【1月11日の市況】日経平均続落、クラウディアHD 第1四半期の営業損益が黒字となり株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数まちまちの動きとなりました。

FRBの金融引き締め前倒し懸念から指数が一時大幅に下げる場面がありましたが、徐々に落ち着きを取り戻しました。

NYダウ 36,068.87 -162.79 (-0.45%)
NASDAQ 14,942.82 +6.92 (+0.05%)
S&P500 4,670.29 -6.74 (-0.14%)
NYダウ続落162ドル安 一時600ドル近く下落も下げ渋る
【NQNニューヨーク=横内理恵】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落し、前週末比162ドル79セント(0.4%)安の3万6068ドル87セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めを前倒しするとの観測が投資家心理の重荷だった。午前中には一時600ドル近く下げたが、米長期金利の上昇が一服するとハ...

経済指標

12月 雇用統計(1月7日)

12月の雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比19万9000人増となり、市場予想を下回りました。

しかし、失業率は3.9%へと改善しました。

12月の米雇用19万9000人増 市場予測下回る(写真=ロイター)
【ワシントン=鳳山太成】米労働省が7日発表した2021年12月の雇用統計によると、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は前月比19万9000人増えた。わずかに上方修正された11月(24万9000人増)から伸びが鈍化した。高賃金を求める離職者が増えるなど労働需給は逼迫が目立つ。オミクロン型の新型コロナウイルスの急拡大...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけが上昇して、その他の指数は下落しました。

日経平均はこの3連休の間の米国市場の下落の流れを引き継いで安く始まり、389円安まで下げる場面がありましたが、その後は少し持ち直しました。

昨晩米10年債利回りが一時1.8%台まで上昇する場面があったこともあり、金融関連株などに買いが入りましたが、比較的PERの高いハイテク株などには売りが出ました。

日経平均 28,222.48 -256.08 (-0.90%)
TOPIX 1,986.82 -8.86 (-0.44%)
JPX日経400 17,919.90 -86.24 (-0.48%)
JASDAQ平均 3,808.76 -15.41 (-0.40%)
マザーズ指数 883.21 +0.06 (+0.01%)
日経平均3日続落、終値256円安の2万8222円
11日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前週末比256円08銭(0・90%)安の2万8222円48銭で終えた。米国の金融引き締めへの警戒感が強まり、金利上昇が逆風となるグロース(成長)株への売りが指数を押し下げた。新型コロナウイルスの感染が国内で急拡大していることも投資家心理を弱気に傾かせ、下げ幅は午前に400...

個別材料 

クラウディアHD 第1四半期の営業損益が黒字となり株価大幅高

ウェディングドレスのクラウディアホールディングス<3607>は、1月7日に2021年9~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比65.4%増となりました。

営業利益は2億1600万円の黒字となりました。(前年同期は3億1100万円の赤字)

通期の業績予想は開示していません。

この第1四半期の営業損益が黒字になったことが好感され、今日のクラウディアHDの株価は大幅高となりました。

クラウディアHD<3607> 268 +27 (+11.20%)
クラウディアの21年9~11月期、純利益65.4%増 通期予想は非開示
クラウディアホールディングスが7日発表した2021年9~11月期の連結決算で、純利益は前年同期比65.4%増の3億7700万円となった。2022年8月期通期の純利益予想は開示していない。売上高や営業利益、経常利益予想もそれぞれ開示していない。クラウディアはウエディングドレス・タキシード等の企画・製造・卸売事業に加え、貸...

日本ペイントHD 既存株主による海外売出しを発表し株価大幅安

塗料の日本ペイントホールディングス<4612>は、1月7日に既存株主6社による1億4013万3800株の海外売出しを実施すると発表しました。

これを受け需給悪化懸念から今日の日本ペイントHDの株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

日本ペイントHD<4612> 1,100 -154 (-12.28%)
日本ペHDが急落、1億4013万3800株の海外売り出しなど発表で需給を警戒(日本ペHD) 2022年01月11日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2022/01/11 - 日本ペHD(4612) の関連ニュース。 日本ペイントホールディングス<4612.T>は急落している。前週末7日の取引終了後、三井住友銀行など金融機関6社の既存株主による1億4013万3800株の海外売り出しと、上限1763万2500株のオーバーアロットメントによる海外売り出しを実...

良品計画 第1四半期の純利益が36%減となり株価大幅安

無印良品でおなじみの良品計画<7453>は、1月7日に2021年9~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比36%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

この2桁減益が嫌気され今日の良品計画の株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

良品計画<7453> 1,646 -78 (-4.52%)
良品計画の21年9~11月期、純利益36%減 通期予想据え置き
良品計画が7日発表した2021年9~11月期の連結決算で、純利益は前年同期比36%減の78億4300万円となった。2022年8月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比5.6%減の320億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは320億3700万円だった。良品計画は「無印良品」の企画開発・製...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

安川電機

サーボモーターや産業ロボットの安川電機<6506>は、1月11日に2021年3~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.2倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

安川電の21年3~11月期、純利益2.2倍 通期予想据え置き
安川電機が11日発表した2021年3~11月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比2.2倍の307億7400万円となった。2022年2月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比2.2倍の425億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは435億2400万円だった。安川電は北九州に本...

タマホーム

注文住宅のタマホーム<1419>は、1月11日に2021年6~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比30.3%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比1.8%増としていましたが、今回6.0%増へと改めました。

また、期末配当予想を従来予想の110円から115円へと5円増額しています。(年間では前期比15円の増配)

タマホームの21年6~11月期、純利益30.3%増 通期予想を上方修正
タマホームが11日発表した2021年6~11月期の連結決算で、純利益は前年同期比30.3%増の41億100万円となった。2022年5月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比6%増の76億円を見込む。タマホームは自由設計の木造注文住宅の建築請負を主力とする住宅メーカー。住宅事業においては、リフォーム事業で、入居後...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国ではパウエルFRB議長の指名承認公聴会があります。

FRB議長「高インフレの定着防ぐ」 再任指名で証言へ(写真=AP)
【ニューヨーク=斉藤雄太】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は11日、バイデン米大統領から再任指名を受けたことを踏まえ、米上院の承認を得るための公聴会に臨む。10日に事前公表した冒頭発言によると「経済と強い労働市場を支え、高インフレが定着するのを防ぐために我々の政策手段を用いる」と述べ、インフレ対応に注力する考え...

国内

東証、上場会社の新市場区分一覧を公表

東証プライム、1841社が上場へ 現行1部の8割強残留
東京証券取引所は11日、4月4日に発足する3つの新市場について、全上場企業の所属先を公表した。実質最上位の「プライム」には1841社が上場する。現行の東証1部の84%が残留する。従来の市場区分はコンセプトが曖昧で、投資家の使い勝手が悪いとの指摘があった。これまでより厳しい上場廃止基準を設け、上場後の規律を働きやすくする...

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 11月 国際収支

取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 12月 景気ウォッチャー調査

また、取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • ABCマート<2670>
  • ローツェ<6323>
  • サイゼリヤ<7581>
  • イオン<8267>
  • USEN-NEXT<9418>
  • 東宝<9602>
  • 吉野家HD<9861>
タイトルとURLをコピーしました