【5月13日の市況】日経平均大幅反発で2万6千円台回復、大成建設 大規模自社株買いを発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数まちまちの動きとなりました。

この日は追証発生による損失覚悟の投げ売りでセリング・クライマックス感が出たようで、引けにかけてはそろそろ底が近いと見た買い直しも入りました。

NYダウとS&P500は年初来安値を更新しました。

NYダウ 31,730.30 -103.81 (-0.33%)
NASDAQ 11,370.96 +6.72 (+0.06%)
S&P500 3,930.08 -5.10 (-0.13%)
SOX指数 2,827.21 +15.27 (+0.54%)
米国株、ダウ6日続落し103ドル安 連日の年初来安値、アップル下落で心理悪化
【NQNニューヨーク=川上純平】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6日続落し、前日比103ドル81セント(0.3%)安の3万1730ドル30セントで終えた。米長期金利の低下にもかかわらず、ハイテク株への売りが続いた。今年に入ってからの株価の大幅下落で信用取引の買い主体にはマージンコール(追い証)が発生していると...

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

前週分の新規失業保険申請件数は20万3000件となり、市場予想よりも悪い結果となりました。

米新規失業保険申請20.3万件、予想外に増加 引き締まりは継続
米労働省が12日発表した5月7日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、前週比1000件増の20万3000件と、2月中旬以来約3カ月ぶりの高水準となった。予想に反して増加したものの、労働需要が堅調で人手不足が続く中、労働市場の状況に変化は見られない。

4月 卸売物価指数(PPI)

4月の卸売物価指数(PPI)は前年同月比11%の上昇となり、市場予想を上回りました。

(前月比では0.5%の上昇となり、市場予想と一致しました)

米生産者物価指数、4月は前年同月比11%上昇-予想上回る伸び
米生産者物価指数(PPI)は4月も前年比で大きな伸びとなった。消費者物価の高止まりが想定より長く続く可能性が示唆された形で、米金融当局は積極的な利上げ姿勢を維持する公算が大きい。3月分も上方修正された。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な4指数すべてが大幅な反発となりました。

日経平均は前日までに大きく下げた反動で自律反発の買いが入ったほか、決算発表を通過した値嵩株の上昇も指数を押し上げ、2万6千円台を回復しました。

今日はオプションSQの算出日で、SQ値は「25,951.24」となりました。

日経平均 26,427.65 +678.93 (+2.64%)
TOPIX 1,864.20 +35.02 (+1.91%)
JPX日経400 16,794.16 +305.13 (+1.85%)
マザーズ指数 648.65 +28.02 (+4.51%)
東証大引け 大幅反発し678円高 値がさ株に買い目立つ
13日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発し、前日比678円93銭(2.64%)高の2万6427円65銭で終えた。上げ幅は3月23日以来の大きさ。最近の急ピッチな株価下落を受けて、自律反発狙いの買いが優勢だった。前日に決算発表した値がさ株への買いも指数の押し上げにつながり、上げ幅は一時700円を超えた。日経平均は今週...

今朝は5月31日予定のMSCI銘柄入れ替えの除外対象22銘柄が発表されました。

MSCI銘柄入れ替え、日本は新規採用ゼロ 除外は22銘柄
モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は12日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では新規採用がなし、除外が22銘柄となった。

個別材料

大成建設 大規模自社株買いを発表し株価大幅高

大手ゼネコンの大成建設<1801>は、今日の午後の取引時間中に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比22.8%減となりました。

期末配当は従来予想どおりの65円とのことです。(年間では前期と同額)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比6.2%減になりそうだとのことです。

また、1800万株(8.98%)・500億円を上限とする自社株買いを発表。

取得期間は5月16日~2023年3月31日としています。

これが伝わると大成建設の株価は急騰しました。

大成建設<1801> 3,735 +270 (+7.79%)
大成建の2023年3月期、純利益6.2%減 予想平均下回る
大成建設が13日発表した2022年3月期の連結決算で、純利益は前期比22.8%減の714億3600万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(698億2200万円)を上回った。2023年3月期の純利益は前期比6.2%減の670億円を見込む。QUICKコンセンサスの786億3900万円を下回る。大成建...

ENEOS 大規模自社株買いを発表し株価大幅高

石油元売りのENEOS<5020>は、今日の午後の取引時間中に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比4.7倍となりました。

期末配当は従来予想どおりの11円とのことです。(年間では前期と同額)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比68.3%減になりそうだとのことです。

また、3億株(9.30%)・1000億円を上限とする自社株買いを発表。

取得期間は5月16日~12月30日で、取得した株式は2023年2月10日に消却するとのことです。

これが伝わるとENEOSの株価は急騰し、年初来高値をつけました。

ENEOS<5020> 497.2 +30.2 (+6.47%)
ENEOSの2023年3月期、純利益68.3%減 予想平均下回る
ENEOSホールディングスが13日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前期比4.7倍の5371億1700万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(4709億7500万円)を上回った。2023年3月期の純利益は前期比68.3%減の1700億円を見込む。QUICKコンセンサス...

