【3月14日の市況】日経平均反発、オハラ 通期の業績予想の上方修正を発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、以下のような材料で3指数とも続落となりました。

  • ロシアとウクライナの間で停戦交渉が進みそう → 序盤プラス
  • でもロシアの攻撃が拡大しているようだ → マイナス
  • ロシアを最恵国待遇から外す → マイナス
  • 3月のミシガン大学消費者態度指数(下に記載)が市場予想を下回った → マイナス
NYダウ 32,944.19 -229.88 (-0.69%)
NASDAQ 12,843.80 -286.15 (-2.18%)
S&P500 4,204.31 -55.21 (-1.30%)
SOX指数 3,144.15 -66.92 (-2.08%)
NYダウ続落229ドル安 「攻撃拡大」警戒で買い続かず(写真=ロイター)
【NQNニューヨーク=戸部実華】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比229ドル88セント(0.7%)安の3万2944ドル19セントで終えた。ロシアとウクライナの対話が停戦に向け前進しているとの期待から買いが先行したが、ロシア軍の攻撃は拡大しているとの報道も出て買いは続かなかった。米消費者の景況感悪化...
ロシア「最恵国」取り消し、日本も検討 G7制裁強化(写真=AP)
米欧日など主要7カ国(G7)はウクライナ侵攻を続けるロシアとの貿易制限を拡大する。世界貿易機関(WTO)協定に基づく最恵国待遇を取り消し、輸入品に高関税をかける。日本も具体策の検討を進めており、魚介や木材などの関税を上げる可能性がある。ロシアを世界経済から孤立させ、圧力を強める。G7首脳は11日の共同声明に「重要製品に...

経済指標

3月 ミシガン大学消費者態度指数

3月のミシガン大学消費者態度指数は前月比3.1ポイント低下の59.7となり、市場予想を下回りました。

米ミシガン大消費者信頼感、3月は低下 インフレ懸念の高まりで
米ミシガン大学が11日発表した3月の消費者信頼感指数(速報値)は59.7と2月確報値の62.8から低下し、2011年9月以来の低水準となった。ロシアとウクライナの紛争による影響でガソリン価格が過去最高値を付けたことが重しとなり、予想以上の落ち込みとなった。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけが下落して、その他の指数は上昇しました。

日経平均は先週金曜日に500円を超える下げだったこともあり今朝は反発してスタート。

午前9時台前半には468円高まで上げ幅を拡大する場面もありましたが、その後失速して200円高ぐらいの水準でのもみ合いとなりました。

  • ドル円が117円台後半まで一気に円安に進んできた → 自動車など輸出企業にプラス
  • 米10年債利回りが2%台まで上昇してきた → 保険・銀行にプラス
  • 岸田首相がGoToトラベル再開について言及 → 旅行関連にプラス

原油高が落ち着いてきたと思ったら今度は為替が動き始めてしまいました。

日経平均 25,307.85 +145.07 (+0.58%)
TOPIX 1,812.28 +12.74 (+0.71%)
JPX日経400 16,310.52 +96.54 (+0.60%)
JASDAQ平均 3,499.05 +11.24 (+0.32%)
マザーズ指数 670.05 -0.03 (-0.00%)
日経平均反発、終値145円高の2万5307円
14日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前週末比145円07銭(0.58%)高の2万5307円85銭で終えた。前週末の下げで値ごろ感が出たとみられた主力株に買いが入った。外国為替市場で円相場が1ドル=117円台後半まで円安・ドル高となり、輸出採算改善の思惑から自動車や機械など輸出関連株が上昇した。日経平均の上げ幅は...
首相、GoToトラベル「適切な時期に再開」
岸田文雄首相は12日、東日本大震災で被害を受けた岩手、宮城両県を視察した。「GoToトラベル」の再開時期を巡り「適切な時期が来たら迅速に再開できるように政府としても準備は進めていきたい」と述べた。宮城県石巻市で記者団に語った。東京電力福島第1原発の処理水の海洋

個別材料

オハラ 通期の業績予想の上方修正を発表し株価大幅高

光学ガラスのオハラ<5218>は、3月11日に2021年11月~2022年1月期の連結決算を発表しました。

純利益は5億6000万円の黒字となりました。(前年同期は3900万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比4.1%減としていましたが、今回19.8%増へと改めました。

これを受け今日のオハラの株価は大幅高となりました。

オハラ<5218> 1,294 +194 (+17.64%)
オハラの21年11月〜22年1月期、最終損益は5億6000万円の黒字 通期予想を上方修正
オハラが11日発表した2021年11月〜22年1月期の連結決算で、最終損益は5億6000万円の黒字となった。前年同期は3900万円の赤字だった。2022年10月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比19.9%増の17億5000万円を見込む。オハラは光学機器用ガラス・情報機器用ガラス素材メーカー。経常利益は営業外...

ヤーマン 通期の業績予想の上方修正を発表し株価ストップ高

美顔器のヤーマン<6630>は、3月11日に2021年5月~2022年1月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比37.5%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比15.5%増としていましたが、今回32.4%増へと改めました。

これを受け今日のヤーマンの株価はストップ高となりました。

ヤーマン<6630> 1,047 +150 (+16.72%)
ヤーマンの21年5月〜22年1月期、純利益37.5%増 通期予想を上方修正
ヤーマンが11日発表した2021年5月〜22年1月期の連結決算で、純利益は前年同期比37.5%増の42億6400万円となった。2022年4月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比32.5%増の49億3700万円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは41億6500万円だった。ヤーマンは家庭用...

ラクスル 赤字決算が嫌気されたようで株価大幅安

ネット印刷のラクスル<4384>は、3月11日に2021年8月~2022年1月期の単独決算を発表しました。

純利益は7600万円の赤字となりました。(前年同期は1億2400万円の黒字)

ラクスルは第3四半期から連結決算になる予定です。

今日のラクスルの株価は赤字決算が嫌気されたようで大幅安となり、昨年来安値をつけました。

ラクスル<4384> 2,469 -236 (-8.72%)
ラクスルの21年8月〜22年1月期、最終損益は7600万円の赤字 通期予想は非開示
ラクスルが11日発表した2021年8月〜22年1月期の単独決算で、最終損益は7600万円の赤字となった。前年同期は1億2400万円の黒字だった。2022年7月期通期の税引き利益予想は開示していない。経常利益予想も開示していない。ラクスルはインターネットを使って集めた印刷の注文を提携印刷会社に発注し、品物(印刷物)を印刷...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

三井ハイテック

ICリードフレームやモーターコアの三井ハイテック<6966>は、3月14日に2022年1月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比4.5倍となりました。

期末配当は従来予想どおり55円とのことです。(年間では前期比43円の増配)

併せて2023年1月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比27.3%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で65円としています。(前期比1円の増配)

現時点のPTS取引の株価は大幅高となっています。

三井ハイテクの2023年1月期、純利益27.4%増 予想平均上回る
三井ハイテックが14日発表した2022年1月期の連結決算で、純利益は前期比4.5倍の117億7800万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(88億5200万円)を上回った。2023年1月期の純利益は前期比27.4%増の150億円を見込む。QUICKコンセンサスの96億4000万円を上回る。三井ハ...

明日に向けての注目点

米国

米国市場は今週から夏時間になります。(日本時間の22時30分から取引開始)

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • アスクル<2678>
  • パーク24<4666>
タイトルとURLをコピーしました