【1月18日の市況】日経平均反落、シュッピン 通期の業績予想の上方修正を発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は 休場(マーティン・ルーサー・キング・デー)でした。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけが上昇して、その他の指数は下落しました。

日経平均はプラスでスタートし、その後も上げ幅を拡大して後場寄り直後には356円高をつけましたが、そこから急速に上げ幅幅を縮小してマイナスに転じ、午後1時50分頃には203円安まで下げる場面がありました。

  • 日銀政策決定会合では大規模金融緩和の現状維持が決定された
  • 米10年債利回りが1.85%台まで上昇する場面があった
  • 米株指数先物が下げてきた
  • ドル円が115円ちょうど近辺まで円安になる場面があった
  • WTI原油先物が85ドル台まで上昇する場面があった

どれがきっかけで株が大きく下がり始めたのかわかりません。

これまで売られていた旅行・レジャー関連が買われて、買われていた鉄鋼株が売られて、なんだか逆回転し始めたように見えるのぉ。

日経平均 28,257.25 -76.27 (-0.27%)
TOPIX 1,978.38 -8.33 (-0.42%)
JPX日経400 17,831.75 -73.16 (-0.41%)
JASDAQ平均 3,748.58 -14.34 (-0.38%)
マザーズ指数 837.55 +5.49 (+0.66%)
ラウンドワン<4680> 1,373 +76 (+5.86%)
エアトリ<6191> 2,554 +130 (+5.36%)
パーク24<4666> 1,616 +80 (+5.21%)
オープンドア<3926> 1,631 +70 (+4.48%)
日本製鉄<5401> 2,021.5 -154 (-7.08%)
東京製鐵<5423> 1,340 -99 (-6.88%)
神戸鋼<5406> 576 -42 (-6.80%)
JFE<5411> 1,568 -114 (-6.78%)
日経平均反落、終値76円安 米金利上昇で警戒感
18日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比76円27銭(0.27%)安の2万8257円25銭で終えた。日本時間18日午後の取引で米長期金利が上昇し、短期間での金利変動への警戒が強まり、幅広い銘柄に売りが出た。米株価指数先物の下げを見た短期筋が日経平均先物に売りを出したことも、指数を押し下げた。米長期金利が1.8...
日銀、物価見通し22年度1.1%に上げ 金融緩和は維持(写真=代表撮影)
日銀は17~18日に開いた金融政策決定会合で2022年度の物価上昇率見通しを従来の0.9%から1.1%へと引き上げた。資源価格の上昇などを背景に企業が値上げに踏み切る事例が増えてきたことを反映した。日銀は持続的な2%の物価上昇目標には時間がかかるとみており、大規模な金融緩和は現状維持を決めた。日銀が18日公表した「経済...

個別材料 

シュッピン 通期の業績予想の上方修正を発表し株価大幅高

中古カメラ販売などのシュッピン<3179>は、1月17日に2022年3月期の通期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では前期比27.7%増としていましたが、今回94.3%増へと改めました。

これを受け今日のシュッピンの株価は大幅高となりました。

シュッピン<3179> 1,224 +168 (+15.91%)
シュッピン、今期最終益94%増 カメラのネット販売好調
シュッピンは17日、2022年3月期の単独税引き利益が前期比94%増の20億円になる見通しと発表した。従来予想を7億円上方修正した。主力のカメラ事業で、新品と中古品のネット通販が想定を上回る。ロレックスなどの高級時計の販売も大きく伸びると見込む。売上高は22%増の415億円と従来予想を27億円引き上げた。カメラ各社でフ...

リソー教育 期末配当予想の増額を発表し株価大幅高

学習塾などのリソー教育<4714>は、1月17日に2022年2月期の期末配当を従来予想の14円から16円へと2円増額すると発表しました。(年間では前期比6.5円の増配)

これを受け今日のリソー教育の株価は大幅高となりました。

リソー教育<4714> 368 +32 (+9.52%)
リソー教育が急騰22年2月期の期末一括配当予想を増額し買い人気/株式ニュース/モーニングスター
 リソー教育&lt;<a href="/StockInfo/info/snap/4714" target="_blank">4714</a>&gt;&#12...

愛三工業 デンソーからFPM事業を取得することになり株価大幅安

トヨタ系自動車部品の愛三工業<7283>は、デンソー<6902>からフューエルポンプモジュール(FPM)事業を譲り受けると1月17日に発表しました。

取得価格は190億8100万円とのことです。

この取得価格が高額であることなどが嫌気され、今日の愛三工業の株価は大幅安となりました。

愛三工業<7283> 776 -72 (-8.49%)
デンソー<6902> 9,752 -130 (-1.32%)
愛三工は大幅に4日続落、デンソーからフューエルポンプモジュール事業を取得◇(愛三工) 2022年01月18日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2022/01/18 - 愛三工(7283) の関連ニュース。 愛三工業<7283.T>は大幅に4日続落。同社は17日取引終了後、パワートレイン事業の競争力強化に向けて、デンソー<6902.T>からフューエルポンプモジュール(FPM)の開発・生産・販売の一連の事業を譲り受けると発表した。 FPM...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 1月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

また、以下のような決算発表があります。

  • ゴールドマン・サックス<GS>

国内

明日の夕方には以下のような指標の発表があります。

  • 12月 訪日外国人客数
タイトルとURLをコピーしました