【1月25日の市況】日経平均大幅反落、共立印刷 通期の業績予想の上方修正を発表して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも反発しました。

今晩から始まるFOMCやウクライナ情勢の悪化に対する警戒からNYダウは一時1100ドルを超える下げ幅になる場面がありましたが、その後押し目買いが入ったようで引けにかけてはプラスに転じました。

夜中に目が覚めてNYダウを見たらえらいことになってたんですが、朝起きたら戻ってるという…。

日足の下ひげがとんでもなく長いのぉ。

NYダウ 34,364.50 +99.13 (+0.29%)
NASDAQ 13,855.12 +86.20 (+0.63%)
S&P500 4,410.13 +12.19 (+0.28%)
SOX指数 3,479.95 +45.16 (1.31%)
NYダウ乱高下、FRB・ウクライナ警戒で一時1100ドル安(写真=AP)
【ニューヨーク=宮本岳則】24日の米株式市場は値動きの荒い展開となった。ダウ工業株30種平均の下げ幅は一時1100ドルを超えたが、午後から買い戻しが優勢となり、前週末比プラスで終えた。米連邦準備理事会(FRB)による金融政策の正常化やウクライナ情勢の緊迫が警戒されている。長期投資家が様子見姿勢を強めるなか、投機筋の短期...

経済指標

1月 製造業PMI、非製造業PMI

1月の製造業PMIは前月比2.7ポイント低下の55.0となり、市場予想を下回りました。

1月の非製造業PMIは前月比6.7ポイント低下の50.9となり、市場予想を下回りました。

米PMI、1月は50.8に低下 オミクロン禍で20年7月以来の低水準
IHSマークイットが24日に発表した1月の米総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は50.8と、前月の57.0から低下し、2020年7月以来の低水準となった。需要は堅調さを維持したものの、新型コロナウイルス感染再拡大で人手不足が悪化したことなどが重しになった。

決算発表(夕)

IBM<IBM>

米IBM、10~12月6%増収 クラウドがけん引(写真=ロイター)
【ニューヨーク=白岩ひおな】米IBMが24日発表した2021年10~12月期決算は売上高が前年同期比6%増の166億9500万ドル(約1兆9000億円)だった。市場予想の159億6000万ドルを上回った。サービス部門の一部分社化に加え、クラウドや企業向けのコンサルティング部門の成長がけん引した。純利益は72%増の23億...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが大幅に下落しました。

日経平均は米国のFOMCとウクライナ情勢への警戒から安く始まり、午後2時頃まで下落基調を続け昨年8月の安値26954円を割り込んで昨年来安値をつける場面がありましたが、その後はいくらか下げ幅を縮めました。

今日は前引け段階でTOPIXの下げ率が2.03%となり、日銀のETF買いが701億円入りました。

ここのところ日経平均は底堅い印象で、2万7千円は割らなさそうと勝手に思っていたのですが、全然そんなことはありませんでした。

米株指数先物が下落基調で今晩もどうなるかわからんのぉ。

日経平均 27,131.34 -457.03 (-1.66%)
TOPIX 1,896.62 -33.25 (-1.72%)
JPX日経400 17,107.85 -294.53 (-1.69%)
JASDAQ平均 3,607.50 -55.15 (-1.51%)
マザーズ指数 772.14 -39.25 (-4.84%)
日経平均反落、終値は457円安 米金融政策で警戒感
25日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、前日比457円03銭(1・66%)安の2万7131円34銭で終えた。2021年8月20日以来、約5カ月ぶりの安値となった。米金融政策の早期正常化への警戒やウクライナ情勢の緊迫化で、投資家のリスクを回避する姿勢が一段と強まった。米連邦公開市場委員会(FOMC)や主要企業の...

