【4月28日の市況】日経平均大幅反発、デンソー 今期も大幅な増益予想を発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数まちまちの動きとなりました。

世界的な景気鈍化への警戒感があるなかで、好決算を発表した銘柄には買いが入りました。

NASDAQは年初来安値を更新しました。

NYダウ 33,301.93 +61.75 (+0.19%)
NASDAQ 12,488.93 -1.81 (-0.01%)
S&P500 4,183.96 +8.76 (+0.21%)
SOX指数 2,894.91 -14.20 (-0.49%)
米国株、ダウ小反発し61ドル高 好決算銘柄への買いが支え ナスダックは連日の年初来安値
【NQNニューヨーク=戸部実華】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比61ドル75セント(0.2%)高の3万3301ドル93セントで終えた。好決算を発表した銘柄が買われ、相場上昇を支えた。ダウ平均は前日に809ドル安で終えており、短期的な戻りを期待した買いも入りやすかった。ただ、米金融引き締めや世界景...

決算発表(朝)

ボーイング<BA>

ボーイング<BA> 154.46 -12.58 (-7.53%)
ボーイングの1~3月、赤字1600億円 「777X」納入延期(写真=ロイター)
【ヒューストン=花房良祐】米航空機大手ボーイングが27日発表した2022年1~3月期決算は、最終損益が12億4200万ドル(約1600億円)の赤字だった。新型コロナウイルスの影響が尾を引き、赤字幅は前年同期(5億6100万ドルの最終赤字)から広がった。新型機「777X」の生産を一時中止し、初号機の納入時期を25年に延期...

スポティファイ<SPOT>

スポティファイ<SPOT> 96.67 -13.74 (-12.44%)
スポティファイ、第1四半期売上高が予想上回る 会員数増で
音楽配信大手スポティファイが27日に発表した第1・四半期(3月31日まで)決算は売上高が市場予想を上回った。広告収入が堅調だったほか、プレミアム会員数の増加が寄与した。

決算発表(夕)

アムジェン<AMGN>

アムジェンが決算受け時間外で5%下落=米国株個別 - 2022年04月28日06:51|為替ニュース|みんかぶ FX/為替
 アムジェン<AMGN>が引け後に1-3月期決算(第1四半期)を発表し、1株利益、売上高が予想を上回った。ただ、株価は時間外で冴えない反応。新たな成長の鍵となる喘息薬「テズスパイアー」が予想を大きく下...

フォード・モーター<F>

米フォード、第1四半期予想上回る 値上げ奏功で通年見通し維持
米自動車大手フォード・モーターが27日発表した第1・四半期決算は、売上高、営業利益ともに市場予想を上回った。価格設定でコスト高などの影響が一部相殺されているとして、通年の利益見通しも維持した。

メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)<FB>

時間外取引の株価は18%を超える大幅高となっています。

米メタ、21%減益もFB利用者が再び増加 時間外で株価急伸
米IT大手メタ・プラットフォームズが27日発表した第1・四半期決算は、1株利益が市場予想を上回ったほか、交流サイト(SNS)フェイスブックの利用者が再び増加に転じた。第2・四半期については保守的な売上高見通しを示すにとどめた。

ペイパル<PYPL>

米ペイパル、通期利益見通し引き下げ インフレ高進など打撃
米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスは27日、通期の利益見通しを引き下げた。インフレ高進やウクライナでの戦争が打撃になる可能性があるという。

クアルコム<QCOM>

時間外取引の株価は6%を超える大幅高となっています。

クアルコム、今期売上高見通しが予想上回る 1─3月も好調
米半導体大手クアルコムが27日示した第3・四半期(4─6月)の売上高見通しは市場予想を上回った。合わせて発表した第2・四半期(3月27日まで)決算も、売上高と利益がそろって予想を超えた。見込まれるスマートフォン需要低迷の影響を補うため、自動車向け製品など携帯電話以外の成長分野に注力したことが奏功した。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な4指数の中ではマザーズ指数だけが下落して、その他の指数は上昇しました。

日経平均は朝は昨日の終値近辺で小幅にプラスとマイナスを行ったり来たりする値動きでしたが、徐々に上昇基調となっていきました。

昼の時間帯には日銀金融政策決定会合の結果発表があり、大規模金融緩和の現状維持と指値オペを10年債利回り0.25%で毎営業日実施することが決定されたと伝わると、ドル円が一時130円20銭台まで円安に進み、後場の日経平均もそれに追随するように上げ幅を拡げていきました。

日経平均 26,847.90 +461.27 (+1.75%)
TOPIX 1,899.62 +38.86 (+2.09%)
JPX日経400 17,122.20 +340.56 (+2.03%)
マザーズ指数 694.41 -6.04 (-0.86%)

円安とトヨタ系自動車部品会社の好決算が相まって、指数をぐいぐい押し上げました。

引け後にさらに円安が進んどるのぉ。

ゴールデンウィーク中にどこまでいくのか心配じゃのぉ。

東証大引け 反発、日銀緩和維持で一段高 好決算銘柄の上げ目立つ
28日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比461円27銭(1.75%)高の2万6847円90銭で終えた。好決算銘柄を中心に買われた。日銀が大規模な金融緩和策の維持を決めると発表し、外国為替市場で円安・ドル高が進むと、輸出関連銘柄を中心に買いが入り、午後に上げ幅を拡大した。売り方の買い戻しも相場を押し上げた。日銀...
日銀が指し値オペ運用を明確化、0.25%で毎営業日-緩和維持
日本銀行は28日の金融政策決定会合で、現行の長短金利操作付き量的・質的金融緩和政策の維持を賛成多数で決定した。連続指し値オペの運用を明確化し、明らかに応札が見込まれない場合を除き、10年国債利回り0.25%で毎営業日実施する。

