【8月17日の市況】日経平均続落、中小型海運株にも資金が流入してきて株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

翌日に控えている小売り企業の決算に期待した買いが入りました。

NYダウとS&P500は過去最高値を更新しました。

NYダウ 35,625.40 +110.02 (+0.31%)
NASDAQ 14,793.76 -29.13 (-0.20%)
S&P500 4,479.71 +11.71 (+0.26%)
NYダウ5日連続の最高値 110ドル高、小売り決算に期待
【NQNニューヨーク=横内理恵】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸し、前週末比110ドル02セント(0.3%)高の3万5625ドル40セントで終えた。中国の景気減速懸念やアフガニスタンでの地政学リスクの高まりから売りが先行した。ただ、値ごろ感などからヘルスケア関連株が物色されたほか、今週に相次ぐ小売りの...

経済指標

8月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

8月のニューヨーク連銀製造業景気指数は前月比24.7ポイント低下の18.3となり、市場予想を下回りました。

NY連銀製造業景況指数、8月は18.3に低下-販売価格は過去最高
8月のニューヨーク連銀製造業景況指数は、過去最高水準を記録した前月から低下した。一方、販売価格の指数は統計開始後の最高を更新した。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが続落となりました。

日経平均は昨晩のNYダウ高などの流れを引き継いで高く始まりましたが、以下のような材料を受け徐々に勢いを失ってマイナスに転じ、安値引けとなりました。

  • 8月20日から緊急事態宣言に7府県追加、10県にまん延防止適用の方向
  • 他のアジア市場が軟調
日経平均 27,424.47 -98.72 (-0.36%)
TOPIX 1,915.63 -9.35 (-0.49%)
JPX日経400 17,246.79 -78.98 (-0.46%)
JASDAQ平均 3,892.38 -46.85 (-1.19%)
マザーズ指数 1,009.39 -21.23 (-2.06%)
日経平均4日続落、終値98円安 宣言強化やアジア株安で
17日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前日比98円72銭(0・36%)安の2万7424円47銭ときょうの安値で終えた。7月30日以来の安値。自律反発を見込んだ買いが先行したものの、買い一巡後は伸び悩んで午後には下落に転じた。国内の新型コロナウイルスの感染状況などへの懸念が根強いほか、アジア株の下落が重荷となっ...
7府県に緊急事態宣言、分科会が政府案を了承…10県への「まん延防止措置」も : 政治 : ニュース
政府の基本的対処方針分科会は17日、新型コロナウイルス対策として、茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県に緊急事態宣言を20日から発令する案を妥当と判断し、了承した。 また、宮城、山梨、富山、岐阜、三重、岡山

個別材料

中小型海運株にも資金が流入してきて株価大幅高

大手海運3社が好調な決算を発表して株価を伸ばしてきましたが、今日は中小型海運株にも資金が入ってきたようで、株価が大幅高となりました。

新興市場が連日下げているため、こっちにお金が回ってきているのだとか。

共栄タンカー<9130> 1,226 +213 (+21.03%)
東海運<9380> 401 +53 (+15.23%)
明治海運<9115> 790 +100 (+14.49%)
飯野海<9119> 566 +54 (+10.55%)
ユナイテド海<9110> 3,570 +245 (+7.37%)
明治海運がストップ高、海運市況上昇受け個人マネーの流入増加 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
海運中堅の明治海運(9115)が買われて大幅高。連日で年初来高値を更新しており、値幅制限の上限となる前日比100円(14.5%)ストップ高の790円まで買い進まれ、午後1時48分現在でも同水準で買い気

東京エレクトロン 業績予想を上方修正しても株価下落

半導体製造装置の東京エレクトロン<8035>は、8月16日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比77.8%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比35.8%増としていましたが、今回52.3%増へと改めました。

配当予想も従来の年間1061円から1189円へと128円増額しました。(前期比408円の増配)

東京エレクトロンの今日の株価は大きく上昇して始まったものの、地合いが悪かったこともあり、午後はマイナスに転じてしまいました。

東京エレクトロン<8035> 44,600 -330 (-0.73%)
東エレクの21年4~6月期、純利益77.8%増 通期予想を上方修正
東京エレクトロンが16日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比77.8%増の1003億6300万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比52.3%増の3700億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは3336億300万円だった。東エレクはわが国...

ハークスレイ 第1四半期は減収減益で株価大幅安

ほっかほっか亭のハークスレイ<7561>は、8月16日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比20.5%増となりましたが、売上高は1.6%減、営業利益は45.2%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

この減収減益が嫌気されたのか今日のハークスレイの株価は大幅安となりました。

ハークスレイ<7561> 943 -116 (-10.95%)
ハークスレイの21年4~6月期、純利益20.5%増 通期予想据え置き
ハークスレイが16日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比20.5%増の1億600万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比14.3倍の10億円を見込む。ハークスレイは飲食店舗の出・退店に関わるサポートなどの飲食に関する総合支援サービスを基幹に、持ち帰り弁当販売店「...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

パンパシフィック

ドン・キホーテでおなじみのパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス<7532>は、8月17日に2021年6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比7.9%増となりました。

期末配当は従来予想通りの13円とのことです。(年間で前期比1円増配)

併せて2022年6月期の業績予想を発表。

純利益は前期比7%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で16.5円としています。(前期比0.5円の増配)

パンパシHDの2022年6月期、純利益7%増 予想平均下回る
パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが17日発表した2021年6月期の連結決算で、純利益は前期比7.9%増の538億5100万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(556億9300万円)を下回った。2022年6月期の純利益は前期比7%増の576億円を見込む。QUICKコンセンサ...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国ではパウエルFRB議長が討論会で発言します。

また、以下のような指標の発表があります。

  • 7月 小売売上高
  • 7月 鉱工業生産

以下のような決算発表もあります。

  • ホームデポ<HD>
  • ウォルマート<WMT>

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 7月 貿易統計(通関ベース)
  • 6月 機械受注
タイトルとURLをコピーしました