【2月21日の市況】日経平均続落で2万7千円割れ、ファイズHD 丸和運輸機関からTOBされることになり株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、以下のような材料で3指数とも続落となりました。

  • 北京冬季五輪が2月20日で終了するため、ウクライナ情勢への警戒感が増した
  • 米国は翌日から3連休に入るため、持ち高を減らす動きが出た
NYダウ 34,079.18 -232.85 (-0.68%)
NASDAQ 13,548.06 -168.65 (-1.23%)
S&P500 4,348.87 -31.39 (-0.72%)
SOX指数 3,384.30 -38.30 (-1.12%)
NYダウ続落232ドル安 ウクライナ情勢を警戒(写真=ロイター)
【NQNニューヨーク=戸部実華】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比232ドル85セント(0.7%)安の3万4079ドル18セントで終えた。ウクライナ情勢を巡る警戒が続き、株式相場の重荷となった。米国は3連休となる週末を控えていたことも、運用リスクを取りにくい地合いにつながった。ロシアは18日、...

経済指標

1月 中古住宅販売件数

1月の中古住宅販売件数は前月比6.7%増となり、市場予想を上回りました。

1月の米中古住宅販売、6.7%増 金利上昇前の駆け込み(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】全米不動産協会(NAR)が18日発表した1月の中古住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は650万戸で、前月から6.7%増えた。2カ月ぶりの増加で、21年1月以来1年ぶりの高水準となった。1.3%程度の減少を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測に反して大幅に増加した。ただし、前年同月比では2...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが続落となりました。

先週末の米国市場の引け後にバイデン米大統領がプーチン氏がウクライナ侵攻を決断したと確信していると述べたことを受け、今朝の日経平均は2万7千円を割り込んだ大幅安で始まり、午前9時半前に573円安まで下げましたが、そのすぐあとに今度は米ロの首脳会談の開催が決まったと伝わり急速に下げ幅を縮小。

その後は200円安ぐらいの水準でのもみ合いとなりました。

マザーズ指数の終値がついに700ポイントを割ってきました。

今日はWTI原油先物が89ドル台まで下がってきたのぉ。

日経平均 26,910.87 -211.20 (-0.78%)
TOPIX 1,910.68 -13.63 (-0.71%)
JPX日経400 17,220.34 -116.37 (-0.67%)
JASDAQ平均 3,572.49 -23.96 (-0.67%)
マザーズ指数 688.99 -19.82 (-2.80%)
日経平均3日続落、211円安 米ロ首脳会談報道で下げ縮小
21日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前週末比211円20銭(0.78%)安の2万6910円87銭で終えた。ウクライナ情勢が緊迫化しているとの見方から運用リスクを回避する投資家の売りが優勢だった。下げ幅は一時570円を超えた。午前に「米ホワイトハウスはバイデン大統領がプーチン・ロシア大統領との首脳会談を原則と...
米大統領「プーチン氏がウクライナ侵攻決断と確信」(写真=ロイター)
【ワシントン=坂口幸裕】バイデン米大統領は18日、ホワイトハウスで緊迫するウクライナ情勢について演説した。ロシアのプーチン大統領がウクライナへの侵攻を決めたかどうかを記者団に問われ「現時点で彼が決断したと確信している」と述べた。一方で「ロシアはまだ外交を選択できる。緊張緩和のため交渉のテーブルに戻るのは今からでも遅くな...
米、ロシアとの首脳会談受け入れ 「侵攻せず」条件(写真=ロイター)
【ワシントン=坂口幸裕】米ホワイトハウスは20日、緊迫するウクライナ情勢を巡り、バイデン大統領がプーチン・ロシア大統領との首脳会談を原則として受け入れたと発表した。ロシアがウクライナ侵攻に踏み切らないとの条件付きで、24日の米ロ外相会談で調整する。フランス大統領府も、マクロン大統領がバイデン氏、プーチン氏とそれぞれ電話...

経済指標

1月 コンビニ売上高

今日の午後の取引時間中には1月のコンビニ売上高の発表があり、既存店売上高は前年同月比2.1%増となりました。

1月のコンビニ売上高、前年同月比2・1%増…来店客数は半年ぶりの増 : 経済 : ニュース
日本フランチャイズチェーン協会が21日発表した1月の全国コンビニ売上高(既存店ベース)は前年同月比2・1%増の8378億円だった。前年を上回るのは2か月連続。一部で緊急事態宣言が発令された昨年1月からの反動で、来店客数

個別材料

ファイズHD 丸和運輸機関からTOBされることになり株価大幅高

桃太郎便など物流の丸和運輸機関<9090>は、EC向け庫内作業代行などのファイズホールディングス<9325>の株式60%の取得を目指してTOBを実施すると2月18日に発表しました。

TOB価格は670円、期間は今日~2022年3月22日としています。

これを受け今日のファイズHDの株価は大幅高となりました。

ファイズHD<9325> 659 +54 (+8.93%)
丸和運輸機関<9090> 1,051 -20 (-1.87%)
ファイズHD---急伸、丸和運輸機関が連結子会社化目指してTOB実施
*13:12JST ファイズHD---急伸、丸和運輸機関が連結子会社化目指してTOB実施 ファイズHDは急伸。丸和運輸機関が1株670円でTOBを実施すると発表、同社ではTOBに対して賛同の意を表明している。買付予定数の上限は所有割合60%となる643万1000株としており、TOB後も丸和運輸機関の連結子会社として上場...

シャープ 堺の液晶工場の完全子会社化を目指すと発表し株価大幅安

液晶パネルや家電のシャープ<6753>は、堺の液晶パネル工場「堺ディスプレイプロダクト(SDP)」の株式を買い戻して完全子会社化を目指すと2月18日に発表しました。

このSDPという会社は直近の2020年度も赤字だったということで、これを取り込むことによる業績の悪化が嫌気され今日のシャープの株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

シャープ<6753> 1,181 -133 (-10.12%)
堺の液晶工場買い戻しへ、シャープ…完全子会社目指す : ニュース : 関西発 : 地域
シャープは18日、テレビ用の液晶パネルを生産する「堺ディスプレイプロダクト(SDP)」(堺市)の株式を買い戻し、完全子会社化を目指すと発表した。シャープは20%を保有しており、残り80%を海外の投資ファンドから買い取る

大幸薬品 クレベリンが売れなくて前期は95億円の赤字となり株価大幅安

大幸薬品<4574>は2月18日に2021年12月期の連結決算を発表しました。

純利益は95億9400万円の赤字となりました。(前期は38億5100万円の黒字)

期末配当は従来予想通りゼロ円とのことです。

2022年12月期の業績予想は未定としています。

これを受け今日の大幸薬品の株価は大幅安となりました。

せっかく新しい工場を建てたのにクレベリンが売れなくなって、在庫が過剰になったのだそうです。

大幸薬品<4574> 601 -60 (-9.08%)
大幸薬品の最終赤字95億円 クレベリン不振、21年12月期
大幸薬品が18日発表した2021年12月期の連結決算は、最終損益が95億円の赤字だった。新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中で、主力製品「クレベリン」の販売が計画を大きく下回った。棚卸し資産評価損などクレベリン関連で約61億円の損失を計上したことも響いた。決算期変更した前の期は実質9カ月決算で、38億円の最終黒字だ...

明日に向けての注目点

米国

今晩の米国市場は休場(プレジデント・デー)です。

国内

明日の午後の取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 1月 全国スーパー売上高
タイトルとURLをコピーしました