【8月4日の市況】日経平均続落、宝HLD 通期の業績予想と配当予想を上方修正して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも上昇しました。

10年債利回りが下げ止まってきたことを受け、景気敏感株を中心に買い直されました。

S&P500は終値ベースで過去最高値を更新しました。

NYダウ 35,116.40 +278.24 (+0.80%)
NASDAQ 14,761.29 +80.22 (+0.55%)
S&P500 4,423.15 +35.99 (+0.82%)
NYダウ3日ぶり反発278ドル高 景気敏感株に買い
【NQNニューヨーク=戸部実華】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比278ドル24セント(0.8%)高の3万5116ドル40セントで終えた。米長期金利の低下を受けて景気減速への警戒感が高まり、朝方は売りが先行した。米長期金利が下げ止まると、資本財や金融など景気敏感株を中心に買い優勢に転じ...

決算発表(夕)

アリババ・グループ<BABA>

アリババ、4-6月期売上高が予想に届かず 競争激化やネット消費減少で
中国電子商取引最大手のアリババ・グループ・ホールディングが3日発表した第1・四半期(4-6月)決算は、売上高がアナリスト予想に届かなかった。京東商城(JDドット・コム)や拼多多(ピンドゥオドゥオ)といった同業者との競争激化や、新型コロナウイルス関連の行動規制緩和に伴って消費者がネットより実店舗での支出を増やしたことなど...

アムジェン<AMGN>

米アムジェン、第2四半期は5%増収 コロナが下半期売上高に影響
米バイオ医薬品大手・アムジェンが3日に発表した第2・四半期決算は、売上高が5%増加した。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が2021年の残りの期間の売上高に影響を及ぼすとの見通しを示した。

リフト<LYFT>

米リフト、第2四半期は調整後で初の黒字 ドライバー不足警告
米配車大手リフトが3日発表した第2・四半期(6月まで)決算は調整後のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が2380万ドルとなり、目標より1四半期早く黒字化を達成した。コスト抑制や乗客数の回復が寄与した。黒字計上は2012年の創業以来初めて。市場予想は約5000万ドルの赤字だった。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

昨晩の米国市場や今日の他のアジア市場が堅調な中、日本市場だけがマイナスで推移しました。

なぜ日本株だけ売られているのか原因がよくわかりません。

オリンピックの関係でしょうか?

日経平均 27,584.08 -57.75 (-0.21%)
TOPIX 1,921.43 -9.71 (-0.50%)
JPX日経400 17,254.39 -69.64 (-0.40%)
JASDAQ平均 3,935.17 -42.10 (-1.06%)
マザーズ指数 1,071.22 -14.31 (-1.32%)
日経平均続落、終値57円安の2万7584円
4日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比57円75銭(0・21%)安の2万7584円08銭で終えた。新型コロナウイルスで感染力の強いインド型(デルタ型)が世界的に感染拡大している。先行きの景気動向が懸念されるなか、日本株には売りが優勢だった。一方、好決算を発表した銘柄には買いが入り、相場の下値を支えた。新型コロ...

経済指標

中国の7月 非製造業PMI(財新)

今日の午前の取引時間中には中国の7月の非製造業PMI(財新)の発表があり、前月比4.6ポイント上昇の54.9となりました。

中国サービス部門PMI、7月は54.9に上昇 コロナ再拡大がリスク=財新
財新/マークイットが4日発表した7月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は54.9で、前月の50.3から上昇し、5月以来の高水準となった。

個別材料

宝HLD 通期の業績予想と配当予想を上方修正して株価大幅高

酒類とバイオの宝ホールディングス<2531>は、8月3日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比4.6倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比12.5%増としていましたが、今回26.7%増へと改めました。

また、年間の配当予想を22円から24円へと2円増額しました。(前期比3円の増配)

これを受け今日の宝HLDの株価は大幅高となりました。

宝HLD<2531> 1,410 +130 (+10.16%)
宝HLDの21年4~6月期、純利益4.6倍 通期予想を上方修正
宝ホールディングスが3日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比4.6倍の53億4900万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比26.7%増の134億円を見込む。宝HLDは焼酎や清酒、みりんの製造販売を手掛ける宝酒造を傘下に置く持株会社。タカラバイオグループの好調に...

日本郵船 通期の業績予想と配当予想を上方修正して株価大幅高

大手海運の日本郵船<9101>は、今日の昼の時間帯に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比12.9倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比2.5倍としていましたが、今回3.6倍へと改めました。

また、年間の配当予想を200円から500円へと300円増額しました。(前期比500円の増配)

これを受け後場の日本郵船の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

日本郵船<9101> 6,930 +360 (+5.48%)
郵船の21年4~6月期、純利益12.9倍 通期予想を上方修正
日本郵船が4日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比12.9倍の1510億9300万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比3.6倍の5000億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは3424億2500万円だった。郵船は世界でも有数の大規模かつ...

