【9月15日の市況】日経平均反落、プロレド・パートナーズ 業績予想を下方修正して株価ストップ安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも下落しました。

この日発表された8月の消費者物価指数(CPI)でインフレ圧力が弱まりつつあることが示されたことで、景気敏感株などに売りが出ました。

また、アップル<AAPL>がiPhone13を発表しましたが、反応はイマイチでした。

NYダウ 34,577.57 -292.06 (-0.84%)
NASDAQ 15,037.75 -67.82 (-0.45%)
S&P500 4,443.05 -25.68 (-0.57%)
アップル<AAPL> 148.12 -1.43 (-0.96%)
NYダウ反落292ドル安 長期金利低下、銀行株などに売り
【NQNニューヨーク=戸部実華】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比292ドル06セント(0.8%)安の3万4577ドル57セントで終えた。朝方発表の8月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、緩和的な米金融政策が当面続くとの見方から買いが先行した。ただ、米長期金利が低下幅を広げると銀行株を...
Apple、「iPhone13」4機種発表 カメラ機能を向上
【シリコンバレー=奥平和行】米アップルは14日、スマートフォン「iPhone」の新機種を発表した。新開発の半導体などにより動画の撮影機能を高めた。最低価格を699ドル(約7万7000円)とするなど価格は据え置く一方、主力機種で記録媒体の容量を増やす。収益を支えるスマホで基本性能を着実に高め、買い替え需要を取り込む。主力...

経済指標

8月 消費者物価指数(CPI)

8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.3%の上昇となり、市場予想と一致しました。

米消費者物価指数、7カ月ぶりの低い伸び-インフレ圧力一部緩和
8月の米消費者物価指数(CPI)は前月比の伸びが市場予想を下回った。過去7カ月で最低の上昇率にとどまり、インフレ圧力が一部で弱まり始めていることが示唆された。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

日経平均は昨日バブル崩壊後の高値をつけたことや、米国市場が下げたことなどから、利益確定の売りが出ました。

日経平均の下げ率はTOPIXの半分程度と底堅い動きでした。

日経平均 30,511.71 -158.39 (-0.52%)
TOPIX 2,096.39 -22.48 (-1.06%)
JPX日経400 18,985.77 -179.06 (-0.93%)
JASDAQ平均 4,107.52 -6.42 (-0.16%)
マザーズ指数 1,184.54 -3.29 (-0.28%)
日経平均、4日ぶり反落 終値158円安の3万0511円
15日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、前日比158円39銭(0.52%)安の3万0511円71銭で終えた。下げ幅は300円を超える場面もあった。前日に日経平均が31年ぶりの高値を付けたことで、幅広い銘柄で利益確定の売りが優勢となった。半面、急ピッチの相場上昇に乗り遅れた投資家による押し目買いは相場を...

経済指標

7月 機械受注

今日の取引時間開始前には7月の機械受注の発表があり、前月比0.9%増となりました。

7月の機械受注0.9%増 半導体関連が好調
内閣府が15日発表した7月の機械受注統計によると、設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比0.9%増の8597億円となり、2カ月ぶりのプラスだった。半導体関連の需要などが増えた製造業で設備投資への意欲が底堅く、全体をけん引した。製造業は6.7%増の4311億円で、4カ月連続の増加となった...

中国の8月 小売売上高、鉱工業生産

中国の8月の小売売上高は前年同月比2.5%増となりました。

中国の8月の鉱工業生産は前年同月比5.3%増となりました。

中国生産、8月5.3%増に減速 コロナ再拡大が重荷
【北京=川手伊織】中国国家統計局が15日発表した2021年8月の主な経済統計によると、工業生産は前年同月比5.3%増だった。伸び率は7月の6.4%から縮まった。セメントなど建材や粗鋼が落ち込んだ。新型コロナウイルスの感染再拡大が物流や建設に支障を与えたためだ。工業生産はコロナ禍前の19年8月と比べると、年平均5.4%伸...

個別材料

プロレド・パートナーズ 業績予想を下方修正して株価ストップ安

経営コンサルタントのプロレド・パートナーズ<7034>は、9月14日に2020年11月~2021年7月期の連結決算を発表しました。

純利益は3億3600万円の黒字となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では6億3400万円の黒字としていましたが、今回4億2000万円の黒字へと改めました。

これを受け今日のプロレド・パートナーズの株価はストップ安となり、年初来安値をつけました。

プロレド・パートナーズ<7034> 2,120 -500 (-19.08%)
プロレドの20年11月~21年7月期、純利益3億3600万円 通期予想を下方修正
プロレド・パートナーズが14日発表した2020年11月~21年7月期の連結決算で、純利益は3億3600万円となった。2021年10月期通期の純利益予想は引き下げた。純利益は4億2000万円を見込む。プロレドは成果報酬型の経営コンサルティング・サービスを展開。2020年11月~21年7月期の売上高は28億2600万円、営...

ヤーマン 第1四半期の純利益が2.1倍となり株価ストップ高

美顔器のヤーマン<6630>は、9月14日に2021年5~7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.1倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のヤーマンの株価はストップ高となりました。

ヤーマン<6630> 1,422 +300 (+26.74%)
ヤーマンの21年5~7月期、純利益2.1倍 通期予想据え置き
ヤーマンが14日発表した2021年5~7月期の連結決算で、純利益は前年同期比2.1倍の20億2100万円となった。2022年4月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比15.5%増の43億600万円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは43億2500万円だった。ヤーマンは家庭用美容健康機器(...

パーク24 第3四半期までの純利益が126億9200万円の赤字となり株価大幅安

駐車場のパーク24<4666>は、9月14日に2020年11月~2021年7月期の連結決算を発表しました。

純利益は126億9200万円の赤字となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のパーク24の株価は大幅安となりました。

パーク24<4666> 1,911 -163 (-7.86%)
パーク24の20年11月~21年7月期、最終損益が126億9200万円の赤字 通期予想据え置き
パーク二四が14日発表した2020年11月~21年7月期の連結決算で、最終損益は126億9200万円の赤字となった。前年同期は122億3300万円の赤字だった。2021年10月期通期の純利益予想は据え置いた。最終損益が95億円の赤字(前期は466億5200万円の赤字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセ...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 9月 ニューヨーク連銀製造業景気指数
  • 8月 鉱工業生産

国内

8月 訪日外国人客数

今日の夕方には8月の訪日外国人客数の発表がありました。

8月訪日外国人、五輪開催で前年同月上回る
日本政府観光局(JNTO)が15日表した8月の訪日外国人客数は2万5900人(推計)だった。7月に続き、東京2020オリンピック・パラリンピック競技⼤会の選手・⼤会関係者の⼊国等により、前年同月(8658人)を上回った。

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 8月 貿易統計(通関ベース)
タイトルとURLをコピーしました