締め姿勢「来年まで続く」 - 日本経済新聞
【ニューヨーク=斉藤雄太】ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は30日の公開イベントで、高インフレの抑制に向けた金融引き締め姿勢を「来年まで継続する」と語った。「...
米求人件数、7月は予想外の増加-労働市場の逼迫継続を示唆
米求人件数は7月に予想外に増加し、前月の数字も大幅に上方修正された。限られた労働力を雇用主が奪い合う状況の中、労働市場の逼迫(ひっぱく)が続いていることが示唆さ...

経済指標

8月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)

8月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は前月比7.9ポイント上昇の103.2となり、市場予想(98)を上回りました。

米消費者信頼感指数、8月は予想上回る伸び-5月以来の高水準
米民間調査機関のコンファレンスボードが発表した8月の米消費者信頼感指数は市場予想を上回る伸びとなり、5月以来の高水準となった。

決算発表(朝)

ベスト・バイ<BBY>

ベスト・バイ<BBY> 74.89 +1.19 (1.61%)
ベスト・バイ、利益が予想上回る-1カ月前に見通し引き下げ後
米家電量販店チェーン、ベスト・バイの5-7月(第2四半期)決算では利益がウォール街の予想を上回った。同社は約1カ月前、家電製品への需要減退で業績が圧迫されている...

決算発表(夕)

ヒューレット・パッカード<HPQ>

時間外の株価は大幅安となっています。

米HPが通期利益見通し下方修正、PC販売減継続-株価下落
米HPが30日発表した5-7月(第3四半期)決算で、売上高が市場予想を下回った。特に消費者向けでパソコン(PC)やプリンターの需要が落ち込んでいることを受け、通...

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ<HPE>

HPエンタープライズが決算発表 時間外で株価に変化なし=米国株個別 - 2022年08月31日05:58|為替ニュース|みんかぶ FX/為替
HPエンタープライズ<HPE>が引け後に5-7月期決算(第3四半期)を発表し、1株利益、売上高とも予想と一致した。ガイダンスも公表しており、通期の1株利益の見通...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な4指数の中ではマザーズ指数だけが続伸し、その他の指数は反落となりました。

日経平均は昨晩の米国市場の下落の流れを引き継いで安く始まり2万8千円台を割り込む場面もありましたが、徐々に下げ幅を縮小し午後は2万8千円台をキープしました。

  • 岸田首相が入国者数の上限を1日2万人から5万人に引き上げると表明 → 空運、陸運などにプラス
  • WTI原油先物が92ドル台まで下落 → 鉱業、石油、卸売などにマイナス
  • 中国の8月の製造業PMI(下に記載)が今回も50割れ → 海運、鉄鋼などにマイナス
  • 昨晩のNASDAQ、SOX指数が大幅続落 → 半導体関連などにマイナス

米国株があれだけ下げているのに日本株は随分底堅いですね。

日経平均 28,091.53 -104.05 (-0.37%)
TOPIX 1,963.16 -5.22 (-0.27%)
JPX日経400 17,679.30 -51.32 (-0.29%)
マザーズ指数 742.13 +2.01 (+0.27%)
日経平均反落、終値は104円安の2万8091円 - 日本経済新聞
31日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ104円05銭(0.37%)安の2万8091円53銭で終えた。米国の金融引き締めが長期化するとの警戒から売...
自民党、旧統一教会との関係断絶 岸田首相が陳謝 入国者数は5万人に引き上げ - 日本経済新聞
【この記事のポイント】・自民党全体で旧統一教会との関係断絶・入国者数上限を1日2万人から5万人に引き上げ・オミクロン型対応ワクチン接種開始前倒し岸田文雄首相(自...

経済指標

7月 鉱工業生産

今日の取引時間開始前には7月の鉱工業生産の発表があり、前月比1.0%上昇の97.1となり、市場予想(0.5%低下)を上回りました。

鉱工業生産、7月1.0%上昇 基調判断は据え置き - 日本経済新聞
経済産業省が31日発表した7月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)速報値は97.1となり、前月比1.0%上がった。上昇は2カ月連続。自動車工業や...