ソフトバンクグループ 1.7兆円の赤字決算を発表しても株価大幅高

投資会社のソフトバンクグループ<9984>は、5月12日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は1兆7080億2900万円の赤字となりました。(前期は4兆9879億6200万円の黒字)

期末配当は従来予想どおりの22円とのことです。(年間では前期と同額)

2023年3月期の業績予想は開示していません。

配当予想は年間で44円としています。(前期と同額)

今日のソフトバンクグループの株価はこれまで相当売られてきたこともあり大幅反発となりました。

ソフトバンクグループ<9984> 5,040 +549 (+12.22%)
SBGの22年3月期、最終損益は1兆7080億2900万円の赤字
ソフトバンクグループが12日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)で、最終損益は1兆7080億2900万円の赤字となった。前期は4兆9879億6200万円の黒字だった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(6235億2400万円)を下回った。2023年3月期の純利益予想は非開示とした。売上高にあ...

東京エレクトロン 今期純利益19.7%増の業績予想を発表し株価大幅高

半導体製造装置の東京エレクトロン<8035>は、5月12日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比79.9%増となりました。

期末配当は従来予想の693円から760円へと67円増額しています。(年間では前期比622円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比19.7%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で1678円としています。(前期比275円の増配)

これを受け今日の東京エレクトロンの株価は大幅高となりました。

東京エレクトロン<8035> 56,990 +2,990 (+5.54%)
東エレクの2023年3月期、純利益19.7%増 予想平均上回る
東京エレクトロンが12日発表した2022年3月期の連結決算で、純利益は前期比79.9%増の4370億7600万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(4209億1600万円)を上回った。2023年3月期の純利益は前期比19.7%増の5230億円を見込む。QUICKコンセンサスの5224億5400万...

テルモ 自社株買いを発表し株価大幅高

医療機器のテルモ<4543>は、5月12日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比14.9%増となりました。

期末配当は従来予想の16円から18円へと2円増額しています。(年間では前期比5円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比12.6%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で36円としています。(前期比2円の増配)

また、1500万株(1.98%)・500億円を上限とする自社株買いを発表。

取得期間は5月13日~12月30日で、取得した株式は2023年1月13日に消却するとのことです。

テルモ<4543> 3,953 +194 (+5.16%)
テルモの2023年3月期、純利益12.6%増 予想平均下回る
テルモが12日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前期比14.9%増の888億1300万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(948億4100万円)を下回った。2023年3月期の純利益は前期比12.6%増の1000億円を見込む。QUICKコンセンサスの1036億1500...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

KDDI

通信のKDDI<9433>は、5月13日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比3.2%増となりました。

期末配当は従来予想どおりの65円とのことです。(年間では前期比5円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比2.3%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で135円としています。(前期比10円の増配)

また、5700万株(2.58%)・2000億円を上限とする自社株買いを発表。

取得期間は6月1日~2023年5月31日としています。

KDDIの2023年3月期、純利益2.3%増 予想平均下回る
KDDIが13日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前期比3.2%増の6724億8600万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(6683億9000万円)を上回った。2023年3月期の純利益は前期比2.3%増の6880億円を見込む。QUICKコンセンサスの6949億650...

日本郵政

郵便、ゆうちょ、かんぽの持ち株会社の日本郵政<6178>は、5月13日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比20%増となりました。

期末配当は従来予想どおりの50円とのことです。(年間では前期と同額)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比20.3%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で50円としています。(前期と同額)

また、2億7800万株(7.6%)・2000億円を上限とする自社株買いを発表。

取得期間は5月16日~2023年3月31日としています。

日本郵政の2023年3月期、純利益20.3%減 予想平均下回る
日本郵政が13日発表した2022年3月期の連結決算で、純利益は前期比20%増の5016億8500万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(4804億7100万円)を上回った。2023年3月期の純利益は前期比20.3%減の4000億円を見込む。QUICKコンセンサスの4130億6700万円を下回る。...

三井不動産

総合不動産の三井不動産<8801>は、5月13日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比36.6%増となりました。

期末配当は従来予想どおりの55円とのことです。(年間では前期比11円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比7.4%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で60円としています。(前期比5円の増配)

また、1000万株(1.05%)・150億円を上限とする自社株買いを発表。

取得期間は5月16日~2023年3月31日としています。

三井不の2023年3月期、純利益7.4%増 予想平均上回る
三井不動産が13日発表した2022年3月期の連結決算で、純利益は前期比36.6%増の1769億8600万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(1743億9800万円)を上回った。2023年3月期の純利益は前期比7.4%増の1900億円を見込む。QUICKコンセンサスの1891億8100万円を上回...

来週に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 5月 ミシガン大学消費者態度指数

国内

月曜日の取引時間中(昼休み含む)には以下のような決算発表があります。

  • DIC<4631>
  • 日軽金HD<5703>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • リクルートHD<6098>
  • アサヒGHD<2502>
  • あおぞら銀行<8304>
  • 電通グループ<4324>
  • 三菱UFJ<8306>

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

5月16日(月) 日本 4月 国内企業物価指数
4月 工作機械受注
中国 4月 小売売上高
4月 鉱工業生産
米国 5月 ニューヨーク連銀製造業景気指数
5月17日(火) 米国 4月 小売売上高
4月 鉱工業生産
5月18日(水) 日本 1Q GDP
4月 訪日外国人客数
米国 4月 住宅着工件数
5月19日(木) 日本 4月 貿易統計(通関ベース)
3月 機械受注
米国 前週分の新規失業保険申請件数
5月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数
4月 中古住宅販売件数
5月20日(金) 日本 4月 全国消費者物価指数(CPI)
4月 コンビニ売上高
タイトルとURLをコピーしました