個別材料

デンソー 今期も大幅な増益予想を発表し株価大幅高

トヨタ系自動車部品のデンソー<6902>は、今日の午前の取引時間中に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比2.1倍となりました。

期末配当は従来予想の80円から85円へと5円増額しています。(年間では前期比25円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比64.5%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で180円としています。(前期比15円の増配)

これが伝わるとデンソーの株価は急伸しました。

デンソー<6902> 7,957 +705 (+9.72%)
デンソーの2023年3月期、純利益64.5%増 予想平均上回る
デンソーが28日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前期比2.1倍の2639億100万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(2894億9900万円)を下回った。2023年3月期の純利益は前期比64.5%増の4340億円を見込む。QUICKコンセンサスの4132億1500...

アドバンテスト 今期も大幅な増益予想を発表し株価大幅高

半導体検査装置のアドバンテスト<6857>は、4月27日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比25.1%増となりました。

これまで未定としていた期末配当は70円とのことです。(年間では前期比2円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利期は前期比28.9%増になりそうだとのことです。

配当予想は未定としています。

これを受け今日のアドバンテストの株価は大幅高となりました。

アドバンテスト<6857> 8,990 +370 (+4.29%)
アドテストの2023年3月期、純利益28.9%増 予想平均上回る
アドバンテストが27日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前期比25.1%増の873億100万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(873億1100万円)を下回った。2023年3月期の純利益は前期比28.9%増の1125億円を見込む。QUICKコンセンサスの1081億円...

コニカミノルタ 通期の業績予想を黒字から赤字へと下方修正して株価大幅安

複合機などのコニカミノルタ<4902>は、4月27日に2022年3月期の通期の業績予想の下方修正を発表しました。

純利益は従来予想では15億円の黒字としていましたが、今回275億円の赤字へと改めました。(前期は152億円の赤字)

これを受け今日のコニカミノルタの株価は大幅安となりました。

コニカミノルタ<4902> 454 -30 (-6.20%)
コニカミノル、通期の最終損益予想を下方修正 15億円の黒字から275億円の赤字に
コニカミノルタは27日、2022年3月期の最終損益が275億円の赤字(前期は152億1100万円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想の15億円の黒字から下方修正した。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスの24億4000万円の赤字を1027%下回った。営業損益が230億円の赤字(前期は162億6600万...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

村田製作所

電子部品の村田製作所<6981>は、4月28日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比32.5%増となりました。

期末配当は従来予想の65円から70円へと5円増額しています。(年間では前期比15円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比3.1%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で150円としています。(前期比20円の増配)

また、1600万株(2.50%)・800億円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は5月2日~10月31日としています。

村田製の2023年3月期、純利益3.1%増 予想平均下回る
村田製作所が28日発表した2022年3月期の連結決算で、純利益は前期比32.5%増の3141億2400万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(3093億1300万円)を上回った。2023年3月期の純利益は前期比3.1%増の3240億円を見込む。QUICKコンセンサスの3283億900万円を下回る...

富士通

ITサービスの富士通<6702>は、4月28日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比9.9%減となりました。

期末配当は従来予想どおり110円とのことです。(年間では前期比20円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比53.3%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で240円としています。(前期比20円の増配)

また、1200万株(6.11%)・1500億円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は5月2日~2023年3月31日としています。

富士通の2023年3月期、純利益53.3%増 予想平均上回る
富士通が28日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前期比9.9%減の1826億9100万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(1746億9500万円)を上回った。2023年3月期の純利益は前期比53.3%増の2800億円を見込む。QUICKコンセンサスの2380億760...

来週に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 1Q GDP

また、以下のような決算発表があります。

  • キャタピラー<CAT>
  • マクドナルド<MCD>
  • メルク<MRK>
  • マスターカード<MA>
  • アマゾン・ドットコム<AMZN> ← 要チェック
  • インテル<INTC>
  • ツイッター<TWTR>
  • アップル<AAPL> ← 要チェック

明日の晩(4月29日)米国では以下のような指標の発表があります。

  • 3月 個人所得、個人消費支出

また、以下のような決算発表があります。

  • シェブロン<CVX>
  • ハネウェル<HON>
  • エクソン・モービル<XOM>

国内

明日の日本市場は休場(昭和の日)です。


来週月曜日(5月2日)の取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • 双日<2768>
  • 三井物産<8031>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 京王電鉄<9008>

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

4月30日(土) 中国 4月 製造業PMI、非製造業PMI
4月 製造業PMI(財新)
5月2日(月) 日本 4月 新車販売台数
中国 休場(メーデー)
米国 4月 ISM製造業景況指数
5月3日(火) 日本 休場(憲法記念日)
中国 休場(メーデー)
5月4日(水) 日本 休場(みどりの日)
中国 休場(メーデー)
米国 4月 ADP雇用統計
4月 ISM非製造業景況指数
FOMC結果発表
5月5日(木) 日本 休場(こどもの日)
中国 4月 非製造業PMI(財新)
米国 前週分の新規失業保険申請件数
5月6日(金) 日本 4月 東京都区部消費者物価指数(CPI)
米国 4月 雇用統計
タイトルとURLをコピーしました