経済指標

12月 全国スーパー売上高

12月の全国スーパー売上高は前年同月比1.7%増となりました。

全国のスーパー売上高、昨年2・3%増…コロナ禍で食料品売り上げ好調続く : 経済 : ニュース
日本チェーンストア協会が25日発表した2021年の全国スーパー売上高は13兆2134億円で、既存店ベースで前年比2・3%増となり、2年連続で前年を上回った。コロナ禍で自宅で食事をする生活スタイルが定着し、食料品の売り上

12月 全国百貨店売上高

12月の全国百貨店売上高は前年同月比8.8%増となりました。

12月全国百貨店売上高は前年比8.8%増、3カ月連続プラス
日本百貨店協会が25日発表した12月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比8.8%増の5920億円と、3か月連続プラスになった。

個別材料 

共立印刷 通期の業績予想の上方修正を発表して株価大幅高

商業印刷や出版印刷の共立印刷<7838>は、1月24日に2022年3月期の通期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では5億8000万円の黒字としていましたが、今回7億3000万円の黒字へと改めました。(前期は16億4500万円の赤字)

これを受け今日の共立印刷の株価は大幅高となりました。

共立印刷<7838> 149 +12 (+8.76%)
共立印刷、通期の純利益予想を上方修正 5億8000万円から7億3000万円に
共立印刷は24日、2022年3月期の最終損益が7億3000万円の黒字(前期は16億4500万円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想の5億8000万円の黒字から上方修正した。営業利益は前期比91.8%増の14億円(従来予想は前期比64.4%増の12億円)、経常利益は同2.3倍の12億5000万円(従来予想は同81....

日本電産 永守会長が関社長に失望感との報道で株価大幅安

モーターの日本電産<6594>の永守会長が、昨年日産自動車<7201>から引き抜いてきて入社させた関社長に対して失望感を強めているという報道が今日ありました。

これを受け今日の日本電産の株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

日本電産<6594> 10,545 -490 (-4.44%)
日本電産永守会長が関社長に失望感、車載事業で陣頭指揮-関係者
日本電産創業者の永守重信会長が、最高経営責任者(CEO)を譲った日産自動車出身の関潤社長に対する失望感を強めている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

オイシックス 新物流センターでトラブルが発生し株価大幅安

食材の宅配をしているオイシックス・ラ・大地<3182>は、新物流センターへの移転時のトラブルにより顧客への欠品、配送遅延・見送りが発生していると1月24日に発表しました。

これを受け今日のオイシックスの株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

オイシックス<3182> 2,277 -251 (-9.93%)
オイシックス大幅続落、新物流センターの移転時トラブル発生(オイシックス) 2022年01月25日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2022/01/25 - オイシックス(3182) の関連ニュース。 オイシックス・ラ・大地<3182.T>が大幅に3日続落し、昨年来安値を更新した。同社は24日取引終了後に、新物流センター「OisixNew海老名ステーション」での移転時トラブルで、「Oisix」及び同センターから出荷を予定していた「ISE...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ディスコ

半導体装置のディスコ<6146>は、1月25日に2021年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比77.6%増となりました。

併せてこれまで開示していなかった通期の業績予想を発表。

純利益は前期比54%増になりそうだとのことです。

また、未定としていた期末配当予想を518円としています。(年間では前期比40円の増配)

ディスコの21年4~12月期、純利益77.6%増
ディスコが25日発表した2021年4~12月期の連結決算で、純利益は前年同期比77.6%増の455億900万円となった。2022年3月期通期の純利益は前期比54%増の602億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは594億8800万円だった。ディスコは半導体の製造工程で用いられるシリコン・ウェーハ...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 1月 消費者信頼感指数

また、以下のような決算発表があります。

  • ゼネラル・エレクトリック<GE>
  • アメリカン・エキスプレス<AXP>
  • スリーエム<MMM>
  • ベライゾン・コミュニケーション<VZ>
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン<JNJ>
  • マイクロソフト<MSFT> ← 要チェック
  • テキサス・インスツルメンツ<TXN>

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • サイバーエージェント<4751>
  • 日本電産<6594> ← 要チェック
  • 富士通ゼネラル<6755>
  • ファナック<6954> ← 要チェック
  • 日東電工<6988>
  • カプコン<9697>
タイトルとURLをコピーしました