【1月21日の市況】日経平均反落、ミツウロコGHD 通期の業績予想の下方修正を発表し株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも続落となりました。

この日は3指数とも終盤までプラス圏で推移していましたが、引けにかけて急速に下げました。

NASDAQは1月18日から200日移動平均線割れが続き、この日はNYダウも200日移動平均線を割り込んでしまいました。

米国でのSQに当たる今晩落ち着くか、それとも来週のFOMCまで下げ続けるか、どっちじゃろうのぉ。

NYダウ 34,715.39 -313.26 (-0.89%)
NASDAQ 14,154.02 -186.23 (-1.30%)
S&P500 4,482.73 -50.03 (-1.10%)
SOX指数 3,494.75 -117.44 (-3.25%)
NYダウ続落、313ドル安 ナスダックは7カ月ぶり安値(写真=ロイター)
【NQNニューヨーク=川上純平】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落し、前日比313ドル26セント(0.9%)安の3万4715ドル39セントで終えた。米長期金利の上昇一服を背景に、ハイテク株などには買いが先行した。買い一巡後は景気敏感株を中心に売りが膨らみ下落に転じた。取引終了にかけて売りが強まり、下げ幅...

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

前週分の新規失業保険申請件数は28万6000件となり、市場予想よりも悪い結果となりました。

米失業保険申請、28万6000件 3週連続で増加(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が20日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、9~15日の週間の新規失業保険申請件数は28万6000件で前週の改定値から5万5000件増えた。3週連続の増加で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(22万5000件程度)を大きく上回った。年末

1月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

1月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は前月比7.8ポイント上昇の23.2となり、市場予想を上回りました。

1月のフィラデルフィア製造業景況感、7.8ポイント上昇 (写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米フィラデルフィア連邦準備銀行が20日発表した1月の製造業景況指数は23.2で、前月から7.8ポイント上昇した。2カ月ぶりの上昇で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(18.5程度)を上回った。同調査は管轄地区内の約120の製造業者が対象で、前の月より景況感が「改善した」との回答の比率が「悪化した...

12月 中古住宅販売件数

12月の中古住宅販売件数は前月比4.6%減となり、市場予想を下回りました。

21年の米中古住宅販売、8.5%増 15年ぶり高水準(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】全米不動産協会(NAR)が20日発表した2021年通年の中古住宅販売件数は612万戸で、前年比8.5%増え、06年以来15年ぶりの高水準となった。コロナ危機に伴う住み替え需要に低い住宅ローン金利が追い風となり、住宅市場の活況が続いた。ただし12月単月は、618万戸(季節調整済み、年率換算)で前月...

決算発表(夕)

ネットフリックス<NFLX>

今後の会員増の見通しが市場予想に届かず、時間外の株価が2割下落しています。

Netflix株急落 会員増、10〜12月820万人も予想届かず
【シリコンバレー=佐藤浩実】米ネットフリックスが20日発表した2021年10〜12月期決算は売上高が前年同期比16%増の77億931万ドル(約8800億円)となり、四半期ベースで過去最高を更新した。純利益は同12%増の6億742万ドル。3カ月間の会員の純増数は4四半期ぶりに800万人を超えたが会社予想に届かず、先行きへ...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反落しました。

日経平均は昨晩の米国市場の引け際の下落の流れを引き継いで大きく下げて始まり、午前9時45分頃には643円安まで下げ幅を拡げる場面がありましたが、その後は落ち着きを取り戻していきました。

NASDAQやSOX指数の大幅安を受け半導体関連などハイテク株が売られました。

東京エレクトロン<8035>は1銘柄で日経平均を133円押し下げました。

昨日まで結構下げた東証REIT指数は、今日は大幅反発したのぉ。

今日は為替なども割と大きく動きました。

  • 米10年債利回りが1.7%台後半まで下落してきた
  • ドル円が113円台後半まで円高に進んできた
  • WTI原油先物が84ドル台まで下落してきた
日経平均 27,522.26 -250.67 (-0.90%)
TOPIX 1,927.18  -11.35 (-0.59%) 
JPX日経400 17,377.93  -108.39 (-0.62%) 
JASDAQ平均 3,664.02  -21.48 (-0.58%) 
マザーズ指数 812.76  -12.24 (-1.48%) 
東証REIT指数 1,881.27 +42.18 (+2.29%)
東京エレクトロン<8035> 57,510 -3,800 (-6.20%)
日経平均終値、250円安の2万7522円
21日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比250円67銭(0.90%)安の2万7522円26銭で終えた。前日の米株式市場で主要3指数がそろって下落した。東京市場でも運用リスクを回避したい投資家の売りが出た。午前には日経平均の下げ幅が600円を超える場面があった。米国ではインフレが進む中で金融政策を巡る不透明感が...

