【4月15日の市況】日経平均反落、Gunosy 通期の営業利益予想をトントンから2億円に改め株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、以下のような材料で3指数とも反落となりました。

  • 10年債利回りが2.83%まで上昇する場面があった → 高PERなハイテク株に売り
  • 翌日から3連休 → 持ち高調整の売り
NYダウ 34,451.23 -113.36 (-0.33%)
NASDAQ 13,351.07 -292.50 (-2.14%)
S&P500 4,392.59 -54.00 (-1.21%)
SOX指数 3,028.22 -91.09 (-2.92%)
NYダウ反落、113ドル安 金利上昇でハイテク株に売り
【NQNニューヨーク=横内理恵】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比113ドル36セント(0.3%)安の3万4451ドル23セントで終えた。取引開始前に四半期決算を発表した金融株などに買いが先行し、ダウ平均は上昇して始まった。買い一巡後は米長期金利の上昇を受けて高PER(株価収益率)のハイテク株に売...
NY連銀総裁、0.5ポイントの利上げは「妥当な選択肢」
米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、現在の低金利環境を踏まえれば、0.5ポイント幅を含めた利上げペースの加速は「妥当な選択肢」だとの見解を示した。

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

前週分の新規失業保険申請件数は18万5000件となり、市場予想よりも悪い結果となりました。

米失業保険申請、18.5万件 2週ぶり増加
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が14日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、3~9日の週間の新規失業保険申請件数は18万5000件で、前週の改定値から1万8000件増えた。2週ぶりの増加だが、依然として歴史的な低水準で推移している。ダウ・ジョ

3月 小売売上高

3月の小売売上高は前月比0.5%増となり、市場予想をやや下回りました。

(ただし、前月分に0.3%→0.8%の上方修正があった)

3月の米小売売上高0.5%増 ガソリン急騰で(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が14日発表した3月の小売売上高(季節調整済み)は6657億ドル(約84兆円)で、前月から0.5%増えた。0.5ポイント上方修正された前月(0.8%増)から伸びは鈍化した。ガソリン価格の急騰で給油所の売上高が増え、全体を押し上げた。前年同月比では6.9%増加した。3月の前月比の伸び率はダ...

4月 ミシガン大学消費者態度指数

4月のミシガン大学消費者態度指数は前月比6.3ポイント上昇の65.7となり、市場予想を上回りました。

4月の米消費者態度指数、6.3ポイント上昇 速報値(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米ミシガン大学が14日発表した4月の消費者態度指数(速報値)は65.7と、前月から6.3ポイント上昇した。4カ月ぶりの上昇で、低下を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測(59.0程度)に反して上向いた。ただ1月より低く、依然として低い水準にとどまった。「今後の見通し」が64.1で前月比9.8...

決算発表(朝)

ユナイテッドヘルス・グループ<UNH>

ユナイテッドヘルス・グループ<UNH> 534.82 -2.18 (-0.41%)
ユナイテッドヘルスが決算受け上昇 政府プログラムの登録が堅調=米国株個別 - 2022年04月14日23:04|為替ニュース|みんかぶ
 ユナイテッドヘルス<UNH>が上昇。取引開始前に1-3月期決算(第1四半期)を発表し、1株利益、売上高とも予想を上回った。通期のガイダンスも第1四半期の決算を反映して、1株利益を上方修正した。ただ、...

ウェルズ・ファーゴ<WFC>

ウェルズ・ファーゴ<WFC> 46.35 -2.19 (-4.51%)
ウェルズF、1-3月は収入が市場予想に届かず-費用が業績圧迫
米銀ウェルズ・ファーゴの1-3月(第1四半期)決算では、収入がアナリスト予想に届かなかった。一方で、費用は市場予想を上回った。

ゴールドマン・サックス<GS>

ゴールドマン・サックス<GS> 321.64 -0.33 (-0.10%)
ゴールドマン1~3月、42%減益 「株式発行がほぼ停止」 (写真=ロイター)
【ニューヨーク=宮本岳則】米投資銀行大手ゴールドマン・サックスが14日公表した2022年1~3月期決算は純利益が39億3900万ドル(約4900億円)となり、前年同期に比べて42%減った。不安定な市場環境を受けて新規株式公開(IPO)や社債発行など企業の資金調達が低迷し、投資銀行部門の収益が落ち込んだ。資産運用部門で株...

モルガン・スタンレー<MS>

モルガン・スタンレー<MS> 84.76 +0.63 (+0.75%)
モルガンS、予想上回るトレーディング収入-ボラティリティー味方に
ロシアのウクライナ侵攻で市場が動揺した今年1-3月、大手米銀モルガン・スタンレーのトレーディング部門はアナリストの予想を上回る成績を上げた。

シティグループ<C>

シティグループ<C> 50.93 +0.78 (+1.56%)
シティ、トレーディング収入が予想上回る-ボラティリティーが追い風
ロシアのウクライナ侵攻で市場のボラティリティーが高まる中、大手米銀シティグループは予想以上のトレーディング成績を上げた。戦争は同時に20億ドル(約2500億円)近い利益押し下げ要因にもなった。

欧州

ECB理事会結果発表

昨晩欧州ではECB理事会の結果発表があり、量的緩和を今夏に終了させる見込みを示しました。

量的緩和、夏にも終了 物価高騰に対応―ECB:時事ドットコム
【ロンドン時事】欧州中央銀行(ECB)は14日、定例理事会を開き、国債などの資産を買い入れる量的緩和策を今夏に終了させる見込みが強まったと発表した。その後、一定期間を経て政策金利の引き上げに着手する。物価が想定を上回るペースで上昇していることを踏まえ、金融正常化への動きを一歩前進させた。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

