【11月30日の市況】日経平均大幅続落で2万8千円割れ、ギフティ 新株とCBを発行すると発表し株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、以下のような材料で3指数とも反発しました。

  • NYダウが前日に今年最大の下げ幅を記録した反動
  • バイデン大統領がオミクロン株について現時点でロックダウンは考えていないと述べた
  • 10年債利回りが低下したことで高PERなハイテク株が買われた

SOX指数も大きく反発し、もうちょっとで過去最高値に届くところまで戻しました。

NYダウ35,135.94+236.60 (+0.68%)
NASDAQ15,782.83+291.17 (+1.88%)
S&P5004,655.27+60.65 (+1.32%)
SOX指数3,910.54+153.41 (+4.08%)
NYダウ反発236ドル高 前週の急落後の押し目買いで (写真=AP)
【NQNニューヨーク=川上純平】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前週末比236ドル60セント(0.7%)高の3万5135ドル94セントで終えた。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大への警戒から26日に905ドル安と今年最大の下げとなった反動で買いが優勢だった。目先の反発を...
バイデン氏、オミクロン型で都市封鎖「考えず」(写真=ロイター)
【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は29日、新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の感染拡大を巡り「現時点でロックダウン(都市封鎖)は考えていない」と述べた。米経済の回復に水を差す行動規制の導入を避ける意向を示した。バイデン氏はオミクロン型について「懸念する理由だが、パニックになる理由ではない」と強調し...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが続落となりました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで大きく反発して始まり、少し上げ幅を縮めつつも昼過ぎまでは順調に推移していました。

しかし、午後2時頃にモデルナ<MRNA>のCEOがオミクロン株への既存ワクチンの効き目がデルタ株と比べて低下する可能性があると述べたとの報道が伝わると一気にマイナスに転じ、その後も転がり落ちるように下げ幅を拡大して2万8千円を割り込んでしまいました。

また、オミクロン株以外にも以下のようなネガティブ材料がありました。

  • 今日の引けにMSCIの銘柄入れ替え予定があった(2000億円の資金流出)
  • 来週も中国恒大集団の利払い期限が控えており、朝から香港市場が軟調だった

日経平均は3営業日で1677円も下げてしまいました。

朝はあんなに高かったのになんということでしょう。

今日は株以外も大きく動きました。

  • 米10年債利回りが1.5%を割り込むところまで低下
  • WTI原油先物が68ドル台まで低下
  • ドル円が113円前半まで円高に
日経平均27,821.76-462.16 (-1.63%)
TOPIX1,928.35-20.13 (-1.03%)
JPX日経40017,400.98-215.23 (-1.22%)
JASDAQ平均3,885.76-7.76 (-0.20%)
マザーズ指数1,070.99-24.79 (-2.26%)
日経平均462円安 モデルナCEO「ワクチン効果低い」
30日の金融市場で新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」に対する警戒が再び高まった。既存ワクチンの有効性が低そうだとする報道を受け、東京株式市場で日経平均株価の終値がおよそ2カ月ぶりに2万8000円を割り込んだ。外国為替市場では安全資産とされる円が買われた。日本で初の感染例も確認され、投資家のリスク回避姿勢が強まっ...
オミクロン株のワクチン効果、低下する可能性─モデルナCEO=FT
米モデルナのバンセル最高経営責任者(CEO)は新型コロナウイルスワクチンについて、新たな変異株「オミクロン」への効果はデルタ株と比べて低下する可能性があると指摘した。フィナンシャル・タイムズ(FT)のインタビューで述べた。
日本から逃げ続けるMSCI運用資金-きょう2000億円流出と試算
日本株の存在感が低下している。世界で多くの投資家が運用の基準にするMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)の株価指数で、日本企業の構成銘柄を削る動きに歯止めがかからない。最高値を更新し続ける米国などに比べて、日本の相対株価パフォーマンスが悪化しているのが要因だ。