経済指標

12月 全国消費者物価指数(CPI)

今日の取引時間開始前には12月の全国消費者物価指数(CPI)の発表がありました。

生鮮食品を除く総合指数は前年同月比0.5%上昇の100.0となり、市場予想を少し下回りました。

12月の消費者物価0.5%上昇 「携帯」除けば2%迫る
総務省が21日発表した2021年12月の消費者物価指数(CPI、2020年=100)は変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が100.0となり、前年同月比で0.5%上昇した。4カ月連続でプラスとなった。電気代などエネルギー関連の品目で値上げが続き、全体を押し上げた。12月分は携帯電話料金の値下げが指数を1.48ポイント押し...
21年12月の全国消費者物価、4カ月連続上昇 エネルギー高騰が押し上げに寄与
総務省が21日発表した2021年12月の全国消費者物価指数(CPI、2020年=100)は、生鮮食品を除く総合指数が100.0と前年同月比0.5%上昇した。上昇は4カ月連続。原油など資源価格の高騰を背景にエネルギーの上昇が加速し、CPIを押し上げた。一方、QUICKがまとめた市場予想の中央値(0.6%上昇)は下回った。...

個別材料 

ミツウロコGHD 通期の業績予想の下方修正を発表し株価大幅安

燃料商社のミツウロコグループホールディングスは、1月20日に2022年3月期の通期の業績予想の下方修正を発表しました。

純利益は従来予想では前期比10%増としていましたが、今回93%減へと改めました。

これを受け今日のミツウロコGHDの株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

ミツウロコGHD<8131> 1,026 -89 (-7.98%)
ミツウロコGの22年3月期、一転最終減益 燃料価格高騰
ミツウロコグループホールディングスは20日、2022年3月期の連結純利益が前期比93%減の2億4000万円になりそうだと発表した。10%増だった従来予想から一転して大幅減益となる。電力小売り事業で日本卸電力取引所(JEPX)から調達する電力コストが膨らむ。売上高は10%増の2500億円と従来予想を300億円上方修正し、...

大幸薬品 クレベリンについて消費者庁から措置命令を受け株価ストップ安

大幸薬品<4574>はクレベリンの一部の製品が優良誤認に当たるとして消費者庁から措置命令を受けたと1月20日に発表しました。

これを受け今日の大幸薬品の株価はストップ安となり、昨年来安値をつけました。

もう引くに引けないところまで来てしまったのでしょうが、このままだと正露丸のイメージまで悪くなりそうです。

大幸薬品<4574> 592 -100 (-14.45%)
消費者庁、大幸薬品クレベリンに措置命令 景表法違反で
大幸薬品は20日、空間除菌剤「クレベリン」の一部製品について、消費者庁から景品表示法に基づく措置命令を受けたと発表した。同庁は「空間に浮遊するウイルス・菌を除去」といった表示に合理的根拠がなく、優良誤認表示にあたると指摘し、再発防止策の策定を求めた。同社は「極めて遺憾であり、速やかに法的措置を講じる」とした。クレベリン...

ウクライナ情勢への警戒感が高まり防衛株が大幅高

ここのところウクライナ情勢への警戒感が高まっていますが、今晩米ロ外相会談が予定されていることもあり、今日は防衛関連銘柄の株価が大幅高となりました。

最近は北朝鮮が飛翔体を発射してもあまり株価が反応しないことが多いのですが、さすがにこのウクライナの件については無視できないということでしょうか?

石川製作所<6208> 1,422 +71 (+5.26%)
細谷火工<4274> 1,120 +90 (+8.74%)
豊和工業<6203> 766 +17 (+2.27%)
ロシアがウクライナ越境なら「侵攻」、バイデン大統領改めて表明
バイデン米大統領は20日、ロシアの軍部隊が国境を超えてウクライナに入れば「侵攻とみなすことをプーチン大統領に明確にする」と表明した。

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

東京製鐵

鉄鋼の東京製鐵<5423>は、1月21日に2021年4~12月期の単独決算を発表しました。

純利益は前年同期比5倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比4.7倍としていましたが、今回4.9倍へと改めました。

また、240万株(2.04%)・30億円を上限する自社株買いを発表。

取得期間は1月24日~9月30日としています。

現時点のPTS取引の株価は大幅高となっています。

東京製鉄の21年4~12月期、税引き利益5倍 通期予想を上方修正
東京製鐵が21日発表した2021年4~12月期の単独決算で、税引き利益は前年同期比5倍の210億6600万円となった。2022年3月期通期の税引き利益予想は引き上げた。税引き利益は前期比4.9倍の290億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは276億7000万円だった。東京製鉄は鉄スクラップを原...

来週に向けての注目点

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

1月24日(月) 米国 1月 製造業PMI、非製造業PMI
1月25日(火) 日本 12月 全国スーパー売上高
12月 全国百貨店売上高
米国 1月 消費者信頼感指数
1月26日(水) 米国 12月 新築住宅販売件数
FOMC結果発表
1月27日(木) 米国 前週分の新規失業保険申請件数
4Q GDP
12月 耐久財受注
1月28日(金) 日本 1月 東京都区部消費者物価指数(CPI)
米国 12月 個人所得、個人消費支出
タイトルとURLをコピーしました