【1月6日の市況】日経平均大幅反落で2万9千円割れ、新型コロナ感染拡大で旅行・レジャー関連株が大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅な下落となりました。

この日発表された12月のADP雇用統計が市場予想を大幅に上回ったことや、FOMC議事要旨でバランスシートの縮小について触れられていたことが明らかとなったことから10年債利回りが1.7%台まで上昇し、高PERなハイテク株を中心に売りが出ました。

NYダウ 36,407.11 -392.54 (-1.07%)
NASDAQ 15,100.17 -522.54 (-3.34%)
S&P500 4,700.58 -92.96 (-1.94%)
SOX指数 3,879.87 -129.13 (-3.22%)
NYダウ反落、392ドル安 FOMC議事要旨受け(写真=AP)
【NQNニューヨーク=戸部実華】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比392ドル54セント(1.1%)安の3万6407ドル11セントで終えた。上昇して始まったが、午後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて下げに転じた。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化を前倒...
FRB、早期利上げ・資産縮小に前向き FOMC議事要旨(写真=AP)
【ニューヨーク=斉藤雄太】米連邦準備理事会(FRB)は5日、2021年12月14~15日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公開した。雇用の回復で利上げの判断時期が近づいていることを示唆したほか、国債などの大量購入で膨らんだFRBの保有資産を早期に縮小することに前向きな意見が目立った。インフレの高止まり...

経済指標

12月 ADP雇用統計

12月のADP雇用統計は非農業部門の雇用者数が80万7000人増となり、市場予想を大幅に上回りました。

12月の米雇用81万人増、5月以来の上げ幅 民間調査(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米民間雇用サービス会社ADPが5日発表した2021年12月の全米雇用リポートによると、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は80万7000人増えた。5月以来7カ月ぶりの大幅な増加となり、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(37万5000人程度)を2倍以上も上回った。サービス部門が66万9000人...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが大幅な下落となりました。

日経平均は昨晩の米国市場の大幅安の流れを引き継いで下げて始まり、その後もじりじりと下げ幅を拡大して安値引けとなりました。

日経平均は2万9千円、TOPIXは2000ポイントを割り込みました。

日経平均は25日、75日、200日の移動平均線を一気に割り込んでしまいました。

マザーズ指数は今年に入ってからの3日間で10%も下げてしもうた。

日経平均 28,487.87 -844.29 (-2.88%)
TOPIX 1,997.01 -42.26 (-2.07%)
JPX日経400 18,027.45 -371.29 (-2.02%)
JASDAQ平均 3,832.57 -45.84 (-1.18%)
マザーズ指数 881.95 -45.74 (-4.93%)
日経平均が急反落、終値844円安の2万8487円 
6日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前日比844円29銭(2.88%)安の2万8487円87銭で終えた。下落幅は2021年6月21日(953円15銭)以来の大きさとなった。前日の米株式市場で主要指数がそろって下落し、東京市場でも運用リスクを回避する姿勢が強まった。午後に下げ幅を広げ、きょうの安値で終...

経済指標

中国の12月 非製造業PMI(財新)

今日の午前の取引時間中には中国の12月の非製造業PMI(財新)の発表があり、前月比1.0ポイント上昇の53.1となりました。

財新の中国サービス部門PMI、12月は53.1に上昇
財新/マークイットが6日発表した12月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は53.1と、前月の52.1から上昇した。需要が増えた一方で、インフレ圧力が和らいだことが寄与した。ただ、新型コロナウイルスの局地的な感染拡大が見通しを圧迫した。

個別材料 

新型コロナ感染拡大で旅行・レジャー関連株が大幅安

新型コロナの感染が拡大している沖縄・広島・山口について、政府は「まん延防止等重点措置」を適用する方針との報道が今日ありました。

これを受け今日は旅行・レジャー関連株が大幅安となりました。

これまでこういう局面ではエムスリー<2413>なんかが買われていたのですが、今回は一緒になって売られてしまいました。

エアトリ<6191> 2,580 -247 (-8.74%)
ラウンドワン<4680> 1,252 -90 (-6.71%)
オープンドア<3926> 1,671 -118 (-6.60%)
東祥<8920> 1,536 -108 (-6.57%)
藤田観<9722> 2,250 -155 (-6.44%)
エムスリー<2413> 5,113 -367 (-6.70%)
沖縄・広島・山口「まん延防止」適用へ 7日にも決定
政府は新型コロナウイルスの感染が拡大する沖縄県へ緊急事態宣言に準じる「まん延防止等重点措置」を適用する方針だ。広島、山口両県も対象とする方向で調整する。7日にも専門家による基本的対処方針分科会へ諮り、了承されれば政府対策本部で正式に決める。沖縄県と広島県は6日、重点措置の適用を政府に要請すると決定した。山口県も対応を検...

ファーストリテイリング 国内ユニクロの月次が不調で株価大幅安

ユニクロなどでおなじみのファーストリテイリング<9983>は、1月6日に2021年12月の国内ユニクロの月次を発表しました。

既存店売上高は前年同月比11.1%減となりました。

これを受け今日のファーストリテイリングの株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

今日はこの銘柄だけで日経平均を110円押し下げました。

ファーストリテイリング<9983> 60,880 -3,130 (-4.89%)
ユニクロ12月売上高、11%減 5カ月連続マイナス
ファーストリテイリングが5日発表したカジュアル衣料品店「ユニクロ」の2021年12月の国内既存店(直営店、EC含む)の売上高は、前年同月比で11.1%減った。前年割れは5カ月連続。12月は4週目まで気温が高く推移し、防寒着の販売が伸び悩んだ。最終週は寒くなり「防風アウターフ

ヒマラヤ 月次が好調で株価大幅高

スポーツ用品小売りのヒマラヤ<7514>は、1月5日に2021年12月の月次を発表しました。

既存店売上高は前年同月比4.8%増となりました。

これを受け今日のヒマラヤの株価は大幅高となりました。

ヒマラヤ<7514> 1,045 +42 (+4.19%)
ヒマラヤは大幅反発、12月度既存店売上高は4.8%増で3カ月連続の上振れ(ヒマラヤ) 2022年01月06日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2022/01/06 - ヒマラヤ(7514) の関連ニュース。 ヒマラヤ<7514.T>は大幅反発。同社は5日に12月度売上速報を発表し、既存店売上高が前年同月比4.8%増と、3カ月連続で上振れたことが好感されているようだ。全店とインターネット通販の合計では同1.5%増で、こちらは2カ月連続の上振れとなっ...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 11月 貿易収支
  • 12月 ISM非製造業景況指数

また、以下のような決算発表があります。

  • ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA>

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 11月 毎月勤労統計
  • 11月 全世帯家計調査

また、取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • ローソン<2651>
  • ウエルシアHD<3141>
  • 良品計画<7453>
タイトルとURLをコピーしました