【6月23日の市況】日経平均反発、塩野義製薬 新型コロナ向け飲み薬の承認判断が先送りされ株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも小幅な反落となりました。

NYダウは警戒されていたパウエルFRB議長の議会証言が想定の範囲内だったことを受けプラスで推移する場面もありましたが、引けにかけてはやはり景気減速への懸念からマイナスに転じました。

NYダウ30,483.13-47.12 (-0.15%)
NASDAQ11,053.08-16.22 (-0.15%)
S&P5003,759.89-4.90 (-0.13%)
SOX指数2,619.71-29.67 (-1.12%)
米国株、ダウ反落し47ドル安 根強い景気懸念が重荷 ナスダックも反落
【NQNニューヨーク=川上純平】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比47ドル12セント(0.2%)安の3万0483ドル13セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げに伴う景気懸念から売りが優勢となった。FRBのパウエル議長の議会証言を無難に通過したことから前日終値を上回る場面もあった...
パウエルFRB議長、継続的な利上げが必要-高インフレの抑制で
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、大幅利上げにより米経済がリセッション(景気後退)に陥る可能性があることをこれまでで最も明確に認めた。経済のソフトランディング(軟着陸)については「非常に困難」だと述べた。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な4指数でまちまちの動きとなりました。

日経平均は終日マイナスとプラスを行ったり来たりして、大引けにかけては小幅なプラスとなりました。

  • 米10年債利回りが3.1%台まで低下してきた
  • ドル円が一時135円台前半まで円高に進む場面があった → 自動車にマイナス
  • WTI原油先物が一時102ドル台まで低下する場面があった → 鉱業・卸売・石油にマイナス

今日は取引時間中にドル円が急に円高に進んでみたり、上海・香港が大幅高、韓国・台湾が大幅安になってみたりと全体的に複雑な動きとなりました。

景気敏感株を売って内需株や売られ過ぎたグロース株を買っている感じかのぉ。

日経平均26,171.25+21.70 (+0.08%)
TOPIX1,851.74-0.91 (-0.05%)
JPX日経40016,630.01-2.81 (-0.02%)
マザーズ指数635.55+5.73 (+0.91%)
日経平均反発 終値は21円高の2万6171円
23日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発し、前日比21円70銭(0・08%)高の2万6171円25銭で終えた。主力の値がさ株に買いが入り、指数を支えた。経済活動の再開への期待から内需関連の上昇も目立ち、午前には上げ幅が200円を超える場面があった。一方、世界経済の減速への警戒は根強く、景気敏感株に売りが出て指数の...

経済指標

5月 全国百貨店売上高

5月の全国百貨店売上高は前年同月比57.8%増となりました。

5月の百貨店売上高3882億円、前年比57・8%増…3か月連続プラス
【読売新聞】 日本百貨店協会が23日発表した5月の全国百貨店売上高は前年同月比57・8%増の約3882億円と、3か月連続のプラスだった。前年は緊急事態宣言で休業などを実施した店舗があったため、反動増となった。 商品別では全品目でプラ

個別材料

塩野義製薬 新型コロナ向け飲み薬の承認判断が先送りされ株価大幅安

塩野義製薬<4507>が開発し承認申請中の新型コロナ向け飲み薬「ゾコーバ」について、厚生労働省の専門部会が「さらに慎重に議論を重ねる必要がある」との見解を示したとの報道が6月22日にありました。

これを受け今日の塩野義製薬の株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

株価が下がったところを狙ったのかもしれませんが、塩野義製薬は今日の引け後に720万株(2.39%)・500億円を上限とする自社株買いを発表しました。

今日売った人はもったいないことをしちゃったかもしれません。

塩野義製薬<4507>6,408-378 (-5.57%)
国産初のコロナ飲み薬、議論継続 塩野義製で厚労省部会
厚生労働省の専門部会は22日、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス治療薬「ゾコーバ」(販売名)の承認判断について「さらに慎重に議論を重ねる必要がある」との見解を示した。有効性などについて委員の意見が分かれ、一定の結論が出なかったため。上部組織の薬事分科会との合同審議を7月にも開き、議論を続ける。5月に創設した「緊急承...

東芝 1株7000円での買収を検討しているファンドがあるとの報道で株価大幅高

東芝に対して株式の非公開化を提案しているファンドの中で、1株を最大7000円で買うことを検討している会社があるとの報道が6月22日にありました。

これを受け今日の東芝の株価は大幅高となりました。

東芝<6502>5,696+195 (+3.54%)
東芝の非公開化、買収額1株最大7000円を検討 総額3兆円=関係者
東芝に非公開化を提案しているファンドのうち、少なくとも1社が最大1株7000円で買収を検討していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者がロイターに明らかにした。22日の東芝終値を27%上回る価格で、実現すれば買収総額は3兆円になる。

サツドラHD 今期純利益2.2倍の業績予想を発表し株価大幅高

ドラッグストアのサツドラホールディングス<3544>は、6月22日に2022年5月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比44.9%減となりました。

期末配当は従来予想どおりの9.34円とのことです。(年間では前期と同額)

併せて2023年5月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比2.2倍になりそうだとのことです。

配当予想は年間で10円としています。(前期比0.66円の増配)

これを受け今日のサツドラHDの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

サツドラHD<3544>722+51 (+7.60%)
サツドラHDの2023年5月期、純利益2.2倍
サツドラホールディングスが22日発表した2022年5月期の連結決算で、純利益は前期比44.9%減の3億1600万円となった。2023年5月期の純利益は前期比2.2倍の7億円を見込む。サツドラHDは北海道を中心にドラッグストアや調剤薬局を展開。リテール事業においては、前年同期に発生した衛生関連用品の特需が落ち着くなか、ワ...

明日に向けての注目点

米国

今晩も米国ではパウエルFRB議長の議会証言があります。

また、以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 1Q 経常収支
  • 6月 製造業PMI、非製造業PMI

以下のような決算発表もあります。

  • フェデックス<FDX>

国内

明日の取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 5月 全国消費者物価指数(CPI)

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 日本オラクル<4716>
タイトルとURLをコピーしました