【6月8日の市況】日経平均大幅続伸で2万8千円台回復、鳥貴族HD 5月の月次売上高が好調で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも続伸となりました。

この日はディスカウントストアのターゲット<TGT>が利益見通しの下方修正を発表したことで売り優勢からスタートしましたが、その後10年債利回りの上昇が一服したことを受けハイテク株などを中心に買い直されました。

NYダウ33,180.14+264.36 (+0.80%)
NASDAQ12,175.23+113.86 (+0.94%)
S&P5004,160.68+39.25 (+0.95%)
SOX指数3,092.97+30.23 (+0.99%)
ターゲット<TGT>155.98-3.90 (-2.44%)
米国株、ダウ続伸し264ドル高 長期金利の上昇一服で ナスダックも続伸
【NQNニューヨーク=川内資子】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比264ドル36セント(0.8%)高の3万3180ドル14セントで終えた。米長期金利の上昇が一服し、ハイテク株への買い直しが優勢となった。企業収益への懸念から朝方には270ドルあまり下げる場面もあったが、午後にかけて水準を切り上げる展開...
ディスカウント大手ターゲットの株急落、在庫急増で業績予想引き下げ
米ディスカウントストア大手ターゲットの株価が7日の取引開始前のニューヨーク市場で急落。この3週間で2度目の利益見通し下方修正を受けた売りがかさんだ。同社は値引きや発注取り消しで急増する在庫に対応している。

経済指標

4月 貿易収支

米貿易赤字、4月は19.1%減の871億ドル 輸出が過去最高
米商務省が7日発表した4月の貿易赤字は前月比19.1%減の871億ドルだった。減少率は2012年12月以来の大きさ。モノ(財)とサービスの輸出は3.5%増の2526億ドルで、過去最高となった。貿易が22年第2・四半期の経済成長に貢献する可能性を示唆した。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な4指数すべてが大幅な上昇となりました。

日経平均は昨晩の米国市場の上昇を受け高く始まり、その後さらに上げ幅を拡大して高値引けとなりました。

  • ドル円が133円台前半まで円安に進んできた → 輸出関連にプラス
  • WTI原油先物が一時120ドルに上昇する場面があった → 鉱業・石油などにプラス

引け後さらに円安が進んで133円台後半に入ってきました。

もう怖くて仕方がありません。

日経平均28,234.29+290.34 (+1.04%)
TOPIX1,969.98+22.95 (+1.18%)
JPX日経40017,744.44+210.99 (+1.20%)
マザーズ指数679.22+17.80 (+2.69%)
日経平均4日続伸、終値290円高の2万8234円
8日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比290円34銭(1.04%)高の2万8234円29銭と、この日の高値で終えた。終値で2万8000円を回復するのは3月30日以来およそ2カ月ぶり。前日の米株式相場の上昇を受けて、東京市場でもグロース(成長)株をはじめ幅広い銘柄に買いが入った。円相場が1ドル=133円台前...

経済指標

4月 国際収支

今日の取引時間開始前には4月の国際収支の発表があり、経常収支は5011億円の黒字となりました。

4月の経常黒字55.6%減、エネルギー価格高騰が影響
財務省が8日発表した4月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引状況を表す経常収支は5011億円の黒字だった。黒字額は前年同月から55.6%減少した。原油などエネルギー価格の高騰が響き、貿易収支が赤字に転じた。3カ月連続で経常収支の黒字は確保した。経常収支は輸出から輸入を差し引いた貿易収支や、外...

5月 景気ウォッチャー調査

5月の景気ウォッチャー調査の結果は現状判断指数が前月比3.6ポイント上昇の54.0。

先行き判断指数は前月比2.2ポイント上昇の52.5となりました。

街角景気5月は3カ月連続の改善、人出回復で 物価高には懸念の声も
内閣府が8日に発表した5月の景気ウオッチャー調査で、景気の現状判断DIは前月比3.6ポイント上昇し54.0となった。経済活動が正常化に向かう中で人出の回復がプラスに寄与し指数は3カ月連続で改善、内閣府は基調判断を2カ月ぶりに引き上げた。ただ、一部では物価上昇や供給不足などへの懸念も声も出ている。

個別材料

鳥貴族HD 5月の月次売上高が好調で株価大幅高

焼き鳥チェーンの鳥貴族ホールディングス<3193>は、6月7日に5月の月次を発表し既存店売上高は前年同月比16.5倍となりました。

これを受け今日の鳥貴族HDの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

鳥貴族HD<3193>2,105+125 (+6.31%)
鳥貴族HDが急騰、5月度の売上高前年同月比を材料視//モーニングスター
 鳥貴族ホールディングス&lt;<a href="/StockInfo/info/snap/3193" target=...

インスペック 通期の業績予想の上方修正を発表し株価大幅高

半導体パッケージ基板等検査装置のインスペック<6656>は、6月7日に2022年4月期の通期の業績予想の上方修正を発表しました。

従来予想では純利益は1億円の黒字としていましたが、今回1億5500万円の黒字へと改めました。(前期は11億9500万円の赤字)

これを受け今日のインスペックの株価は大幅高となりました。

インスペック<6656>1,635+57 (+3.61%)
インスペック、通期の税引き利益予想を上方修正 1億円から1億5500万円に
インスペックは7日、2022年4月期の最終損益が1億5500万円の黒字(前期は11億9500万円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想の1億円の黒字から上方修正した。営業損益は1800万円の黒字(前期は2億7700万円の赤字、従来予想は1700万円の黒字)、経常損益は1億3200万円の黒字(前期は3億1000万円の...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

くら寿司

回転ずしのくら寿司<2695>は、6月8日に2021年11月~2022年4月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比3.3倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

くら寿司の21年11月〜22年4月期、純利益3.3倍 通期予想据え置き
くら寿司が8日発表した2021年11月〜22年4月期の連結決算で、純利益は前年同期比3.3倍の22億100万円となった。2022年10月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比51.4%増の28億7800万円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは40億2300万円だった。くら寿司は1皿100...

明日に向けての注目点

国内

明日の取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 5月 オフィス空室率

取引時間終了後には以下のような指標の発表があります。

  • 5月 工作機械受注

また、取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 積水ハウス<1928>
タイトルとURLをコピーしました