【8月12日の市況】日経平均反落、楽天グループ 第2四半期までの赤字が654億円となり株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

この日発表された7月の消費者物価指数(CPI)(下に記載)が市場予想に近い値で出てきたことで、安心感が広がりました。

NYダウとS&P500は過去最高値を更新しました。

NYダウ 35,484.97 +220.30 (+0.62%)
NASDAQ 14,765.13 -22.95 (-0.16%)
S&P500 4,447.70 +10.95 (+0.25%)
NYダウ連日の最高値 220ドル高、インフレ懸念和らぐ
【NQNニューヨーク=岩本貴子】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前日比220ドル30セント(0.6%)高の3万5484ドル97セントで終え、連日で過去最高値を更新した。11日朝発表の7月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、過度なインフレ懸念が和らいだ。米連邦準備理事会(FRB)が早期にテ...

経済指標

7月 消費者物価指数(CPI)

7月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.4%の上昇となりました。

米CPI、7月は前年比5.4%で13年ぶり高水準維持 前月比では鈍化
米労働省が11日発表した7月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前年同月比5.4%上昇と、コロナ禍が引き起こした供給網の混乱が続く中、13年ぶりの高水準にとどまった。

決算発表(夕)

イーベイ<EBAY>

米イーベイ、第3四半期売上高見通しが予想下回る 経済再開で
米電子商取引(EC)大手イーベイが11日に発表した第2・四半期決算は売上高が市場予想を下回った。第3・四半期の売上高見通しも市場予想を下回り、経済活動の再開やワクチン接種の進展などで、新型コロナウイルス感染拡大を受けた電子商取引の需要増が薄れていく可能性があることが示唆された。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで高く始まり、午前9時半前に209円高まで上昇しましたが、そこからは下り坂となり午後1時頃からマイナスに転じました。

前日まで4営業日続伸していたため利益確定売りが出たようです。

日経平均はぎりぎり2万8千円台をキープしました。

日経平均 28,015.02 -55.49 (-0.20%)
TOPIX 1,953.55 -0.53 (-0.03%)
JPX日経400 17,587.53 +1.12 (+0.01%)
JASDAQ平均 3,947.41 +4.63 (+0.12%)
マザーズ指数 1,076.32 -12.40 (-1.14%)
日経平均、5日ぶり小反落 終値55円安の2万8015円
12日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに小幅反落し、前日比55円49銭(0・20%)安の2万8015円02銭で終えた。前日まで4日続伸していたとあって、上昇が目立った銘柄では利益確定などの売りが優勢となった。主要企業の決算発表がほぼ一巡し、新規の材料を欠くなかで持ち高調整の売りも出やすかった。朝方は11日の米...

経済指標

7月 オフィス空室率

午前の取引時間中には7月のオフィス空室率の発表がありました。

空室率は前月比0.09ポイント上昇の6.28%。

平均賃料は前月比0.54%の下落となりました。

7月の東京都心オフィス空室率、0.09ポイント上昇の6.28%
オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が12日発表した7月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は前月比0.09ポイント上昇の6.28%だった。上昇は17

個別材料

楽天グループ 第2四半期までの赤字が654億円となり株価大幅安

ネット通販などの楽天グループ<4755>は、8月11日に2021年1~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は654億3800万円の赤字となりました。(前年同期は274億8500万円の赤字)

通期の純利益についての業績予想は開示していません。

この赤字が嫌気され今日の楽天グループの株価は大幅安となりました。

引き続き携帯電話の基地局整備にお金がかかっているようです。

楽天グループ<4755> 1,257 -86 (-6.40%)
楽天グループの21年1~6月期、最終損益が654億3800万円の赤字 通期予想は非開示
楽天グループが11日発表した2021年1~6月期の連結決算(国際会計基準)で、最終損益は654億3800万円の赤字となった。前年同期は274億8500万円の赤字だった。2021年12月期通期の純利益予想は開示していない。売上高にあたる売上収益や営業利益、経常利益予想もそれぞれ開示していない。アナリスト予想の平均であるQ...
楽天決算で三木谷氏「ローミング費用が本当に高い」、通信事業・RCP・エコシステムの「一石三鳥」を狙う
 楽天グループは11日、2021年度第2四半期決算を発表した。売上収益は7936億7100万円(前年同期比+16.9%)、営業利益はー1008億8900万円(前年同期207億2100万円)、グループ全体の純利益は―663億400万円(同278億2400万円)だった。

