【8月16日の市況】日経平均大幅続落、シチズン時計 業績予想を上方修正して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、3指数とも続伸となりました。

この日発表された8月のミシガン大学消費者態度指数(下に記載)が市場予想を下回ったことで、10年債利回りが1.2%台に低下したり、為替が動いたりしましたが、株式指数はほぼ横ばいでの推移となりました。

NYダウとS&P500は過去最高値を更新しました。

NYダウ 35,515.38 +15.53 (+0.04%)
NASDAQ 14,822.89 +6.63 (+0.04%)
S&P500 4,468.00 +7.17 (+0.16%)
NYダウ、4日連続で最高値 週間で306ドル高(写真=ロイター)
【ニューヨーク=後藤達也】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均が4日連続で過去最高値を更新した。終値は前日比15ドル高の3万5515ドルで、週間の上昇幅は306ドルだった。米企業収益の拡大が続くとの期待が広がる中で、潤沢な運用マネーが株式市場に向かう構図が続いている。12日に好決算を発表したウォルト・ディズニーが1...

経済指標

8月 ミシガン大学消費者態度指数

8月のミシガン大学消費者態度指数は前月比11ポイント低下の70.2となり、市場予想を大きく下回りました。

8月の米消費者態度指数、コロナ以降で最低 感染増を懸念(写真=AP)
【ニューヨーク=大島有美子】ミシガン大学が13日発表した8月の消費者態度指数(速報値)は70.2となり、リーマン・ショックの影響が続いていた2011年12月以来、9年8カ月ぶりの低水準となった。新型コロナウイルス禍に入った直後の水準をも下回った。変異ウイルスの拡大が消費者の景況感を急低下させた。指数は市場予測(81程度...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

日経平均は寄り付き後すぐに大きく下げ幅を拡大。

後場寄り直後には549円安まで行く場面がありましたが、その後は少し下げ幅を縮小しました。

主なネガティブ材料

  • 先週末に発表された米国の8月のミシガン大学消費者態度指数が非常に悪かった
  • ドル円が109円台前半へと円高に進んできた
  • タリバンがアフガニスタンの政権を掌握
  • 発表された中国の7月の鉱工業生産、小売売上高(下に記載)に減速感
  • 緊急事態宣言の延長および3府県追加される方向との報道があった
日経平均 27,523.19 -453.96 (-1.62%)
TOPIX 1,924.98 -31.41 (-1.61%)
JPX日経400 17,325.77 -291.34 (-1.65%)
JASDAQ平均 3,939.23 -20.83 (-0.53%)
マザーズ指数 1,030.62 -38.38 (-3.59%) 
日経平均続落、終値453円安の2万7523円
16日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前週末比453円96銭(1.62%)安の2万7523円19銭で終えた。7月30日(2万7283円)以来約半月ぶりの安値となった。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、経済活動の正常化には時間を要するとの見方が投資家心理の悪化につながった。海外経済の減速懸念もあって、下げ...
アフガン政権が事実上崩壊 テロとの戦い振り出しに(写真=AP)
アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンは15日、首都カブールに進攻し大統領府を掌握した。同国のガニ大統領は国外に退避したとみられる。タリバン幹部は勝利宣言し、アフガン政権は事実上瓦解した。2001年の米同時テロをきっかけに旧タリバン政権が崩壊してから約20年、テロとの戦いが振り出しに戻る格好だ。ロイター通信は15日、ア...
<独自>緊急事態宣言、9月半ばまで延長へ 京都、兵庫、福岡も追加
政府は、全国で新型コロナウイルスの新規感染者が急増しているのを受け、新型コロナ特別措置法に基づき東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県と大阪府、沖縄県に発令中の緊急…

経済指標

2Q GDP

今日の取引時間開始前には2021年4~6月期のGDPの発表がありました。

実質GDPは前期比0.3%増、年率換算1.3%増となり、市場予想を上回りました。

4~6月GDP、実質年率1.3%増 2四半期ぶりプラス成長
内閣府が16日発表した2021年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.3%増、年率換算で1.3%増だった。プラス成長は2四半期ぶり。企業が手控えてきた設備投資が持ち直しプラスに転じたことなどが寄与したが、新型コロナウイルスの感染拡大で成長率全体は低めだった。4~6月の...

中国の7月 小売売上高、鉱工業生産

中国の7月の小売売上高は前年同月比8.5%増となりました。

中国の7月の鉱工業生産は前年同月比6.4%増となりました。

中国生産、7月6.4%増 半導体不足や洪水で鈍化
【北京=川手伊織】中国国家統計局が16日発表した2021年7月の主な経済統計によると、工業生産は前年同月比6.4%増だった。伸び率は6月の8.3%から鈍化した。自動車の生産が半導体不足の影響で減少したほか、粗鋼やセメントも伸び悩んだ。悪天候や洪水被害も足を引っ張った。工業生産は、新型コロナウイルスの感染が広がる前の19...

個別材料

シチズン時計 業績予想を上方修正して株価大幅高

シチズン時計<7762>は8月13日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は43億9600万円の黒字となりました。(前年同期は67億5500万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では90億円としていましたが、今回115億円へと改めました。(前期は251億7300万円の赤字)

また、配当予想を従来予想の年間14円から18円へと4円増額しました。(前期比13円の増配)

これを受け今日のシチズン時計の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

シチズン時計<7762> 481 +43 (+9.82%)
シチズンの21年4~6月期、最終損益は43億9600万円の黒字 通期予想を上方修正
シチズン時計が13日発表した2021年4~6月期の連結決算で、最終損益は43億9600万円の黒字となった。前年同期は67億5500万円の赤字だった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。最終損益は115億円の黒字(前期は251億7300万円の赤字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは84...

富士フイルム 業績予想を上方修正して株価大幅高

写真や医療の富士フイルムホールディングス<4901>は、8月13日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.1倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比28.3%減としていましたが、今回11.7%減へと改めました。

これを受け今日の富士フイルムの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

富士フイルム<4901> 8,517 +541 (+6.78%)
富士フイルムの21年4~6月期、純利益2.1倍 通期予想を上方修正
富士フイルムホールディングスが13日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比2.1倍の573億700万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比11.7%減の1600億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは1447億7500万円だった。富士フイル...

荏原製作所 業績予想を上方修正して株価大幅高

ポンプの荏原製作所<6361>は、8月13日に2021年1~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.4倍となりました。

中間配当は従来予想通り50円とのことです。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では295億円の黒字としていましたが、今回370億円の黒字へと改めました。(今期からIFRS適用のため前期との比較なし)

また、期末配当予想を50円から80円へと30円増額しています。(年間では前期比40円の増配)

これを受け今日の荏原製作所の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

荏原製作所<6361> 5,800 +240 (+4.32%)
荏原の21年1~6月期、純利益2.4倍 通期予想を上方修正
荏原製作所が13日発表した2021年1~6月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比2.4倍の169億2600万円となった。2021年12月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は370億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは307億9000万円だった。荏原は水関連・エネルギー関連施設...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

東京エレクトロン

半導体製造装置の東京エレクトロン<8035>は、8月16日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比77.8%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比35.8%増としていましたが、今回52.3%増へと改めました。

配当予想も従来の年間1061円から1189円へと128円増額しました。(前期比408円の増配)

東エレクの21年4~6月期、純利益77.8%増 通期予想を上方修正
東京エレクトロンが16日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比77.8%増の1003億6300万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比52.3%増の3700億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは3336億300万円だった。東エレクはわが国...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 8月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • パンパシフィック<7532>
タイトルとURLをコピーしました