【2月16日の市況】日経平均大幅反発で2万7千円台回復、ブリヂストン 2500万株の自社株買いを発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅反発となりました。

ロシア軍の一部が演習を終えてウクライナ国境付近から撤収するとの発表を受け、幅広い銘柄が買い直されました。

NYダウ 34,988.84 +422.67 (+1.22%)
NASDAQ 14,139.75 +348.83 (+2.53%)
S&P500 4,471.07 +69.40 (+1.58%)
SOX指数 3,554.45 +184.25 (+5.47%)
NYダウ反発、422ドル高 ウクライナの緊張緩和期待(写真=ロイター)
【NQNニューヨーク=古江敦子】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比422ドル67セント(1.2%)高の3万4988ドル84セントで終えた。ロシアがウクライナ国境付近からの軍隊の一部撤収を発表した。地政学リスクの後退で投資家心理が改善し、幅広い銘柄に押し目買いが入った。ロシア国防省は1...
ロシア軍、国境から一部撤収と発表 ウクライナ外相は懐疑的
ロシア国防省は15日、ウクライナとの国境付近での軍事演習を終えた軍の一部部隊が基地に帰還しつつあると明らかにした。ウクライナのクレバ外相は、ロシア軍の撤収を目で確認するまで緊張緩和を確信しないと述べた。

経済指標

1月 卸売物価指数(PPI)

1月の卸売物価指数(PPI)は前年同月比9.7%の上昇となり、市場予想を上回りました。

1月の米卸売物価、9.7%上昇 前月比は伸び加速(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が15日発表した1月の卸売物価(最終需要向け製品およびサービス、2009年11月=100)は前年同月比9.7%上昇した。伸びは前月の9.8%(改定値)から0.1ポイント鈍化したが、強い上昇が続いた。前月比ベースでは1.0%上昇し、前月の0.4%(改定値)から加速した。ダウ・ジョーンズまと...

2月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

2月のニューヨーク連銀製造業景気指数は前月比3.8ポイント上昇の3.1となり、市場予想を下回りました。

NY連銀製造業景況指数、2月はやや改善-販売価格は過去最高
2月のニューヨーク連銀製造業景況指数は前月からやや改善したものの、市場予想を下回った。販売価格の指数は過去最高に上昇した。

決算発表(夕)

エアビーアンドビー<ABNB>

Airbnb、10~12月売上高78%増 長期滞在増える(写真=ロイター)
【シリコンバレー=奥平和行】民泊仲介大手の米エアビーアンドビーが15日に発表した2021年10~12月期決算は、売上高が前年同期比78%増の15億3219万ドル(約1770億円)、最終損益が5450万ドルの黒字(前年同期は38億8785万ドルの赤字)だった。旅行需要の回復に加え、在宅勤務の定着により長期滞在が増えた追い...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

日経平均は昨晩の欧米市場の大幅高の流れを引き継いで高く始まり、その後高値圏での横ばいとなりました。

  • WTI原油先物が92ドル台まで低下してきた → 鉱業・石油にマイナス、ゴム・海運・空運にプラス
  • 昨晩のNASDAQやSOX指数が大幅に上昇 → 半導体関連にプラス
  • 米10年債利回り2.0%台まで上昇してきた → 保険・銀行にプラス

原油が下がってくれたのはありがたいですね。

日経平均 27,460.40 +595.21 (+2.22%)
TOPIX 1,946.63 +31.93 (+1.67%)
JPX日経400 17,534.84 +304.48 (+1.77%)
JASDAQ平均 3,610.08 +13.95 (+0.39%)
マザーズ指数 734.68 +8.23 (+1.13%)
日経平均3日ぶり反発 終値595円高の2万7460円
16日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前日比595円21銭(2.22%)高の2万7460円40銭で終えた。ウクライナ国境近くでの演習を終えて軍部隊の一部を撤収させたとのロシアの発表について、ウクライナ情勢を巡る過度な警戒感が後退したと受け止めた短期筋の買いが優勢だった。主力の値がさ株や半導体関連など...

経済指標

中国の1月 消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)

午前の取引時間中には中国の1月の消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)の発表がありました。

消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.9%の上昇となり、市場予想を下回りました。

生産者物価指数(PPI)は前年同月比9.1%の上昇となり、市場予想を下回りました。

中国PPI・CPI、1月はともに伸び鈍化 政策に緩和余地
中国国家統計局が16日に発表した1月の生産者物価指数(PPI)は前年比9.1%上昇と、伸び率は市場予想の9.5%、12月の10.3%を下回り、7月以来の低水準を記録した。原材料コスト抑制に向けた政府措置が圧迫要因となった。

個別材料

ブリヂストン 2500万株の自社株買いを発表し株価大幅高

タイヤのブリヂストン<5108>は、2月15日に2021年12月期の連結決算を発表しました。

純利益は3940億3700万円の黒字となりました。(前期は233億100万円の赤字)

期末配当は従来予想どおりの85円とのことです。(年間では前期比60円の増配)

併せて2022年12月期の通期の業績予想を部分的に発表。

純利益は前期比28.9%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で170円としています。(前期と同額)

また、2500万株(3.5%)・1000億円を上限とする自社株買いを発表。

取得期間は2月17日~12月13日としています。

これを受け今日のブリヂストンの株価は大幅高となりました。

ブリヂストン<5108> 5,263 +362 (+7.39%)
ブリヂストンの2022年12月期、純利益28.9%減 予想平均下回る
ブリヂストンが15日発表した2021年12月期の連結決算(国際会計基準)で、最終損益は3940億3700万円の黒字となった。前期は233億100万円の赤字だった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(3200億7500万円)を上回った。2022年12月期の純利益は前期比28.9%減の2800億円を見込む。Q...

アサヒGHD 生産・物流拠点の再編計画が好感されたようで株価大幅高

ビールなどのアサヒグループホールディングス<2502>は、2月15日に2021年12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比65.4%増となりました。

期末配当は従来予想どおりの55円としています。(年間では前期比3円の増配)

併せて2022年12月期の通期の業績予想を発表。

純利益は前期比4.6%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で111円としています。(前期比2円の増配)

また、生産・物流拠点の再編計画も発表し、アサヒビールの神奈川工場、四国工場の操業を2023年1月で終了するとのことです。

これを受け今日のアサヒGHDの株価は大幅高となりました。

アサヒGDH<2502> 5,112 +239 (+4.90%)
アサヒGHD、神奈川・四国2工場閉鎖 ビール需要減で
アサヒグループホールディングス(GHD)は15日、傘下のアサヒビールの神奈川工場(神奈川県南足柄市)と四国工場(愛媛県西条市)の操業を2023年1月に終えると発表した。ビールの需要減少に伴い生産量を減らす。2工場の従業員137人はグループ内の配置転換や再就職支援などを実施する。ビール需要の低下をうけてノンアルコール飲料...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 1月 小売売上高
  • 1月 鉱工業生産
  • FOMC議事要旨(1/25,26分)

また、以下のような決算発表があります。

  • ショッピファイ<SHOP>
  • アプライド・マテリアルズ<AMAT>
  • シスコシステムズ<CSCO>
  • エヌビディア<NVDA> ← 要チェック

国内

1月 訪日外国人客数

【図解】訪日外国人数、1月は1.8万人、変異株の拡大防止措置で -日本政府観光局(速報)
JNTOによると2022年1月の訪日外国人旅行者数は1万7800人。

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 1月 貿易統計(通関ベース)
  • 12月 機械受注
タイトルとURLをコピーしました