SMC 業績予想を上方修正して株価大幅高

空圧制御機器などのSMC<6273>は、8月11日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比5.5%増としていましたが、今回23.2%増へと改めました。

これを受け今日のSMCの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

SMC<6273> 73,070 +2,630 (+3.73%)
SMCの21年4~6月期、純利益2倍 通期予想を上方修正
SMCが11日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比2倍の459億6300万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比23.2%増の1500億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは1447億2500万円だった。SMCは方向制御機器、駆動機器、空...

電通グループ 1075億円黒字の通期業績予想を発表し株価大幅高

広告代理店の電通グループ<4324>は、8月11日に2021年1~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.3倍となりました。

これまで未定としていた中間配当は50.5円とのことです。

併せてこれまで未定としていた通期の業績予想を発表。

純利益は1075億円の黒字になりそうだとのことです。(前期は2042億円の赤字)

期末配当予想は50.5円としています。(年間では前期比29.75円の増配)

これを受け今日の電通グループの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

電通グループ<4324> 4,285 +205 (+5.02%)
電通グループの21年1~6月期、純利益2.3倍
電通グループが11日発表した2021年1~6月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比2.3倍の361億400万円となった。2021年12月期通期の最終損益は1075億円の黒字(前期は1595億9600万円の赤字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは824億8800万円だった。電通グル...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

JFE

鉄鋼のジェイエフイーホールディングス<5411>は、8月12日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は619億7800万円の黒字となりました。(前年同期は391億9700万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では1300億円の黒字としていましたが、今回2400億円の黒字へと改めました。(前期は218億6800万円の赤字)

また、これまで未定としていた中間配当予想を60円としました。

現時点のPTS取引の株価は大幅高となっています。

JFEの21年4~6月期、最終損益は619億7800万円の黒字 通期予想を上方修正
ジェイエフイーホールディングスが12日発表した2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)で、最終損益は619億7800万円の黒字となった。前年同期は391億9700万円の赤字だった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。最終損益は2400億円の黒字(前期は218億6800万円の赤字)を見込む。アナリスト予想...

リクルートHD

求人情報、販促、人材派遣などのリクルートホールディングス<6098>は、8月12日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比3.5倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比6.6%~44.6%増としていましたが、今回52.2%~90.3%増へと改めました。

また、これまで未定としていた配当予想は年間で21円としています。(前期比1円の増配)

現時点のPTS取引の株価は大幅高となっています。

リクルートの21年4~6月期、純利益3.5倍 通期予想を上方修正
リクルートホールディングスが12日発表した2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比3.5倍の778億6400万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比52.2%増の2000億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは1797億円だった。リク...

マクドナルド

ハンバーガーの日本マクドナルドホールディングス<2702>は、8月12日に2021年1~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比18.7%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比1.1%増としていましたが、今回4.0%増へと改めました。

マクドナルドの21年1~6月期、純利益18.7%増 通期予想を上方修正
日本マクドナルドホールディングスが12日発表した2021年1~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比18.7%増の109億1400万円となった。2021年12月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比4%増の210億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは218億3300万円だった。マクドナ...

メルカリ

フリマアプリのメルカリ<4385>は、8月12日に2021年6月期の連結決算を発表しました。

純利益は57億2000万円の黒字となりました。(前期は227億7200万円の赤字)

2022年6月期の業績予想は開示していません。

メルカリの21年6月期、最終損益は57億2000万円の黒字
メルカリが12日発表した2021年6月期の連結決算で、最終損益は57億2000万円の黒字となった。前期は227億7200万円の赤字だった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(49億円)を上回った。2022年6月期の純利益予想は非開示とした。売上高や営業利益、経常利益も非開示とした。メルカリはスマートフォン...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 7月 卸売物価指数(PPI)

また、以下のような決算発表があります。

  • ウォルト・ディズニー<DIS>

国内

明日はオプションSQです。

また、取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • 日本通運<9062>
  • ENEOS<5020>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • すかいらーくHD<3197>
  • 富士フイルム<4901>
  • 荏原製作所<6361>
  • シチズン時計<7762>
タイトルとURLをコピーしました