【8月31日の市況】日経平均大幅続伸で2万8千円台回復、関西スーパー H2Oから子会社化される方向となり株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

10年債利回りが1.2%台まで低下してきたことを受け、金融株などは売られましたが、反対に高PERなハイテク株などには買いが入りました。

NASDAQとS&P500は過去最高値を更新しました。

NYダウ 35,399.84 -55.96 (-0.16%)
NASDAQ 15,265.89 +136.38 (+0.90%)
S&P500 4,528.79 +19.42 (+0.43%)
NYダウ反落55ドル安 景気敏感株に売り
【NQNニューヨーク=岩本貴子】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反落した。前週末比55ドル96セント(0.2%)安の3万5399ドル84セントで終えた。景気敏感株の一角に目先の利益を確定する目的の売りが優勢だった。米長期金利の低下を受けて金融株が売られた一方、高PER(株価収益率)のハイテク株は上昇し、...

決算発表(夕)

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM>

Zoom、5~7月の売上高10億ドル超す 今四半期は減収も(写真=ロイター)
【シリコンバレー=佐藤浩実】米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが8月30日に発表した2021年5~7月期決算は売上高が前年同期比54%増の10億2149万ドル(約1120億円)だった。新型コロナウイルス感染の懸念が続くなかで大企業の利用が拡大し、初めて10億ドルを上回った。ただ8~10月期に減収見通しを示したため、...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが続伸となりました。

日経平均は月末安のアノマリーを警戒して午前中はマイナスで推移する場面が多かったのですが、午後になると完全にプラスに転じてぐんぐん上げ幅を拡大。

2万8千円台を回復しました。

ついに月末安のアノマリーが破られました。

日経平均 28,089.54 +300.25 (+1.08%)
TOPIX 1,960.70 +10.56 (+0.54%)
JPX日経400 17,656.56 +109.01 (+0.62%)
JASDAQ平均 3,984.59 +20.48 (+0.52%)
マザーズ指数 1,135.41 +20.78 (+1.86%)
日経平均続伸 終値300円高の2万8089円
31日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比300円25銭(1・08%)高の2万8089円54銭と、7月15日(2万8279円)以来およそ1カ月半ぶりの高値を付けた。午後に入り米株価指数先物の堅調な動きを手がかりに短期筋が買い戻しに動き、相場を押し上げた。ファストリなど値がさ株の主力銘柄が上げ幅を拡大した。朝方は...

経済指標

7月 失業率、有効求人倍率

今日の取引時間開始前には7月の失業率、有効求人倍率の発表がありました。

完全失業率は前月比0.1ポイント低下の2.8%となりました。

有効求人倍率は前月比0.02ポイント上昇の1.15倍となりました。

7月の完全失業率2.8% 前月比0.1ポイント低下
総務省が31日発表した7月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は2.8%で前月比0.1ポイント低下した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は2.9%だった。完全失業者数(同)は190万人で、
7月の有効求人倍率 前月比0.02ポイント上昇の1.15倍 感染拡大で求職活動控え
厚生労働省が31日に発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント上昇の1.15倍だった。有効求人数の増減率が1.5%増だった一方、有効求職者の増減率が0.5%減だったことが影響した。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大やワクチン接種を前に求職活動を控える動きが続いた。新規求人数(原数値...

7月 鉱工業生産

7月の鉱工業生産は前月比1.5%低下の98.1となりました。

7月鉱工業生産1.5%低下 2カ月ぶり、自動車など減産
経済産業省が31日発表した7月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)速報値は98.1となり、前月比で1.5%下がった。低下は2カ月ぶりで、自動車工業や電気・情報通信機械工業などが減産した。世界的な半導体不足の長期化や新型コロナウイルスの感染拡大による東南アジアからの部材調達の停滞が響いた。全15業種のうち...

中国の8月 製造業PMI、非製造業PMI

午前の取引時間中には中国の8月の製造業PMI、非製造業PMIの発表がありました。

製造業PMIは前月比0.3ポイント低下の50.1となりました。

非製造業PMIは前月比5.8ポイント低下の47.5となりました。

中国8月景況感、5カ月連続悪化 コロナ再拡大が重荷(写真=AP)
【北京=川手伊織】中国国家統計局が31日発表した2021年8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.1と、前月より0.3ポイント低下した。新型コロナウイルスの再拡大などの影響で、5カ月連続で悪化した。好不調の境目である50は上回ったが、中国経済は停滞感が強まっている。5カ月連続で前月を下回るのは、統計を遡れる05...

個別材料

関西スーパー H2Oから子会社化される方向となり株価大幅高

百貨店のエイチ・ツー・オー リテイリング<8242>が関西スーパーマーケット<9919>を子会社化する方向との報道が8月30日にありました。

これを受け今日の関西スーパーの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

関西スーパー<9919> 1,538 +218 (+16.52%)
H2O<8242> 864 +12 (+1.41%)
H2Oリテが関西スーパーの子会社化で調整、週内発表-関係者
H2Oリテイリングが、大阪府内や兵庫県内を中心に店舗展開している関西スーパーマーケットを子会社化する方向で最終調整に入った。関西スーパーが発行する新株をH2Oが引き受ける案が有力で、週内にも発表する。事情に詳しい複数の関係者が30日、明らかにした。

中国で18歳未満はゲームを週3時間しかできなくなりそうで関連株が大幅安

中国で18歳未満がオンラインゲームをプレイできる時間帯を金、土、日、祝日の20~21時に制限する方針が発表されました。

これを受け関連するゲーム株が大幅安となりました。

これまでは1日1時間半までとなっていましたが、さらに厳しくなってしまいます。

コーエーテクモ<3635> 4,705 -180 (-3.68%)
ネクソン<3659> 2,010 -67 (-3.23%)
中国、ゲームは「週末1日1時間」 強まる青少年管理
【広州=比奈田悠佑】中国のメディアやゲーム産業を管轄する国家新聞出版署は30日、未成年者(18歳未満)によるネットゲームの利用を厳しく制限する方針を発表した。ゲーム企業に対し、未成年者へのサービス提供を週末や祝日などに限定して時間も1日1時間までとするよう求める。学校での教育内容に加え、家庭の生活でも青少年の管理が強ま...

LITALICO 1対2の株式分割を発表し株価大幅高

障害者支援などのLITALICO<7366>は、9月30日を基準日とする1対2の株式分割を行うと8月30日に発表しました。

これを受け今日のLITALICOの株価は大幅高となりました。

LITALICO<7366> 5,550 +420 (+8.19%)
LITALICOが大幅高、1対2株式分割を前向き評価 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
障害者支援や福祉施設向けプラットフォーム事業を手がけるLITALICO(7366)が買われて大幅高。午前11時25分現在で前日比460円(9.0%)高の5590円で取引されている。30日の通常取引終了

DyDo 第2四半期までの純利益が36.1%増となり株価大幅高

飲料のダイドーグループホールディングス<2590>は、8月30日に2021年2~7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比36.1%増となりました。

中間配当は従来予想どおりの30円。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のDyDoの株価は大幅高となりました。

DyDo<2590> 5,620 +310 (+5.84%)
DyDoの21年2~7月期、純利益36.1%増 通期予想据え置き
ダイドーグループホールディングスが30日発表した2021年2~7月期の連結決算で、純利益は前年同期比36.1%増の17億7100万円となった。2022年1月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比18.9%減の26億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは27億円だった。DyDoは主力の国内...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 8月 消費者信頼感指数

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 伊藤園<2593>
  • 内田洋行<8057>
タイトルとURLをコピーしました