トヨタ自動車 通期の業績予想据え置きで株価下落

トヨタ自動車<7203>は今日の午後の取引時間中に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比5.7倍となりました。

通期の業績は据え置きとのことです。

この決算が伝わると業績予想据え置きが残念だったのかトヨタ自動車の株価は下落しました。

トヨタ自動車<7203> 9,970 -85 (-0.85%)
トヨタ、4~6月純利益5.7倍で過去最高 世界販売が好調
トヨタ自動車が4日発表した2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期実績の5.7倍にあたる8978億円だった。新型コロナウイルスが広がる前の19年4~6月期の6829億円を超え、4~6月期としては過去最高となった。コロナの影響が続く中で新車の需要が回復。北米や中国、日本といった世界の主要市場で販...

ダイキン工業 業績予想を上方修正して株価大幅高

エアコンのダイキン工業<6367>は、8月3日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.4倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比13.3%増としていましたが、今回21.6%増へと改めました。

これを受け今日のダイキン工業の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

ダイキン工業<6367> 24,670 +1,465 (+6.31%)
ダイキンの21年4~6月期、純利益2.4倍 通期予想を上方修正
ダイキン工業が3日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比2.4倍の786億2800万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比21.6%増の1900億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは1941億7400万円だった。ダイキンは空調機業界の世界...

日本製鉄 業績予想を上方修正して株価大幅高

鉄鋼の日本製鉄<5401>は、8月3日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は1621億2900万円の黒字となりました。(前年同期は420億7100万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では2400億円の黒字としていましたが、今回3700億円の黒字へと改めました。(前期は324億3200万円の赤字)

また、これまで未定としていた中間配当予想を55円としました。

これを受け今日の日本製鉄の株価は大幅高となりました。

日本製鉄<5401> 2,036 +62 (+3.14%)
日本製鉄の21年4~6月期、最終損益は1621億2900万円の黒字 通期予想を上方修正
日本製鉄が3日発表した2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)で、最終損益は1621億2900万円の黒字となった。前年同期は420億7100万円の赤字だった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。最終損益は3700億円の黒字(前期は324億3200万円の赤字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICK...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ホンダ

自動車やバイクのホンダ<7267>は、8月4日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は2225億1200万円の黒字となりました。(前年同期は808億7100万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比10.3%減としていましたが、今回1.9%増へと改めました。

また、1800万株(1.0%)・700億円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は8月5日~12月31日としています。

ホンダが一転最終増益 22年3月期、米国販売が好調
ホンダは4日、2022年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比2%増の6700億円になりそうだと発表した。10%減の5900億円としていた従来予想から800億円上振れ、一転増益となる。新型コロナウイルス禍前の19年3月期の水準(6103億円)を回復する。米国で新車販売が好調なことに加え、為替の円安やコスト削減が利益...

ソニーグループ

イメージセンサやゲームなどのソニーグループ<6758>は、8月4日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比9.4%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では6600億円の黒字としていましたが、今回7000億円の黒字へと改めました。

ソニーGの21年4~6月期、純利益9.4%増 通期予想を上方修正
ソニーグループが4日発表した2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比9.4%増の2118億2900万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は7000億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは7188億200万円だった。ソニーGはオーディオ・ビジ...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 7月 ADP雇用統計
  • 7月 ISM非製造業景況指数

また、以下のような決算発表があります。

  • ゼネラルモーターズ<GM>
  • ウーバー・テクノロジーズ<UBER>

国内

明日の取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • 川崎重工業<7012>
  • 大林組<1802>
  • 東洋紡<3101>
  • 三井化学<4183>
  • 日清食HD<2897>
  • 大成建設<1801>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • キッコーマン<2801>
  • SUMCO<3436> ← 要チェック
  • 日本製紙<3863>
  • 資生堂<4911>
  • コスモエネルギー<5021>
  • 日本板硝子<5202>
  • 神戸製鋼所<5406>
  • 古河電工<5801>
  • フジクラ<5803>
  • ダイフク<6383>
  • GSユアサ<6674>
  • シャープ<6753>
  • 太陽誘電<6976> ← 要チェック
  • スズキ<7269> ← 要チェック
  • ヤマハ発動機<7272>
  • 島津製作所<7701>
  • オリンパス<7733>
  • バンナムHD<7832>
  • 大日本印刷<7912>
  • 任天堂<7974> ← 要チェック
  • 丸井G<8252>
  • NTTデータ<9613>
  • スクエニHD<9684>
  • コナミHD<9766>
タイトルとURLをコピーしました