【12月13日の市況】日経平均反発、三井ハイテック 通期の業績予想を上方修正して株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、3指数とも反発となりました。

この日発表された11月の消費者物価指数(CPI)の上昇が市場の想定範囲内だったことで安心感が広がりました。

S&P500は終値ベースで過去最高値を更新しました。

NYダウ35,970.99+216.30 (+0.60%)
NASDAQ15,630.60+113.23 (+0.73%)
S&P5004,712.02+44.57 (+0.95%)
NYダウ反発、216ドル高 消費者物価上昇は想定内で
【NQNニューヨーク=戸部実華】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比216ドル30セント(0.6%)高の3万5970ドル99セントで終えた。朝方発表の11月の米消費者物価指数(CPI)の大幅な上昇はほぼ想定内と受け止められた。インフレ加速を警戒した売りは強まらず、買いが優勢となった。長期金利が低下し...

経済指標

11月 消費者物価指数(CPI)

11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比6.8%の上昇となり、市場予想と一致しました。

米CPI、11月は前年比6.8%上昇 39年ぶりの高い伸び
米労働省が10日発表した11月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前年同月比6.8%上昇と、伸びは10月の6.2%上昇から加速し、1982年6月以来約39年ぶりの大幅な伸びを記録した。供給制約下で商品やサービスのコストが広範囲にわたり上昇した。米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)加速を促...

12月 ミシガン大学消費者態度指数

12月のミシガン大学消費者態度指数は前月比3.0ポイント上昇の70.4となり、市場予想を上回りました。

12月の米消費者態度指数、3ポイント上昇 所得上昇期待(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米ミシガン大学が10日発表した12月の消費者態度指数(速報値)は70.4で、10年ぶりの低水準だった前月から3.0ポイント上昇した。3カ月ぶりの上昇で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(68.0程度)を上回った。「現在の景況」が74.6で1.0ポイント上昇したほか、「今後の見通し」も67.8で4...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけが下落して、その他の指数は上昇しました。

日経平均は先週末の米国市場の流れを引き継いで高く始まり、午前10時過ぎに355円高をつけた後は徐々に上げ幅を縮小していきました。

今週は水曜日の晩のFOMC結果発表まで動きづらい状況が続きそうですし、その後はもう年末モードに入ってしまうかもしれません。

日経平均28,640.49+202.72 (+0.71%)
TOPIX1,978.13+2.65 (+0.13%)
JPX日経40017,877.14+41.06 (+0.23%)
JASDAQ平均3,910.23+3.35 (+0.09%)
マザーズ指数1,023.66-6.88 (-0.67%)
日経平均反発、終値202円高の2万8640円
13日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前週末比202円72銭(0・71%)高の2万8640円49銭で終えた。前週末の米株式相場の上昇を受け、東京市場でも運用リスクをとる動きが優勢だった。上げ幅は午前に350円超まで拡大した。ただ、金融政策を決める主要中銀の会合を週内に控え次第に様子見気分が強まり、伸...

経済指標

4Q 日銀短観

今日の取引時間開始前には日銀短観の発表があり、大企業製造業の業況判断指数は前回比横ばいの18となりました。

大企業景況感、製造業横ばい 12月日銀短観
日銀が13日発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)はプラス18と、9月調査比で横ばいだった。新型コロナウイルスの感染者が減ったが、世界的な物流の混乱が続く中、エネルギー価格の上昇も重なり、コストが上昇した。大企業非製造業の業況判断DIはプラス9と、6期連続で改...

10月 機械受注

10月の機械受注は前月比3.8%増となり、市場予想を上回りました。

10月の機械受注、10カ月ぶり水準に回復 感染者数減で非製造業けん引
内閣府が13日発表した10月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比3.8%増の8708億円だった。増加は3カ月ぶりで、水準は20年12月以来10カ月ぶりの高さに回復した。民間予測(QUICKまとめ、中央値で2.1%増)以上に伸びた。新型コロナウイルス...

個別材料

三井ハイテック 通期の業績予想を上方修正して株価ストップ高

ICリードフレームやモーターコアの三井ハイテック<6966>は、12月10日に2021年2~10月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比5倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比3倍としていましたが、今回3.7倍へと改めました。

また、期末配当予想も従来の18円から55円へと37円増額しています。(年間では前期比43円の増配)

これを受け今日の三井ハイテックの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

三井ハイテック<6966>10,250+1,500 (+17.14%)
三井ハイテクの21年2~10月期、純利益5倍 通期予想を上方修正
三井ハイテックが10日発表した2021年2~10月期の連結決算で、純利益は前年同期比5倍の73億7100万円となった。2022年1月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比3.7倍の95億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは75億1000万円だった。三井ハイテクは高度な精密加工技術を基幹...

シーイーシー 通期の業績予想を下方修正して株価大幅安

独立系システムインテグレーターのシーイーシー<9692>は、12月10日に2021年2~10月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比41.2%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比12.0%減としていましたが、今回36.8%減へと改めました。

これを受け今日のシーイーシーの株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

シーイーシー<9692>1,084-204 (-15.84%)
シーイーシーの21年2~10月期、純利益41.2%減 通期予想を下方修正
シーイーシーが10日発表した2021年2~10月期の連結決算で、純利益は前年同期比41.2%減の17億9800万円となった。2022年1月期通期の純利益予想は引き下げた。純利益は前期比36.8%減の25億5000万円を見込む。シーイーシーは独立系の情報システム会社。利益面については、減収に伴う利益の減少に加え、一部顧客...

エイチーム 第1四半期が赤字に転落し株価大幅安

スマホゲームや情報サイトのエイチーム<3662>は、12月10日に2021年8~10月期の連結決算を発表しました。

純利益は1億4500万円の赤字となりました。

通期の業績予想は開示していません。

これを受け今日のエイチームの株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

エイチーム<3662>864-161 (-15.71%)
エイチームの21年8~10月期、最終損益は1億4500万円の赤字 通期予想は非開示
エイチームが10日発表した2021年8~10月期の連結決算で、最終損益は1億4500万円の赤字となった。前年同期は2億5800万円の黒字だった。2022年7月期通期の純利益予想は開示していない。売上高や営業利益、経常利益予想もそれぞれ開示していない。エイチームは価格比較サイトやゲームなどのインターネット向けコンテンツの...

明日に向けての注目点

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 神戸物産<3038>
タイトルとURLをコピーしました