経済指標

10月 失業率、有効求人倍率

今日の取引時間開始前には10月の失業率、有効求人倍率の発表がありました。

完全失業率は前月比0.1ポイント低下の2.7%となりました。

有効求人倍率は前月比0.01ポイント低下の1.15倍となりました。

10月の完全失業率、3カ月ぶり低下 失業者数が減少、労働市場の改善は鈍く
総務省が30日発表した10月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は2.7%と前月に比べて0.1ポイント低下した。低下は3カ月ぶり。新型コロナウイルス感染対策の緊急事態宣言などが全面解除され、国内経済が正常化に向かうなか、失業者数が減少した。一方、就業者数は3カ月連続で減少し、非労働力人口が増加するなど、労働市...
10月有効求人倍率、2カ月ぶり低下 新規求人は8.7%増
厚生労働省が30日に発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント低下の1.15倍だった。低下は2カ月ぶり。緊急事態宣言が10月に全面解除されたことを受け、感染リスクへの不安軽減から求職活動が活発化し、分母にあたる有効求職者数の伸び(0.6%増)が、分子となる有効求人数の伸び(0.5%増)を上回った...

10月 鉱工業生産

10月の鉱工業生産は前月比1.1%の上昇となり、市場予想を下回りました。

10月の鉱工業生産、4カ月ぶり上昇 前月比1.1%
経済産業省が30日発表した10月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)速報値は、前月比1.1%上昇の90.5だった。上昇は4カ月ぶり。生産の基調判断は「足踏みをしている」に据え置いた。QUICKがまとめた民間予測の中央値は前月比1.8%上昇だ

中国の11月 製造業PMI、非製造業PMI

午前の取引時間中には中国の11月の製造業PMI、非製造業PMIの発表がありました。

製造業PMIは前月比0.9ポイント上昇の50.1となりました。

非製造業PMIは前月比0.1ポイント低下の52.3となりました。

中国製造業景況感、8カ月ぶり改善で50超え 11月(写真=ロイター)
【北京=川手伊織】中国国家統計局が30日発表した2021年11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.1と、前月より0.9ポイント上昇した。8カ月ぶりの改善で、好不調の境目である50も3カ月ぶりに上回った。電力制限の緩和や石炭価格上昇の一服で生産が持ち直した。PMIは製造業3000社を対象に調べる。新規受注や生産...

個別材料

ギフティ 新株とCBを発行すると発表し株価大幅安

eギフトなどのギフティ<4449>は、海外募集での新株の発行とユーロ円建て転換社債型新株予約権付社債の発行を行うと11月29日に発表しました。

これらによる株式の希薄化が嫌気され今日のギフティの株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

ギフティ<4449>2,592-284 (-9.87%)
ギフティは年初来安値更新、海外公募とユーロ円CB発行を嫌気(ギフティ) 2021年11月30日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2021/11/30 - ギフティ(4449) の関連ニュース。 ギフティ<4449.T>は大幅安で年初来安値を更新。29日の取引終了後、海外募集による100万株の新株発行と70億円のユーロ円建て転換社債型新株予約権付社債(CB)の発行を行うと発表しており、株主価値の希薄化を懸念した売りが膨らんでいるようだ...

マルハニチロ 冷凍食品を値上げすると発表し株価上昇

水産などのマルハニチロ<1333>は、冷凍食品の一部を2022年2月から値上げすると11月29日に発表しました。

これが好感され今日のマルハニチロの株価は上昇しました。

マルハニチロ<1333>2,277+8 (+0.35%)
マルハニチロも冷凍食品値上げ、22年2月から約2〜23% _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
 マルハニチロは11月29日、家庭用冷凍食品の一部商品を2022年2月1日から値上げすると発表した。冷凍食品では大手各社が値上げを実施または予定しており、同社も _ マルハニチロも冷凍食品値上げ、22年2月から約2〜23% _ 小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 11月 消費者信頼感指数

また、以下のような決算発表があります。

  • セールスフォース・ドットコム<CRM>

日本

オミクロン株が国内で初確認された

引け後にはオミクロン株が国内で初確認されたとの報道がありました。

オミクロン株、国内初確認 ナミビアから成田に到着の男性が感染 | 毎日新聞
 ナミビアから成田空港に到着した30代男性が30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に感染していたことが分かった。国内で確認されたのは初めて。関係者が明らかにした。

明日の取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 11月 新車販売台数
タイトルとURLをコピーしました