【4月22日の市況】日経平均大幅反落、日立物流 米投資ファンドに売却される方向となり株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅な下落となりました。

この日は10年債利回りが2.9%台に上昇してきたことや、パウエルFRB議長のタカ派発言を受け投資家心理が悪化しました。

NYダウ 34,792.76 -368.03 (-1.05%)
NASDAQ 13,174.65 -278.41 (-2.07%)
S&P500 4,393.66 -65.79 (-1.48%)
SOX指数 3,058.74 -83.46 (-2.66%)
米国株、ダウ反落し368ドル安 長期金利上昇と金融引き締めを警戒 ナスダックも大幅安
【NQNニューヨーク=横内理恵】21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落し、前日比368ドル03セント(1.0%)安の3万4792ドル76セントで終えた。好決算銘柄が買われて高く始まったが、米長期金利の上昇を受けて伸び悩み、午後に下げに転じた。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めへの警戒も広がった。...
米50bp利上げ、5月FOMCで「検討」=FRB議長
米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は21日、5月3─4日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)で50ベーシスポイント(bp)の利上げが「検討される」と述べた。

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

前週分の新規失業保険申請件数は18万4000件と市場予想よりわずかに悪い結果となりました。

米失業保険、受給者数52年ぶり低水準 申請は18.4万件(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が21日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、10~16日の週間の新規失業保険申請件数は18万4000件で、前週の改定値から2000件減った。また3~9日の週の総受給者数は前週から5万8000人減の141万7000人となり、1970年2月以来52年2カ月ぶりの低水準となった。労働...

4月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

4月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は前月比9.8ポイント低下の17.6となり、市場予想を下回りました。

米フィラデルフィア連銀業況指数、4月は17.6に低下 雇用は堅調
米フィラデルフィア地区連銀が21日発表した4月の連銀業況指数は17.6と、3月の27.4から低下した。市場予想は21.0だった。

決算発表(朝)

AT&T<T>

AT&T<T> 20.21 +0.78 (+4.01%)
米AT&T、第1・四半期の中核事業売上高が2.5%増
米通信大手AT&Tは21日、2022年第1・四半期の電話とインターネットを含めた中核事業の売上高が2.5%増えたと発表した。光ファイバーインターネットと高速通信規格の5Gサービスの拡大が貢献した。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが大幅な下落となりました。

日経平均は昨晩の米国市場の大幅下落の流れを受け大きく下げてスタートし、一時600円を超える下げ幅となる場面がありましたが、その後少しずつ持ち直していきました。

日経平均は2万7千円台をキープできたものの、また25日移動平均線と75日移動平均線を割り込んでしまいました。

日経平均 27,105.26 -447.80 (-1.63%)
TOPIX 1,905.15 -22.85 (-1.19%)
JPX日経400 17,191.57 -200.31 (-1.15%)
マザーズ指数 703.01 -19.32 (-2.67%)
東証大引け 4日ぶり反落し447円安 グロース株中心に売り
22日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反落し、前日比447円80銭(1.63%)安の2万7105円26銭で終えた。前日の米株式市場で主要株価指数が下落した流れを受け、東京市場は運用リスクを回避する売りが優勢となった。日本株は前日まで上昇が続いたため、利益確定売りも出やすかった。午前に日経平均の下げ幅は一時600...

経済指標

3月 全国消費者物価指数(CPI)

3月の全国消費者物価指数(CPI)は生鮮食品を除く総合指数が前年同月比0.8%上昇の100.9となり、市場予想と一致しました。

3月の全国消費者物価、0.8%上昇 上昇は7カ月連続
総務省が22日発表した3月の全国消費者物価指数(CPI、2020年=100)は、生鮮食品を除く総合指数が100.9と前年同月比0.8%上昇した。上昇は7カ月連続。QUICKがまとめた市場予想の中央値も0.8%上昇だった。生鮮食品とエネルギ

