【3月29日の市況】日経平均大幅反発で2万8千円台回復、エンビプロHD 上方修正、1対2の株式分割、配当の増額を発表し株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも上昇しました。

上海のロックダウンにより石油の需要が伸び悩むとの見方からWTI原油先物が下落したことを受け、商品関連株などに買いが入りました。

また、これまで相対的に下げの大きかったハイテク株も買い直されました。

個別では年内の株式分割実施を表明したテスラ<TSLA>が大幅高となりました。

NYダウ 34,955.89 +94.65 (+0.27%)
NASDAQ 14,354.90 +185.60 (+1.31%)
S&P500 4,575.52 +32.46 (+0.71%)
SOX指数 3,547.17 +21.83 (+0.62%)
テスラ<TSLA> 1,091.84 +81.20 (+8.03%)
NYダウ続伸、94ドル高 原油相場の下落を好感
【NQNニューヨーク=古江敦子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前週末比94ドル65セント(0.3%)高の3万4955ドル89セントで終えた。直近の2週間で1900ドル強上げており、目先の利益を確定する売り先行した。だが、原油安を受けて消費関連銘柄の一角が買われたほか、ハイテク株が買い直され、ダウ...
テスラ、2年ぶり株式分割表明 株価は一時9%高(写真=AP)
【シリコンバレー=白石武志】米テスラは28日、2022年内に株式分割を実施する計画を表明した。株式分割は理論的には株価に中立とされるが、同社が20年8月に1株を5株に分割すると発表した直後に株価は急騰した。約2年ぶりとなる今回の発表も買い材料視され、28日の米国市場で同社株は前週末終値に比べ一時9%上昇した。テスラは2...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで高く始まり、昨日の下げ分を取り返す水準でのもみ合いとなりましたが、大引けでまとまった買いが入り高値引けとなりました。

  • 円安メリットのある自動車など輸出関連に買い
  • 昨晩のNASDAQの大幅反発を受けハイテク株に買い
  • 今日は権利付き最終売買日で配当の再投資に期待した買い

今日はドル円が123円台で落ち着いていましたね。

日経平均 28,252.42 +308.53 (+1.10%)
TOPIX 1,991.66 +18.29 (+0.93%)
JPX日経400 17,984.36 +170.41 (+0.96%)
JASDAQ平均 3,664.56 +21.41 (+0.59%)
マザーズ指数 759.64 +27.06 (+3.69%)
日経平均反発、終値308円高の2万8252円
29日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日に比べ308円53銭(1.10%)高の2万8252円42銭で終えた。きょうの高値で取引を終え、1月18日以来およそ2カ月ぶりの高値となった。米原油先物相場の下落や円安・ドル高基調を材料に朝方から買いが優勢だった。3月期末の配当権利付き最終売買日にあたり、配当再投資に絡んだ...

経済指標

2月 失業率、有効求人倍率

今日の取引時間開始前には2月の失業率、有効求人倍率の発表がありました。

完全失業率は前月比0.1ポイント低下の2.7%となりました。

有効求人倍率は前月比0.01ポイント上昇の1.21倍となりました。

2月求人倍率は1・21倍 失業率2・7%、ともに改善
厚生労働省が29日発表した2月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0・01ポイント上昇の1・21倍で、2カ月連続で改善した。新型コロナウイルスのオミクロン株…

個別材料

エンビプロHD 上方修正、1対2の株式分割、配当の増額を発表し株価ストップ高

資源リサイクルのエンビプロ・ホールディングス<5698>は、3月28日に2022年6月期の通期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では前期比30.7%増としていましたが、今回54%増へと改めました。

また、4月19日を基準日とする1対2の株式分割を発表し、配当予想も従来の年間33円から23円(分割前換算で46円)へと増額しています。

これを受け今日のエンビプロHDの株価はストップ高となりました。

エンビプロHD<5698> 1,986 +400 (+25.22%)
エンビプロHD、22年6月期の純利益54%増 上方修正
資源リサイクル業のエンビプロ・ホールディングス(HD)は28日、2022年6月期の連結純利益が前期比54%増の23億円になりそうだと発表した。従来予想から3億5000万円の上方修正となる。脱炭素化の動きに加えて、ロシア・ウクライナ情勢の悪化で鉄鋼の供給が細ると見込

あすか製薬HD 通期の業績予想の上方修正を発表し株価大幅高

医薬品のあすか製薬ホールディングス<4886>は、3月28日に2022年3月期の通期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では30億円の黒字としていましたが、今回40億円の黒字へと改めました。(今期から持ち株会社となったため前期との単純比較はできない)

これを受け今日のあすか製薬HDの株価は大幅高となりました。

あすか製薬HD<4886> 1,263 +127 (+11.18%)
あすか製薬、純利益40億円に上方修正 22年3月期
あすか製薬ホールディングスは28日、2022年3月期の連結純利益が40億円になる見通しだと発表した。持ち株会社化前の21年3月期比で47%増となり、従来予想から10億円上方修正した。高血圧症治療のジェネリック医薬品(後発薬)や、家畜向けの飼料添加物の販売が想定を上回った。売上高は同3%増の570億円と20億円上方修正し...

ウェルスナビ ロボアドの預かり資産が6500億円を突破したと発表し株価大幅高

ロボアドバイザーの「WealthNavi」を運営しているウェルスナビ<7342>は、預かり資産が6500億円を突破したと3月28日に発表しました。

これを受け今日のウェルスナビの株価は大幅高となりました。

ウェルスナビ<7342> 1,961 +257 (+15.08%)
預かり資産・運用者数 国内No.1ロボアドバイザー(※)「WealthNavi(ウェルスナビ)」が預かり資産6,500億円を突破
ウェルスナビ株式会社のプレスリリース(2022年3月28日 15時30分)預かり資産・運用者数 国内No.1ロボアドバイザー(※)が預かり資産6,500億円を突破

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 3月 消費者信頼感指数

また、以下のような決算発表があります。

  • マイクロン・テクノロジー<MU>

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 2月 小売業販売額

また、取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • クスリのアオキHD<3549>
  • マルマエ<6264>
  • 西松屋チェーン<7545>
タイトルとURLをコピーしました