【2月18日の市況】日経平均続落、トレンドマイクロ 今期の減益予想が嫌気されたようで株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅安となりました。

バイデン大統領が数日内にもロシアがウクライナに侵攻するおそれがあるとの認識を示したことで、幅広い銘柄に売りが出ました。

個別では前日引け後に決算を発表したエヌビディア<NVDA>が大幅安となりました。

NYダウは下げ幅、下げ率とも今年最大となりました。

NYダウ 34,312.03 -622.24 (-1.78%)
NASDAQ 13,716.71 -407.37 (-2.88%)
S&P500 4,380.26 -94.75 (-2.12%)
SOX指数 3,422.60 -133.09 (-3.74%)
エヌビディア<NVDA> 245.07 -20.04 (-7.56%)
NYダウ622ドル安 ウクライナ情勢警戒、今年最大の下げ
【NQNニューヨーク=川上純平】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比622ドル24セント(1.8%)安の3万4312ドル03セントで終えた。下落額、下落率とも今年最大。バイデン米大統領が17日、記者団にロシアがウクライナに侵攻する可能性が「非常に高い」と述べた。ロシアと欧米の対立が激化するとの見方が...
米大統領、ロシア「数日内に侵攻も」 偽装工作も展開(写真=ロイター)
【ワシントン=坂口幸裕】バイデン米大統領は17日、ホワイトハウスで記者団にロシアが侵攻する可能性が「非常に高い」と述べた。ウクライナ国境付近でのロシアの動向について「軍部隊を撤収させておらず、より多くの軍を投入している。攻撃するためにウクライナに入る準備をしている」と語った。数日内に侵攻するおそれがあるとの認識も示した...
エヌビディア、純利益2倍 ゲーム商戦・クラウドで弾み
【シリコンバレー=佐藤浩実】米エヌビディアが16日発表した2021年11月~22年1月期決算は、純利益が前年同期比2.1倍の30億300万ドル(約3470億円)だった。年末商戦でゲーム用GPU(画像処理半導体)の需要が膨らんだほか、クラウド事業者を中心にデータセンターでの採用も進んだ。売上高は53%増の76億4300万...

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

前週分の新規失業保険申請件数は24万8000件となり、市場予想より悪い結果となりました。

米失業保険申請、24.8万件 4週ぶり増加(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が17日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、6~12日の週間の新規失業保険申請件数は24万8000件で、前週の改定値から2万3000件増えた。増加は4週ぶり

1月 住宅着工件数

1月の住宅着工件数は前月比4.1%減となり、市場予想を下回りました。

1月の米住宅着工、4.1%減 4カ月ぶりマイナス(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が17日発表した1月の住宅着工件数は163万8000戸(季節調整済み、年率換算)で、前月の改定値から4.1%減った。4カ月ぶりの減少で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(169万戸程度)に届かなかった。ただし、前年同月比では0.8%増えた。主力の一戸建てが111万6000戸で前月比5.6...

2月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

2月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は前月比7.2ポイント低下の16.0となり、市場予想を下回りました。

2月のフィラデルフィア製造業景況感、7.2ポイント低下(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米フィラデルフィア連邦準備銀行が17日発表した2月の製造業景況指数は16.0で前月から7.2ポイント低下した。2カ月ぶりの低下で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(19程度)を下回った。同調査は管轄地区内の約120の製造業者が対象で、前の月より景況感が「改善した」との回答の比率が「悪化した」との...

決算発表(朝)

ウォルマート<WMT>

ウォルマート<WMT> 138.88 +5.35 (+4.01%)
ウォルマートの11~1月、売上高0.5%増 ECの伸び減速(写真=AP)
【ニューヨーク=白岩ひおな】米小売り大手ウォルマートが17日発表した2021年11~22年1月期決算は、売上高が前年同期比0.5%増の1528億7100万ドル(約17兆6000億円)で市場予想(1515億3000万ドル)を上回った。生活必需品のコスト上昇が続くなか、傘下の会員制量販店を中心に売り上げを維持した。純利益は...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが続落となりました。

日経平均は昨晩の米国市場の大幅安の流れを引き継いで2万7千円を割り込んだ水準で始まりましたが、午前10時半過ぎにブリンケン米国務長官がロシアのラブロフ外相と来週にも会談すると伝わると下げ幅を一気に縮小。

その後は最近居心地のいい27100~27200円の水準での値動きとなりました。

  • WTI原油先物が91ドル台で落ち着いてきた → 鉱業・石油にマイナス
  • 米10年債利回りが1.98%台で落ち着いてきた → 銀行などにマイナス
  • ドル円は一時115円台前半で落ち着いてきた

とりあえず来週の中盤ぐらいまではウクライナ情勢が落ち着くということでしょうか?

