【9月2日の市況】日経平均続伸、JR西日本 公募増資などで最大2786億円を調達すると発表し株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

この日発表された8月のADP雇用統計(下に記載)が市場予想を大きく下回ったことから、景気敏感株を中心に売りが出ましたが、反対に主力ハイテク株は買われました。

NASDAQは過去最高値を更新しました。

NYダウ 35,312.53 -48.20 (-0.14%)
NASDAQ 15,309.38 +50.14 (+0.33%)
S&P500 4,524.09 +1.41 (+0.03%)
NYダウ3日続落、48ドル安 景気敏感株に売り
【NQNニューヨーク=戸部実華】1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3日続落し、前日比48ドル20セント(0.1%)安の3万5312ドル53セントで終えた。主要株価指数が過去最高値圏で推移するなか、景気敏感株を中心に利益確定や持ち高調整の売りが優勢だった。一方、緩和的な金融環境が続くとの見方から、長期金利の低...

経済指標

8月 ADP雇用統計

8月のADP雇用統計は前月比37万4000人増となり、市場予想を大きく下回りました。

8月の米雇用37万人増、予測大幅下回る 民間調査
【ワシントン=長沼亜紀】米民間雇用サービス会社ADPが1日発表した8月の全米雇用リポートによると、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月から37万4000人増だった。前月の改定値(32万6000人増)よりわずかに増えたが、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(60万人程度)は大幅に下回った。雇用回復は緩やかで、新型コ...

8月 ISM製造業景況指数

8月のISM製造業景況指数は前月比0.4ポイント上昇の59.9となり、市場予想を上回りました。

8月の米製造業景況感、0.4ポイント上昇 受注増続く(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した8月の米製造業景況感指数は59.9で、前月から0.4ポイント上昇した。低下を見込んでいたダウ・ジョーンズまとめの市場予測(58.6程度)に反して、3カ月ぶりに上昇し、製造業の強い拡大が持続したことを示した。「新規受注」が66.7で1.8ポイント、...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は朝は高く始まり、午前中は一時マイナスに振れる場面もありましたが、午後は持ち直しました。

米国市場でNASDAQが最高値を更新したことなどから半導体や電子部品関連が買われ、JR西日本の公募増資の件(下に記載)を受け鉄道株などが売られました。

新型コロナのミュー型が鉄道株安に拍車をかけた面もあるかもしれません。

日経平均 28,543.51 +92.49 (+0.33%)
TOPIX 1,983.57 +2.78 (+0.14%)
JPX日経400 17,922.80 +60.54 (+0.34%)
JASDAQ平均 3,992.66 -2.13 (-0.05%)
マザーズ指数 1,120.43 -15.83 (-1.39%)
日経平均4日続伸、92円高の2万8543円 1カ月半ぶり高値
2日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比92円49銭(0.33%)高の2万8543円51銭で終えた。7月14日(2万8608円)以来、1カ月半ぶりの高値。前日の米ハイテク株の上昇を受け、東京市場でも値
変異ウイルス「ミュー型」2例確認 厚労省、空港検疫で
厚生労働省は1日、コロンビアで1月に初めて確認された新型コロナウイルスの変異型「ミュー型」を6月と7月、空港検疫で2例確認していたと発表した。世界保健機関(WHO)が8月30日に注目すべき変異型(VOI)と位置づけてミュー型と命名したことを受け、国立感染症研究所のこれまでの検査結果を厚労省が改めて集計した。ミュー型は6...

経済指標

8月 新車販売台数

9月1日には8月の新車販売台数の発表がありました。

軽自動車を含めた総販売台数は前年同月比2.1%減となりました。

8月の新車総販売は2.1%減で2か月連続の落ち込み | レスポンス(Response.jp)
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が9月1日に発表した2021年8月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比2.1%減の31万9697台となった。マイナスは10か月ぶりに落ち込んでいた7月から2か月連続になった。

個別材料

JR西日本 公募増資などで最大2786億円を調達すると発表し株価大幅安

JR西日本こと西日本旅客鉄道<9021>は、公募増資などで最大2786億円を調達すると9月1日に発表しました。

これによる株式の希薄化率が2割を超えるとのことで、今日のJR西日本の株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

また、他のJR各社も同じことになるのではとの警戒感から株価が大幅安となりました。

JR西日本<9021> 5,208 -803 (-13.36%)
JR東日本<9020> 6,908 -512 (-6.90%)
JR東海<9022> 15,450 -700 (-4.33%)
JR西日本、公募増資など最大2786億円調達 グループ初
JR西日本は1日、公募増資などで最大2786億円を調達すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い鉄道利用が落ち込み、2022年3月期は2期連続の連結最終赤字となる見通し。財務基盤の立て直しを急ぎ、コスト削減につながる機器の導入や大阪駅周辺の再開発も進める。1987年の国鉄民営化後、公募増資はJRグループで初めて。...

日本金銭機械 新1万円札の印刷開始で株価大幅高

2024年度から使われる新1万円札の印刷が9月1日から始まったとの報道がありました。

これを受け貨幣処理機の日本金銭機械<6418>の今日の株価は大幅高となりました。

これから何年もかけて世の中のお札読み取り機が全部置き換わるのですね。

日本金銭機械<6418> 614 +54 (+9.64%)
渋沢栄一・東京駅の丸の内駅舎の新1万円札、印刷開始…企業の準備に活用 : 経済 : ニュース
国立印刷局は1日、20年ぶりにデザインを一新する1万円札の印刷を始めた。2024年度上期(4~9月期)をめどに流通させるのを前に、自動販売機の改修など企業が準備するために活用する。 新1万円札の表の肖像画は「日本の資本

ウチダエスコ 今期純利益60.5%減の業績予想を発表し株価大幅安

パソコンやネットワークの保守を行っているウチダエスコ<4699>は、9月1日に2021年7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比69.9%増となりました。

期末配当は従来予想の45円から70円へと25円増額しました。(年間では前期比25円の増配)

併せて2022年7月期の業績予想を発表。

純利益は前期比60.5%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で50円としています。(前期比20円の減配)

これを受け今日のウチダエスコの株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

ウチダエスコ<4699> 2,724 -506 (-15.67%)
ウチダエスコの2022年7月期、純利益60.5%減
ウチダエスコが1日発表した2021年7月期の連結決算で、純利益は前期比69.9%増の20億2300万円となった。2022年7月期の純利益は前期比60.5%減の8億円を見込む。ウチダエスコはパソコンなどのハードウェア保守やネットワーク構築を主軸に、オフィス家具やOAサプライ品の販売、オフィス空間の設計・施工、ソフトウェア...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 7月 貿易収支

また、以下のような決算発表があります。

  • ブロードコム<AVGO>
  • ヒューレット・パッカード・エンタープライズ<HPE>
タイトルとURLをコピーしました