日経平均は昨晩の米国市場の下落を受け大きく下げて始まりましたが、午前9時半ごろから急速に下げ幅を縮小し一時プラスに転じる場面もありました。(急速な円安の進行に連動したイメージ)

その後は27100円近辺でのもみ合いとなりました。

  • 米10年債利回りが2.8%台前半まで上昇してきた → 保険・銀行にプラス
  • NASDAQやSOX指数が大幅下落 → ハイテク関連にマイナス
  • WTI原油先物が106ドル台まで上昇してきた → 石油・鉱業にプラス
  • ドル円が126円台中盤まで円安に進んできた → 自動車の一部にプラス

欧米の連休控えで今日は薄商いとなりました。

日経平均 27,093.19 -78.81 (-0.29%)
TOPIX 1,896.31 -11.74 (-0.62%)
JPX日経400 17,094.49 -109.48 (-0.64%)
マザーズ指数 765.73 -16.51 (-2.11%)
東証大引け 3日ぶり反落、78円安 米金利上昇への警戒感続く
15日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反落し、前日比78円81銭(0.29%)安の2万7093円19銭で終えた。前日の米株式市場で米長期金利の上昇を背景にハイテク株が下落した流れを受け、東京市場でも運用リスクを回避する売りが優勢だった。半導体関連など成長(グロース)株の下げが目立った。14日の米株式市場はニュー...

個別材料

Gunosy 通期の営業利益予想をトントンから2億円に改め株価ストップ高

キュレーションアプリなどのGunosy<6047>は、4月14日に2021年6月~2022年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は1400万円の赤字となりました。(前年同期は3億1400万円の黒字)

併せて通期の業績予想の修正を発表。

営業利益は従来予想ではゼロ円としていましたが、今回2億円の黒字へと改めました。(前年同期は7億1700万円の黒字)

これを受け今日のGunosyの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

Gunosy<6047> 1,333 +300 (+29.04%)
Gunosyの21年6月〜22年2月期、最終損益は1400万円の赤字
Gunosyが14日発表した2021年6月〜22年2月期の連結決算で、最終損益は1400万円の赤字となった。前年同期は3億1400万円の黒字だった。2022年5月期通期の最終損益は1300万円の赤字(前期は3億8300万円の黒字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは1億7000万円の赤字だった。...

ファストリ 通期の業績予想の上方修正を発表し株価大幅高

ユニクロでおなじみのファーストリテイリング<9983>は、4月14日に2021年9月~2022年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比38.7%増となりました。

中間配当は従来予想の260円から280円へと20円増額しています。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比3.0%増としていましたが、今回11.9%増へと改めました。

期末配当予想も従来の260円から280円へと20円増額しています。(年間では前期比80円の増配)

これを受け今日のファストリの株価は大幅高となりました。

今日はこの1銘柄だけで日経平均を184円押し上げました。

ファストリ<9983> 64,810 +5,260 (+8.83%)
ファストリの21年9月〜22年2月期、純利益38.7%増 通期予想を上方修正
ファーストリテイリングが14日発表した2021年9月〜22年2月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比38.7%増の1468億4400万円となった。2022年8月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比11.9%増の1900億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは1901億29...

サーバーワークス 今期減益の業績予想を発表し株価ストップ安

AWS(アマゾンのクラウドサービス)の導入支援をしているサーバーワークス<4434>は、4月14日に2022年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は4億4200万円の黒字となりました。(この期から連結決算となったため前期との比較なし)

併せて2023年2月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比15.6%減になりそうだとのことです。

これを受け今日のサーバーワークスの株価はストップ安となりました。

サーバーワークス<4434> 2,308 -500 (-17.81%)
サーバワクスの2023年2月期、純利益15.6%減
サーバーワークスが14日発表した2022年2月期の連結決算で、純利益は4億4200万円となった。2023年2月期の純利益は前期比15.6%減の3億7300万円を見込む。サーバワクスは米アマゾンのグループが提供するクラウドサービス「アマゾンウェブサービス(AWS)」の導入支援を主軸としたクラウドシステム構築事業者。特定顧...

良品計画 通期の業績予想の下方修正を発表し株価大幅安

無印良品でおなじみの良品計画<7453>は、4月14日に2021年9月~2022年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比27.5%減となりました。

中間配当は従来予想どおりの20円とのことです。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比5.6%減としていましたが、今回20.4%減へと改めました。

これを受け今日の良品計画の株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

良品計画<7453> 1,179 -63 (-5.07%)
良品計画の21年9月〜22年2月期、純利益27.5%減 通期予想を下方修正
良品計画が14日発表した2021年9月〜22年2月期の連結決算で、純利益は前年同期比27.5%減の147億7700万円となった。2022年8月期通期の純利益予想は引き下げた。純利益は前期比20.4%減の270億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは302億7900万円だった。良品計画は「無印良品...

来週に向けての注目点

米国

今晩の米国市場は休場(グッドフライデー)ですが、以下のような指標の発表があります。

  • 4月 ニューヨーク連銀製造業景気指数
  • 3月 鉱工業生産

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

4月18日(月) 中国 3月 小売売上高
3月 鉱工業生産
1Q GDP
4月19日(火) 米国 3月 住宅着工件数
4月20日(水) 日本 3月 貿易統計(通関ベース)
3月 コンビニ売上高
3月 訪日外国人客数
米国 3月 中古住宅販売件数
米地区連銀経済報告(ベージュブック)
4月21日(木) 日本 3月 全国スーパー売上高
米国 前週分の新規失業保険申請件数
4月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数
パウエルFRB議長 発言
4月22日(金) 日本 3月 全国消費者物価指数(CPI)
米国 4月 製造業PMI、非製造業PMI
タイトルとURLをコピーしました