7月 小売業販売額

7月の小売業販売額は前年同月比2.4%増となり、市場予想(1.9%増)を上回りました。

小売業販売額7月は前年比2.4%増、5カ月連続プラス=経産省
経済産業省が31日に発表した7月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比2.4%増の13兆0380億円と5月連続で増えた。ガソリン価格高騰...

中国の8月 製造業PMI、非製造業PMI

午前の取引時間中には中国の8月の製造業PMI、非製造業PMIの発表がありました。

製造業PMIは前月比0.4ポイント上昇の49.4となり、市場予想(49.2)を上回りました。

非製造業PMIは前月比1.2ポイント低下の52.6となり、市場予想(52.3)を上回りました。

中国製造業PMI、8月も活動縮小示す-電力不足が生産に影響
中国の製造業活動を測る政府の指数は、8月も拡大・縮小の節目を下回った。中国経済は不動産市場の危機や新型コロナウイルス感染拡大に加え、歴史的な干ばつによる電力不足...

個別材料

西部ガスHD 通期の純利益予想の上方修正を発表し株価大幅高

都市ガスの西部ガスホールディングス<9536>は、8月30日に2022年3月期の通期の純利益予想の上方修正を発表しました。

従来予想では純利益は前期比9.1倍としていましたが、今回20.2倍へと改めました。

9月30日に予定しているハウステンボス株の譲渡で84億6000万円の特別利益を計上する見込みとのことです。

これを受け今日の西部ガスの株価は大幅高となりました。

西部ガスHD<9536> 1,832 +67 (+3.80%)
西部ガスHD、通期の純利益予想を上方修正 45億円から100億円に - 日本経済新聞
西部ガスホールディングスは30日、2023年3月期の純利益が前期比20.2倍の100億円になる見通しだと発表した。従来予想の45億円(前期比9.1倍)から上方修...

IRジャパン インサイダー疑惑の調査報告書受領でアク抜け感から株価大幅高

元役員のインサイダー取引疑惑で調査委員会を設置していたアイ・アールジャパンホールディングス<6035>は、この調査委員会から報告書を受領したと8月30日に発表しました。

このインサイダー疑惑が明らかとなってからIRジャパンの株価はずっと下がったままだったこともあり、今日はアク抜け感から大幅高となりました。

IRジャパン<6035> 2,587 +357 (+16.01%)
IRジャパンが急反発、調査報告書で会社組織としての関与否定(IRジャパン) 2022年08月31日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2022/08/31 - IRジャパン(6035) の関連ニュース。 アイ・アールジャパンホールディングス<6035.T>が急反発している。30日の取引終了後、...

F&LC 週刊誌でスシローのマグロ偽装疑惑が報じられ株価大幅安

回転ずしのスシローについて週刊誌がマグロ偽装疑惑を報じました。

テレビなどでメバチマグロのみを使っていると強調していたにも関わらず、一部キハダマグロも使っていたのだそうです。

これを受け今日のFOOD & LIFE COMPANIES<3563>の株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

マグロの種類なんてこれまで気にして食べたことがないのですが、そんなに違いがあるなら食べ比べてみたいです。

F&LC<3563> 2,211 -86 (-3.74%)
スポニチ Sponichi Annex
スポーツニュース、芸能ニュースはお任せ!スポーツニッポン新聞社の公式サイトです。

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

菱洋エレクトロ

エレクトロニクス商社の菱洋エレクトロ<8068>は、8月31日に2022年2~7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.1倍となりました。

中間配当は従来予想どおり50円とのことです。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比18.3%減としていましたが、今回25.4%増へと改めました。

期末配当予想も50円から60円へと10円増額しています。(年間では前期比10円の減配)

現時点のPTS取引の株価は大幅高となっています。

菱洋エレクの22年2〜7月期、純利益2.1倍 通期予想を上方修正 - 日本経済新聞
菱洋エレクトロが31日発表した2022年2〜7月期の連結決算で、純利益は前年同期比2.1倍の17億8000万円となった。2023年1月期通期の純利益予想は引き上...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 8月 ADP雇用統計 ← 要チェック

国内

明日の取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 8月 新車販売台数

中国

明日中国では以下のような指標の発表があります。

  • 8月 製造業PMI(財新)
タイトルとURLをコピーしました