【8月19日の市況】日経平均大幅反落、山崎パン 和菓子・洋菓子の値上げを発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも続落となりました。

この日発表されたFOMC議事要旨(7/27,28分)で年内のテーパリング(量的緩和の縮小)開始が適切との意見が多かったことを受け、金融緩和縮小を警戒した売りが出ました。

NYダウ 34,960.69 -382.59 (-1.08%)
NASDAQ 14,525.91 -130.26 (-0.89%)
S&P500 4,400.27 -47.81 (-1.07%)
NYダウ382ドル安 FOMC議事要旨公表、下げ幅広げる
【NQNニューヨーク=張間正義】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落した。前日比382ドル59セント(1.1%)安の3万4960ドル69セントと2週間ぶりに心理的節目の3万5000ドルを下回って終えた。午後に公表された7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で年内のテーパリング(量的緩和の縮小)開始が...
緩和縮小条件「年内に達成も」、時期巡り温度差=FOMC議事要旨
米連邦準備理事会(FRB)が18日に公表した7月27─28日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、金融政策当局者は、テーパリング(量的緩和の縮小)に着手する際の雇用面での条件について、現時点では達成されていないものの、「年内に達成される可能性がある」との見方を示していたことが分かった。

経済指標

7月 住宅着工件数

7月の住宅着工件数は前月比7.0%減少となり、市場予想を大幅に下回りました。

7月の米住宅着工、7.0%減 予測を大幅に下回る(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が18日発表した7月の住宅着工件数は153万4千戸(季節調整済み、年率換算値)で、前月の改定値から7.0%減った。3カ月ぶりの減少で、3.2%程度の減少を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測を大幅に下回った。主力の一戸建てが111万1千戸で、前月比4.5%減ったほか、変動の激しい5世...

決算発表(朝)

ターゲット<TGT>

ターゲット<TGT> 247.58 -7.07 (-2.78%)
米ターゲット5~7月、純利益7%増 店舗に客戻る(写真=AP)
【ニューヨーク=河内真帆】米ディスカウントストア大手ターゲットが18日発表した2021年5~7月期決算は、純利益が前年同期比7%増の18億1700万ドル(約1993億円)だった。衣料品や食品などの販売が好調で、店舗、ネット通販ともに堅調さを維持した。売上高は同9%増の248億2600万ドルだった。新型コロナウイルスのワ...

決算発表(夕)

エヌビディア<NVDA>

エヌビディア、5~7月純利益3.8倍 ゲーム用半導体好調
【シリコンバレー=白石武志】米半導体大手エヌビディアが18日発表した2021年5~7月期決算は売上高が前年同期比68%増の65億700万ドル(約7100億円)、純利益が3.8倍の23億7400万ドルだった。ゲーム向け半導体の需要が旺盛で、売上高は四半期として過去最高を更新した。事業領域別では全体の5割近くを占めるゲーム...

シスコシステムズ<CSCO>

米シスコ、新年度の通期見通しは予想とほぼ一致-価格圧力残る可能性
ネットワーク機器メーカー最大手の米シスコシステムズが18日示した2022年度(21年8月-22年7月)の通期1株利益見通しは、アナリスト予想とほぼ一致した。受注は10年ぶりの高水準に達しているが、半導体不足の影響で売り上げの伸びが抑えられており、今後数四半期は価格圧力が残る可能性があるとみている。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反落となりました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで安く始まり、その後はもみ合いとなりましたが、引け間際になってトヨタ自動車<7203>の減産報道(下に記載)が出たことで下げ幅を拡大しました。

トヨタ自動車の影響力はやっぱりすごいですね。

欧米の株式指数先物も同じ時間帯から下げ始めました。

数日後にはトヨタショックと呼ばれそうな予感がします。

日経平均 27,281.17 -304.74 (-1.10%)
TOPIX 1,897.19 -26.78 (-1.39%)
JPX日経400 17,089.13 -227.06 (-1.31%)
JASDAQ平均 3,875.15 -29.12 (-0.75%)
マザーズ指数 1,033.86 -4.55 (-0.44%)
日経平均反落、終値304円安の2万7281円
19日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比304円74銭(1.10%)安の2万7281円17銭で終えた。1月6日以来、約7カ月半ぶりの安値となった。7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が年内のテーパリング(量的金融緩和の縮小)開始を示唆する内容だったことから、緩和マネーに支えられた株式相場には下落圧力...

