【11月25日の市況】日経平均反発、東洋電 循環型波力揚水発電を実用化するとの報道で株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数まちまちの動きとなりました。

翌日が休場(感謝祭)と動きづらい中で10年債利回りの上昇が落ち着いてきたことを受け、昨日まで買われてきた金融関連が売られ、高PERなハイテク株が買い直されました。

NYダウ 35,804.38 -9.42 (-0.03%)
NASDAQ 15,845.22 +70.08 (+0.44%)
S&P500 4,701.46 +10.76 (+0.23%)
NYダウ小反落9ドル、金融株に売り ナスダックは反発(写真=AP)
【NQNニューヨーク=川内資子】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3営業日ぶりに反落し、前日比9ドル42セント安の3万5804ドル38セントで終えた。感謝祭の祝日を25日に控えて積極的な取引が見送られるなか、長期金利の上昇一服で金融株が売られて相場の重荷となった。ただ、米景気の回復期待から景気敏感株の一角...

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

前週分の新規失業保険申請件数は19万9000件となり、市場予想よりも大幅に良い結果となりました。

米失業保険申請、19.9万件 52年ぶり低水準(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が24日発表した失業保険申請(季節調整済み)によると、14~20日の週間の新規失業保険申請件数は19万9000件で、前週の改定値から7万1000件減少し、1969年11月以来52年ぶりの低水準となった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(26万件程度)を大幅に下回り、新型コロナ・ウイルスの...

10月 耐久財受注

10月の耐久財受注は前月比0.5%減となり、市場予想を下回りました。

10月の米耐久財受注、0.5%減 航空機が押し下げ(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が24日発表した10月の耐久財受注(季節調整済み、半導体を除く)は、前月から0.5%減った。2カ月連続の減少で、0.3%程度の増加を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測に反して減少した。民間航空機・同部品(14.5%減)と軍用機・同部品(21.8%減)が大きく落ち込み全体を押し下げた...

10月 個人所得、個人消費支出

この日は10月の個人所得、個人消費支出の発表がありました。

個人所得は前月比0.5%増となりました。

個人消費支出は前月比1.3%増となり、市場予想を上回りました。

米個人消費支出、10月は3月以来の大幅増-インフレも大きく加速
米個人消費支出(PCE)は10月に前月比で増加、3月以来で最も大幅な伸びを示した。注目度の高い物価指数は、前年同月比での上昇が1990年以来の大幅となった。

10月 新築住宅販売件数

10月の新築住宅販売件数は前月比0.4%増となり、市場予想を下回りました。

10月の米新築住宅販売、0.4%増 2カ月連続プラス(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が24日発表した10月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は74万5000戸で、前月の改定値から0.4%増えた。2カ月連続の増加だが、ダウ・

FOMC議事要旨(11/2,3分)

量的緩和縮小、インフレで加速も FOMC11月議事要旨(写真=AP)
【ワシントン=大越匡洋】米連邦準備理事会(FRB)は24日、11月2~3日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公開した。高インフレへの警戒感を強め、11月からの開始を決めた量的緩和の縮小(テーパリング)のペースを状況に応じて速めるべきだとの意見が出た。参加者の物価の先行きに関する見方は割れている。11月...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は昨日大きく下げたこともあり今日は反発して始まり、その後横ばいとなりました。

今晩は米国市場が休場ということで、あまり商いは盛り上がりませんでした。

ドル円が115円台に完全に入ってしもうた。

どこまで行くか心配じゃのぉ。

日経平均 29,499.28 +196.62 (+0.67%)
TOPIX 2,025.69 +6.57 (+0.33%)
JPX日経400 18,279.98 +62.66 (+0.34%)
JASDAQ平均 3,986.55 -10.18 (-0.25%)
マザーズ指数 1,138.28 -4.76 (-0.42%)
日経平均反発、終値196円高 売買代金3カ月ぶり低水準
25日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比196円62銭(0・67%)高の2万9499円28銭で終えた。前日に500円近く下落したため、主力銘柄に自律反発狙いの買いが入った。ただ、米市場が25日に休場となるため様子見の雰囲気も漂い、上値は限定的だった。前日に下げが目立った成長株などが買い直され、好材料が出た銘柄...

