【6月29日の市況】日経平均反落で2万7千円割れ、ピックルス 第1四半期の純利益が48.6%減となり株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅続落となりました。

中国で入国時の隔離期間が短縮されたことなどが好感され3指数ともプラスでスタートしましたが、6月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)(下に記載)が市場予想を下回ったことで投資家心理が悪化し大きくマイナスに沈んでしまいました。

個別では前日引け後に決算発表を行い通期の見通しがイマイチだったナイキ<NKE>が大幅安となりました。

NYダウ30,946.99-491.27 (-1.56%)
NASDAQ11,181.54-343.01 (-2.98%)
S&P5003,821.55-78.56 (-2.01%)
SOX指数2,642.07-71.40 (-2.63%)
ナイキ<NKE>102.78-7.71 (-6.98%)
米国株、ダウ続落 消費者の景況感悪化を嫌気
【NQNニューヨーク=戸部実華】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比490ドル48セント安の3万0947ドル78セント(速報値)で終えた。中国政府による新型コロナウイルスの感染防止の入国規制の緩和を好感した買いが先行したが、消費者の景況感悪化を映す指標を受け、売りが優勢になった。午後に一段安となり、...
中国、入国時の隔離期間を短縮 「ゼロコロナは堅持」
【大連=渡辺伸】中国の国務院(政府)は28日、新型コロナウイルス対策として海外からの入国者に求める隔離期間を短縮すると発表した。入国時にホテルで過ごす期間を現行の14日間から7日間に短縮。その後、自宅で過ごす健康観察期間は同7日間から3日間に改める。感染を封じ込める「ゼロコロナ」政策は堅持する方針を示した。短縮開始の時...
ナイキ株下落、通期の粗利益率で低調な見通し-中国に慎重姿勢
米ナイキの株価が27日の時間外取引で一時3.5%下落した。通期の粗利益率について低調な見通しを示したほか、重要な中国市場に関する自社見通しに慎重だと説明した。

経済指標

6月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)

6月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は前月比4.5ポイント低下の98.7となり、市場予想を下回りました。

米消費者信頼感、1年4カ月ぶりの低さ-インフレ懸念が深刻化
米消費者の信頼感は6月に悪化し、約1年ぶりの低水準となった。インフレが消費者の景況感を引き続き暗くしている状況が浮き彫りになった。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な4指数すべてが反落となりました。

日経平均は昨晩の米国市場の下落を受け2万7千円を割り込んでスタートし、一時300円を超える下げ幅となる場面もありましたが、大引けにかけては少し落ち着きを取り戻していきました。

TOPIXも再び1900ポイントを割り込んでしまいました。

  • 昨晩NASDAQやSOX指数が大幅下落 → 半導体などにマイナス
  • 中国で入国時の隔離期間が短縮された → インバウンド関連にプラス
  • WTI原油先物が111ドル台まで上昇してきた → 石油にプラス
  • 今日は権利落ち日 → ゴム、鉱業などにマイナス
  • ドル円が136円ちょうど近辺まで円安に進んできた → 無反応

日経平均は25日移動平均線(26989円)、75日移動平均線(26910円)をまた割り込んでしまいました。

日経平均26,804.60-244.87 (-0.91%)
TOPIX1,893.57-13.81 (-0.72%)
JPX日経40017,020.11-132.73 (-0.77%)
マザーズ指数668.55-8.82 (-1.30%)
日経平均5日ぶり反落、終値244円安 景気敏感株に売り
29日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに反落し、前日比244円87銭(0・91%)安の2万6804円60銭で終えた。米景況感の悪化を受けて前日の米株式相場が大幅に下落し、東京市場にも売りが波及した。景気敏感株を中心とした売りで日経平均の下げ幅は一時300円を超えた。米調査会社カンファレンス・ボードが28日に発...

経済指標

5月 小売業販売額

今日の取引時間開始前には5月の小売業販売額の発表があり、前年同月比3.6%増となりました。

小売販売額、5月3.6%増 行動制限なく百貨店が前年超え
経済産業省が29日発表した5月の商業動態統計速報によると、小売業販売額は前年同月比3.6%増の12兆3880億円で、3カ月連続の増加となった。3年ぶりに新型コロナウイルスによる行動制限のない大型連休となり、百貨店などで前年を大きく上回った。経産省は基調判断を「緩やかに持ち直している」に引き上げた。百貨店は前年同月比55...

個別材料

ピックルス 第1四半期の純利益が48.6%減となり株価大幅安

漬物のピックルスコーポレーション<2925>は、6月28日に2022年3~5月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比48.6%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のピックルスの株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

ピックルス<2925>1,247-93 (-6.94%)
ピックルスの22年3〜5月期、純利益48.7%減 通期予想据え置き
ピックルスコーポレーションが28日発表した2022年3〜5月期の連結決算で、純利益は前年同期比48.7%減の4億7600万円となった。2023年2月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比17.3%減の17億6000万円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは21億200万円だった。ピックルス...

スギHD 自社株買いを発表し株価大幅高

ドラッグストアのスギホールディングス<7649>は、6月28日に2022年3~5月期の連結決算を発表しました。

純利益は46億円の黒字となりました。(今期から会計基準が変わったので前期との比較なし)

通期の業績予想は据え置きとのことです。

また、150万株(2.43%)・100億円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は7月4日~10月31日としています。

これを受け今日のスギHDの株価は大幅高となりました。

スギHD<7649>6,010+490 (+8.88%)
スギHDの3~5月期、純利益7%減 薬価引き下げが影響
ドラッグストア「スギ薬局」を展開するスギホールディングス(HD)が28日発表した2022年3~5月期の連結決算は、純利益が46億円だった。今期から「収益認識に関する会計基準」を適用したため増減率は算出していないが、単純比較では前年同期比7%減だった。4月に薬価や調剤報酬が大幅に引き下げられた影響を受けた。3~5月期の売...

アスクル 6月の月次が好調で株価大幅高

オフィス用品配達などのアスクル<2678>は、6月28日に6月(5月21日~6月20日)の月次を発表し、法人向け・個人向けのトータルの売上が前年同月比6.6%増となりました。

これを受け今日のアスクルの株価は大幅高となりました。

アスクル<2678>1,638+124 (+8.19%)
アスクルが急騰、6月度は6.6%増収と順調//モーニングスター
 アスクル&lt;<a href="/StockInfo/info/snap/2678" target="_blank">2678</a>&gt;が&#24...

明日に向けての注目点

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 5月 鉱工業生産

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • DCM<3050>
  • Jフロント<3086>
  • 高島屋<8233>

中国

中国では明日以下のような指標の発表があります。

  • 6月 製造業PMI、非製造業PMI
タイトルとURLをコピーしました