個別材料

山崎パン 和菓子・洋菓子の値上げを発表し株価大幅高

山崎製パン<2212>は油脂、糖類、鶏卵などの価格が高騰していることを受け、10月1日出荷分から和菓子と洋菓子の一部製品について値上げすると8月18日に発表しました。

これが好感され今日の山崎パンの株価は大幅高となりました。

「まるごとバナナ」や「イチゴスペシャル」が値上がりしてしまうのだそうです。

山崎パン<2212> 1,768 +132 (+8.07%)
山崎パン、和・洋菓子製品の値上げを発表 まるごとバナナなど全8種類
山崎パン、和・洋菓子の値上げを発表した。対象商品は、まるごとバナナや串団子たれなどを含む全8種類。

トヨタ自動車 9月の生産台数4割減との報道で株価大幅安

今日の午後2時半頃にトヨタ自動車<7203>が部品調達の遅れなどを理由に9月の世界生産台数を従来の計画から4割削減(90万台弱→50万台強)するとの報道がありました。

この報道が伝わるとトヨタ自動車の株価は急落しました。

トヨタ自動車<7203> 9,295 -430 (-4.42%)
トヨタ、9月の世界生産は4割減少へ-部品供給不足で工場停止
トヨタ自動車は19日、9月の世界生産が当初計画から4割程度減少する見通しを明らかにした。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足が続いており、9月も国内完成車工場の生産調整を行う。

中外製薬 アクテムラの増産を検討との報道で株価大幅高

リウマチ治療薬の「アクテムラ」が米国で新型コロナ治療薬として緊急使用許可を受けたことで供給が不足してきているため、中外製薬<4519>が増産を検討しているとの報道がありました。

これを受け今日の中外製薬の株価は大幅高となりました。

抗体カクテルの話も連日出ていますね。

中外製薬<4519> 4,301 +186 (+4.52%)
中外製薬---大幅続伸、「アクテムラ」の増産検討報道が伝わる
*11:04JST 中外製薬---大幅続伸、「アクテムラ」の増産検討報道が伝わる 中外製薬は大幅続伸。関節リウマチ治療薬「アクテムラ」の増産を検討と報じられている。…
中外製薬ロナプリーブ「コロナ第4の薬」の正体 | 新型コロナ、長期戦の混沌
新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に対するワクチン接種の進行状況が注目を浴びている中で、これまで思ったように進展してこなかったのが治療薬の開発である。そうした中で厚生労働省は7月19日、中外…

わかもと 眼科用医薬品で米企業とライセンス契約を締結と発表し株価ストップ高

わかもと製薬<4512>は同社が国内で販売しているマキュエイド眼注用40ミリグラムについて、米国のHarrow Healthとライセンス契約を締結したと8月18日に発表しました。

これを受け今日のわかもとの株価はストップ高となりました。

わかもと<4512> 401 +80 (+24.92%)
わかもと製薬---ストップ高、米Harrow社とのライセンス契約締結を発表
*09:57JST わかもと製薬---ストップ高、米Harrow社とのライセンス契約締結を発表 わかもと製薬はストップ高。国内で開発・販売しているマキュエイド眼注用…

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 8月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

以下のような決算発表もあります。

  • アプライド・マテリアルズ<AMAT>

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 7月 全国消費者物価指数(CPI)

取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 7月 コンビニ売上高
  • 7月 食品スーパー売上高
タイトルとURLをコピーしました