【4月5日の市況】日経平均続伸、バイク王 第1四半期の純利益が3倍となり株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも続伸となりました。

新しい四半期に入ったことで、ハイテク株などに見直し買いが入りました。

個別ではテスラ<TSLA>のイーロン・マスク氏が株式の9.2%取得したことが明らかとなったツイッター<TWTR>や、第1四半期のEV世界販売が過去最高となったテスラ自身も株価が大幅高となりました。

NYダウ 34,921.88 +103.61 (+0.30%)
NASDAQ 14,532.55 +271.05 (+1.90%)
S&P500 4,582.64 +36.78 (+0.81%)
SOX指数 3,424.95 +58.31 (+1.73%)
ツイッター<TWTR> 49.97 +10.67 (+27.13%)
テスラ<TSLA> 1,145.45 +60.86 (+5.61%)
NYダウ続伸103ドル高 ハイテク株に買い
【NQNニューヨーク=横内理恵】4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比103ドル61セント(0.3%)高の3万4921ドル88セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締めへの警戒はくすぶっているが、成長性が高く、相対的に景気の影響を受けにくいハイテク株に値ごろ感からの買いが入った。...
ツイッター急伸、マスク氏が9.2%株取得-SNS業界改革を示唆後
米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がツイッターの株式9.2%を取得したことが4日付の当局への届け出で明らかになった。マスク氏は1週間前にソーシャルメディア業界に改革を起こす可能性を示唆していた。
テスラEV世界販売が過去最高に…同期比1.7倍、30万台超 2022年第1四半期 | レスポンス(Response.jp)
テスラ(Tesla)は4月2日、2022年第1四半期(1~3月)の世界新車販売(納車)台数を発表した。第1四半期としては過去最高の31万0048台。前年同期に対して、およそ1.7倍と大幅な増加となった。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は昨晩の米国市場の上昇の流れを引き継いで高く始まりましたが、すぐに失速して昨日の終値近辺での小幅なもみ合いへと移行しました。

  • WTI原油先物が再び105ドル近辺に上昇してきた → 鉱業にプラス
  • 昨晩のNASDAQやSOX指数が大幅高 → 半導体関連などは反応薄

これまで上昇してきた業種(海運、保険、銀行、鉄鋼、卸売など)から、他の業種へと資金がシフトしていっているイメージです。

日経平均 27,787.98 +51.51 (+0.19%)
TOPIX 1,949.12 -4.51 (-0.23%)
JPX日経400 17,546.77 -72.81 (-0.41%)
マザーズ指数 842.01 +21.84 (+2.66%)
日経平均続伸、終値51円高の2万7787円
5日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、前日比51円51銭(0.19%)高の2万7787円98銭で終えた。前日の米ハイテク株高の流れを引き継いで、値がさの半導体関連に買いが入り相場を支えた。ただ、中国・上海や香港市場が休場で模様眺めの投資家も多く、上値を追う動きは続かなかった。外国為替市場で円相場が円高・ドル安...

経済指標

2月 毎月勤労統計

今日の取引時間開始前には2月の毎月勤労統計の発表があり、現金給与総額は前年同月比1.2%増となりました。

現金給与2月1.2%増、26.9万円 2カ月連続プラス
厚生労働省が5日発表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、2月の1人あたりの現金給与総額は26万9142円で、前年同月に比べ1.2%増えた。プラスは2カ月連続。前年は一部地域で緊急事態宣言が出ており、その反動が出た。物価の影響を除いた実質賃金は横ばいだった。2月は多くの地域でまん延防止等重点措置が適用さ...

2月 全世帯家計調査

2月の全世帯家計調査の結果発表では、2人以上世帯の消費支出が前年同月比1.1%増となりました。

消費支出、2月1.1%プラス 2カ月連続
総務省が5日発表した2月の家計調査によると、2人以上世帯の消費支出は25万7887円と、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比1.1%増加した。前年同月を上回るのは2カ月連続。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出ていた前年同月からの反動が大きかった。品目別では、昨年春の携帯電話通信料の引き下げを受けた乗り換え...

個別材料

バイク王 第1四半期の純利益が3倍となり株価大幅高

中古バイク買い取りのバイク王&カンパニー<3377>は、4月4日に2021年12月~2022年2月期の単独決算を発表しました。

純利益は前年同期比3倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のバイク王の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

バイク王<3377> 1,312 +207 (+18.73%)
バイク王の21年12月〜22年2月期、税引き利益3倍 通期予想据え置き
バイク王&カンパニーが4日発表した2021年12月〜22年2月期の単独決算で、税引き利益は前年同期比3倍の4億7400万円となった。2022年11月期通期の税引き利益予想は据え置いた。税引き利益は前期比31.3%増の16億1000万円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは14億2100万円だった。...

しまむら 今期も最高益の業績予想を発表し株価大幅高

衣料品のしまむら<8227>は、4月4日に2022年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比35%増となりました。

期末配当は従来予想の110円から130円へと増額されました。(年間では前期比20円の増配)

併せて2023年2月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比5%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で250円としています。(前期比10円の増配)

これを受け今日のしまむらの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

しまむら<8227> 11,590 +790 (+7.31%)
しまむら、値引き抑制で5年ぶり最高益 22年2月期
しまむらが4日発表した2022年2月期連結決算は純利益が前の期比35%増の354億円となり、5年ぶりに過去最高を更新した。売れ筋商品を素早く並べて売り切る在庫管理の徹底で値引き販売を減らした。23年2月期は原料高や物流費高騰の逆風が吹くなかで値上げに踏み切り、2期連続の最高益更新を目指す。これまでの改革で高めた商品力の...

良品計画 3月の月次売上高がイマイチで株価大幅安

無印良品でおなじみの良品計画<7453>は、4月4日に3月の月次売上高を発表しました。

既存店+オンラインの売上高は前年同月比10.0%減となりました。

これを受け今日の良品計画の株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

良品計画<7453> 1,413 -55 (-3.75%)
良品計画が大幅反落、3月既存店売上高が4カ月連続で前年下回る(良品計画) 2022年04月05日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2022/04/05 - 良品計画(7453) の関連ニュース。 良品計画<7453.T>が大幅反落している。4日の取引終了後に発表した3月度の国内売上高で、直営既存店売上高とオンラインストアを合わせた売上高が前年同月比10.0%減となり、4カ月連続で前年実績を下回ったことが嫌気されている。 中旬より生活雑...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 2月 貿易収支
  • 3月 ISM非製造業景況指数
タイトルとURLをコピーしました