個別材料

日立物流 米投資ファンドに売却される方向となり株価ストップ高

日立製作所<6501>は保有している日立物流<9086>の株式の売却について、米投資会社のKKRに優先交渉権を与えたとの報道が4月21日にありました。

KKRは6000億円超で日立物流を買収し非公開化する見通しとのことです。

これを受け今日の日立物流の株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

また、日立物流の株式を10%弱保有しているSGホールディングス<9143>も売却益が出るかもとの期待から株価が大幅高となりました。

日立物流<9086> 7,760 +1,000 (+14.79%)
日立製作所<6501> 6,081 +13 (+0.21%)
SGHD<9143> 2,228 +70 (+3.24%)
日立製作所、日立物流株売却へ 米投資ファンドに:時事ドットコム
日立製作所が、4割出資する日立物流の株式について、米投資ファンドKKRに売却する交渉に入ったことが21日、分かった。日立は保有比率を1割程度に引き下げる。KKRはTOB(株式公開買い付け)で日立物流株を非公開化した上で、同社の価値向上を目指すとみられる。

ディスコ 第1四半期までの大幅増益予想を発表し株価大幅高

半導体装置のディスコ<6146>は、4月21日に2022年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比69.4%増となりました。

期末配当は従来予想の518円から609円へと91円増額されました。(年間で前期比131円の増配)

併せて2023年3月期の第1四半期までの業績予想を発表。

純利益は前年同期比48.4%増になりそうだとのことです。

これを受け今日のディスコの株価は大幅高となりました。

ディスコ<6146> 32,450 +1,150 (+3.67%)
ディスコの22年3月期、純利益69.4%増
ディスコが21日発表した2022年3月期の連結決算で、純利益は前期比69.4%増の662億600万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(617億2200万円)を上回った。2023年3月期の純利益予想は非開示とした。売上高や営業利益、経常利益も非開示とした。ディスコは半導体の製造工程で用いられるシ...

西松屋チェーン 4月の月次売上高が好調で株価大幅高

子供衣料の西松屋チェーン<7545>は、4月21日に4月(3/21~4/20)の月次売上高を発表しました。

既存店売上高は前年同月比5.6%増となりました。

これを受け今日の西松屋チェーンの株価は大幅高となりました。

西松屋チェーン<7545> 1,555 +78 (+5.28%)
西松屋チェの4月既存店売上高は4カ月連続で前年上回る 投稿日時: 2022/04/21 16:30[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
最新投稿日時:2022/04/21 16:30 - 「西松屋チェの4月既存店売上高は4カ月連続で前年上回る」(みんかぶ)

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

東京製鐵

鉄鋼の東京製鐵<5423>は、4月22日に2022年3月期の単独決算を発表しました。

純利益は前期比5.4倍となりました。

期末配当は従来予想どおり15円とのことです。(年間では前期比9円の増配)

併せて2023年3月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比24.9%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で30円としています。(前期比5円の増配)

また、280万株(2.42%)・30億円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は4月25日~12月31日としています。

東京製鉄の2023年3月期、税引き利益24.9%減 予想平均下回る
東京製鐵が22日発表した2022年3月期の単独決算で、税引き利益は前期比5.4倍の319億3700万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(282億9400万円)を上回った。2023年3月期の税引き利益は前期比24.9%減の240億円を見込む。QUICKコンセンサスの272億600万円を下回る。東...

来週に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 4月 製造業PMI、非製造業PMI

以下のような決算発表もあります。

  • アメリカン・エキスプレス<AXP>
  • ベライゾン・コミュニケーション<VZ>

国内

月曜日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • コーエーテクモ<3635>
  • JSR<4185>
  • 中外製薬<4519>

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

4月25日(月) 日本 3月 全国百貨店売上高
4月26日(火) 日本 3月 失業率、有効求人倍率
米国 3月 耐久財受注
3月 新築住宅販売件数
4月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
4月28日(木) 日本 日銀金融政策決定会合 結果発表
3月 小売業販売額
3月 鉱工業生産
米国 前週分の新規失業保険申請件数
1Q GDP
4月29日(金) 日本 休場(昭和の日)
米国 3月 個人所得、個人消費支出
タイトルとURLをコピーしました