【4月4日の市況】日経平均反発、象印マホービン 第1四半期で営業利益が通期計画の9割に達し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、3指数とも反発しました。

この日発表された3月の雇用統計(下に記載)が良かったことを受け、消費関連株などを中心に買いが入りましたが、半導体関連は売られました。

NYダウ 34,818.27 +139.92 (+0.40%)
NASDAQ 14,261.50 +40.98 (+0.29%)
S&P500 4,545.86 +15.45 (+0.34%)
SOX指数 3,366.64 -62.36 (-1.82%)
NYダウ反発、139ドル高 雇用回復で消費関連株に買い
【NQNニューヨーク=川内資子】1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、前日比139ドル92セント(0.4%)高の3万4818ドル27セントで終えた。朝方発表の3月の米雇用統計が労働市場の回復を示し、消費関連株の一角に買いが優勢となった。新たな四半期に入り新規資金が流入しやすいとの見方から、取引終了に...

経済指標

3月 雇用統計

3月の雇用統計は非農業者部門の雇用者数がが前月比43万1000人増となり、市場予想を下回りました。

(前月分が67万8000人から75万人に大きく上方修正されたため、市場予想を少々下回っても問題なし)

失業率は前月比0.2%ポイント低下の3.6%となり、市場予想よりも良い結果となりました。

米就業者3月43.1万人増 失業率は3.6%に低下(写真=ロイター)
【ワシントン=高見浩輔】米労働省が1日発表した3月の雇用統計によると、非農業部門の就業者数は前月から43万1000人増えた。増加幅は前月の75万人から縮小した。失業率は前月の3.8%から低下し、3.6%となった。賃金上昇がインフレの加速を招けば、ウクライナ危機下でも米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを速める可能性...

3月 ISM製造業景況指数

3月のISM製造業景況指数は前月比1.5ポイント低下の57.1となり、市場予想を下回りました。

3月の米製造業景況感1.5ポイント低下 1年6カ月ぶり低さ(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した3月の米製造業景況感指数は57.1で前月から1.5ポイント低下した。2カ月ぶりの低下で、2020年9月以来1年6カ月ぶりの低さとなった。供給網の乱れが続く中で、需要が弱まった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(59.0程度)を下回った。個別項目は...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

日経平均は先週末の終値を挟んだ小幅なもみ合いが続き、大引けにかけて少しだけ上げ幅を拡大しました。(新市場に対するご祝儀でしょうか?)

日経平均採用銘柄では医薬品・医療関連に買い、半導体関連に売りが目立ちました。

新しい市場区分の初日だったり、中国や台湾市場が休場ということもあって、今日は様子見という投資家もいたようで割と静かな相場となりました。

新生銀行<8303>の替わりに日経平均採用となったオリックス<8591>は今日は利益確定売りが出たようで大幅安になったのぉ。

日経平均 27,736.47 +70.49 (+0.25%)
TOPIX 1,953.63 +9.36 (+0.48%)
JPX日経400 17,619.58 +88.46 (+0.50%)
マザーズ指数 820.17 +26.97 (+3.40%)
オリックス<8591> 2,405 -79 (-3.18%)
日経平均反発、終値70円高の2万7736円
4日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発し、大引けは前週末比70円49銭(0.25%)高の2万7736円47銭だった。新年度入りに伴う資金流入への期待が支えとなったほか、米国経済に対する悲観的な見方がやや和らいでいることも日本株の買いにつながった。半面、企業業績の先行き不透明感は強く、積極的に上値を追う動き...

個別材料

象印マホービン 第1四半期で営業利益が通期計画の9割に達し株価大幅高

調理用家電などの象印マホービン<7965>は、4月1日に2021年12月~2022年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比15.1%増となりました。

また、営業利益は前年同期比9.1%増の39億7900万円となり、通期計画の44億円に対して9割に達しました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日の象印マホービンの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

象印マホービン<7965> 1,528 +86 (+5.96%)
象印の21年12月〜22年2月期、純利益15.1%増 通期予想据え置き
象印マホービンが1日発表した2021年12月〜22年2月期の連結決算で、純利益は前年同期比15.1%増の27億5600万円となった。2022年11月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比24.6%減の34億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは36億円だった。象印は炊飯ジャー、電気ポット...

KeePer技研 3月の月次売上高が好調で株価大幅高

カーコーティングのKeePer技研<6036>は、4月1日にキーパーラボの月次売上高を発表しました。

全店売上高は前年同期比47.0%増となりました。

これを受け今日のKeePer技研の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

KeePer技研<6036> 2,703 +225 (+9.08%)
KeePerが急騰し連日の年初来高値更新、3月度は47.0%増収//モーニングスター
 KeePer技研&lt;<a href="/StockInfo/info/snap/6036" target="_blank">60...

アルトナー 株式の売り出しを発表し株価大幅安

技術者派遣のアルトナー<2163>は、筆頭株主などによる221万200株の売り出しを実施すると4月1日に発表しました。

これによる需給の悪化懸念から今日のアルトナーの株価は大幅安となりました。

アルトナー<2163> 873 -31 (-3.43%)
アルトナーが反落、221万200株の売り出しによる需給悪化を警戒 投稿日時: 2022/04/04 09:40[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
最新投稿日時:2022/04/04 09:40 - 「アルトナーが反落、221万200株の売り出しによる需給悪化を警戒」(みんかぶ)

明日に向けての注目点

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 2月 毎月勤労統計
  • 2月 全世帯家計調査

また、取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • スギHD<7649>
  • ダイセキ<9793>
タイトルとURLをコピーしました