マザーズ指数は一時700ポイントを下回る場面がありましたが、なんとか持ち直したのぉ。

日経平均 27,122.07 -110.80 (-0.41%)
TOPIX 1,924.31 -6.93 (-0.36%)
JPX日経400 17,336.71 -68.42 (-0.39%)
JASDAQ平均 3,596.45 -1.03 (-0.03%)
マザーズ指数 708.81 -1.36 (-0.19%)
日経平均続落、終値110円安の2万7122円
18日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比110円80銭(0.41%)安の2万7122円07銭で終えた。ウクライナ情勢を巡る警戒が強まる中、運用リスクを回避したい投資家の売りが優勢だった。取引時間中には短期的に緊張が和らぐとの見方から下げ渋ったものの、週末とあって積極的に買いを入れる動きは限られた。17日にはバ...
米国務長官、ロシア外相との来週の会談要請を受諾
ブリンケン米国務長官は、ロシアがウクライナに侵攻しないことを条件に、ロシアのラブロフ外相による来週の会談要請を受諾した。米国務省が17日、発表した。

経済指標

1月 全国消費者物価指数(CPI)

今日の取引時間開始前には1月の全国消費者物価指数(CPI)の発表があり、生鮮食品を除く総合指数は前年同月比0.2%上昇の100.1となりました。

消費者物価、1月0.2%上昇 食料が押し上げ
総務省が18日発表した1月の消費者物価指数(CPI、2020年=100)は変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が100.1と前年同月に比べて0.2%上昇した。プラスは5カ月連続。原油価格の高騰によるエネルギー品目の価格上昇や、食料の値上げが全体を押し上げた。上昇幅は前月(0.5%)から縮小した。前月までは、20年に政府が...

個別材料

トレンドマイクロ 今期の減益予想が嫌気されたようで株価大幅安

セキュリティソフトのトレンドマイクロ<4704>は、2月17日に2021年12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比42.6%増となりました。

未定としていた期末配当は195円となりました。(年間では前期比42円の増配)

併せて2022年12月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比21.0%減になりそうだとのことです。

配当予想は未定としています。

また、80万株(0.57%)・50億円を上限とする自社株買いを発表。

取得期間は今日~3月31日としています。

今日のトレンドマイクロの株価は今期の減益予想が嫌気されたようで大幅安となりました。

トレンドマイクロ<4704> 5,780 -220 (-3.67%)
トレンドの2022年12月期、純利益21%減 予想平均下回る
トレンドマイクロが17日発表した2021年12月期の連結決算で、純利益は前期比42.6%増の383億6700万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(351億3900万円)を上回った。2022年12月期の純利益は前期比21%減の303億円を見込む。QUICKコンセンサスの332億9000万円を下回...

日東電工 紙おむつなどの材料事業を買収すると発表するも株価大幅安

テープやフイルムの日東電工<6988>は、英国の製紙大手から紙おむつなどの材料事業を買収すると2月17日に発表しました。

これがあまり評価されなかったようで、今日の日東電工の株価は大幅安となりました。

日東電工<6988> 8,350 -260 (-3.02%)
日東電工、英社おむつ材料事業買収 過去最大800億円で
日東電工は17日、英製紙大手のモンディから紙おむつや生理用品の材料事業を買収すると発表した。買収額は約6億ユーロ(約800億円)で、同社として過去最大の規模となる。欧州を中心に衛生用品材料を拡販し、現在主力のディスプレー材料への依存から脱却を図る。年内にモンディから同事業を手がけるドイツや中国、米国に拠点を置く4会社を...

ジーダット 1対2の株式分割と配当予想の増額を発表し株価ストップ高

CADソフトのジーダット<3841>は3月31日を基準日とする1対2の株式分割と、期末配当を20円から40円(普通配30円+記念配当10円)へと20円増額することを2月17日に発表しました。

これを受け今日のジーダットの株価はストップ高となりました。

ジーダット<3841> 1,603 +300 (+23.02%)
ジーダットがS高カイ気配、1株から2株への株式分割と配当予想の増額修正を好感(ジーダット) 2022年02月18日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2022/02/18 - ジーダット(3841) の関連ニュース。 ジーダット<3841.T>がストップ高の1603円水準でカイ気配となっている。17日の取引終了後、3月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表したことが好感されている。投資単位当たりの金額を引き下げることで、株式の流動性の向上と投...

来週に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 1月 中古住宅販売件数

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

2月21日(月) 日本 1月 コンビニ売上高
米国 休場(プレジデント・デー)
2月22日(火) 日本 1月 全国スーパー売上高
米国 2月 製造業PMI、非製造業PMI
2月 消費者信頼感指数
2月23日(水) 日本 休場(天皇誕生日)
2月24日(木) 日本 1月 全国百貨店売上高
米国 前週分の新規失業保険申請件数
1月 新築住宅販売件数
2月25日(金) 日本 2月 東京都区部消費者物価指数(CPI)
米国 1月 個人所得、個人消費支出
1月 耐久財受注
タイトルとURLをコピーしました