経済指標

10月 全国スーパー売上高

今日の午後の取引時間中には10月の全国スーパー売上高の発表があり、既存店売上高は前年同月比3.7%増となりました。

10月のスーパー売上高3・7%増…宣言解除後も「自宅で食事」根強く食料品が好調 : 経済 : ニュース
日本チェーンストア協会が25日発表した10月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比3・7%増の1兆884億円となり、2か月連続で増加した。 政府の緊急事態宣言などの解除で、行動自粛などの制限が緩和されたものの

10月 全国百貨店売上高

10月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比2.9%増となりました。

10月の全国百貨店売上高、前年比2.9%増 3カ月ぶりプラス
日本百貨店協会が25日発表した10月の全国百貨店売上高は3848億円(全店ベース)だった。既存店ベースでは前年同期比2.9%増と、前年実績を3カ月ぶりに上回った。

個別材料

東洋電 循環型波力揚水発電を実用化するとの報道で株価ストップ高

電車の部品などの東洋電機製造<6505>が慶応義塾大学発ベンチャーの音力発電などと協業して2022年夏をめどに「循環型波力揚水発電」を実用化するとの報道がありました。

これを受け今日の東洋電の株価はストップ高となりました。

海に囲まれた日本にとってはありがたい技術ですね。

東洋電<6505> 1,148 +150 (+15.03%)
東洋電機製造---ストップ高、循環型波力揚水発電の実用化目指すと伝わる
*13:15JST 東洋電機製造---ストップ高、循環型波力揚水発電の実用化目指すと伝わる 東洋電機製造はストップ高。慶応義塾大学発ベンチャーの音力発電、オーストリ…

ANA 新株予約権付社債を発行すると発表し株価大幅安

空運のANAホールディングス<9202>は、1500億円分の新株予約券付社債を発行すると11月24日に発表しました。

これによる将来的な需給悪化が嫌気され、今日のANAの株価は大幅安となりました。

ANA<9202> 2,472.5 -148 (-5.65%)
ANA、CBの転換価格2883円 最大11%希薄化
ANAホールディングス(HD)は25日、12月10日(ロンドン時間)に発行する1500億円分のユーロ円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)の転換価格を2883円にしたと発表した。24日の株価を10.02%上回る。全て株式に転換された場合は自己株を除く発行済み株式数が11

旭化成 2025年に世界最大級の水素製造装置を商用化すると発表し株価大幅高

総合化学の旭化成<3407>が世界最大級の水素製造装置を2025年に商用化するとの報道が11月24日にありました。

これを受け今日の旭化成の株価は大幅高となりました。

旭化成<3407> 1,164 +40.5 (+3.60%)
旭化成---急伸、世界最大級の水素製造装置を25年に商用化と伝わる
*13:47JST 旭化成---急伸、世界最大級の水素製造装置を25年に商用化と伝わる 旭化成は急伸。世界最大級の水素製造装置を2025年に商用化すると報じられてい…

フューチャー 1対2の株式分割を発表し株価大幅高

システムのコンサル・開発のフューチャー<4722>は、12月31日を基準日とした1対2の株式分割を実施すると11月24日に発表しました。

これを受け今日のフューチャーの株価は大幅高となりました。

フューチャー<4722> 4,280 +285 (+7.13%)
フューチャーが急騰、1対2の株式分割を評価//モーニングスター
 フューチャー&lt;<a href="/StockInfo/info/snap/4722" target="_blank">4722</a>&amp...

明日に向けての注目点

米国

今晩の米国市場は休場(感謝祭)です。

タイトルとURLをコピーしました