【8月2日の市況】日経平均大幅反発、日本ガイシ 業績予想を上方修正して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、3指数とも反落となりました。

前日の引け後に発表されたアマゾン・ドットコム<AMZN>の決算で売上高が市場予想を下回ったことから株価が急落。

他の主力ハイテク株にも売りが出ました。

アマゾン・ドットコム<AMZN> 3,327.59 -272.33 (-7.56%)
NYダウ 34,935.47 -149.06 (-0.42%)
NASDAQ 14,672.67 -105.58 (-0.71%)
S&P500 4,395.26 -23.89 (-0.54%)
NYダウ反落149ドル安 Amazon急落でハイテク株売り
【NQNニューヨーク=古江敦子】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比149ドル06セント(0.4%)安の3万4935ドル47セントで終えた。29日夕に四半期決算を発表したネット通販のアマゾン・ドット・コムが急落し、投資家心理が悪化。主力ハイテク株に売りが波及したほか、月末とあって持ち高調整の売りが景...

経済指標

6月 個人所得、個人消費支出

この日は6月の個人所得、個人消費支出の発表がありました。

個人所得は前月比0.1%増となりました。

個人消費支出は前月比1%増となり、市場予想を上回りました。

米個人消費支出、6月は予想上回る伸び-価格指数は上昇継続
米国の個人消費支出は6月に市場予想を上回る伸びとなった。サービスへの支出増加を反映した。注目される価格指数は上昇が続いた。

決算発表(朝)

キャタピラー<CAT>

キャタピラー<CAT> 206.75 -5.81 (-2.73%)
米キャタピラー、4~6月純利益3倍 建機需要の回復続く(写真=AP)
【ニューヨーク=中山修志】建機大手の米キャタピラーが30日発表した2021年4~6月期決算は、純利益が前年同期の3倍の14億ドル(約1550億円)だった。グローバルで建設機械や鉱山機械の需要回復が続き、売上高が128億ドルと同29%増加した。増収増益は2四半期連続。主力の建設機械の売り上げが南米地区で前年同期の2倍、北...

シェブロン<CVX>

シェブロン<CVX> 101.81 -0.76 (-0.74%)
シェブロン、第2四半期利益が6四半期ぶり高水準 自社株買い再開
米石油大手シェブロンが30日発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は利益が6四半期ぶりの高水準となった。原油価格の回復を受け、利益とキャッシュフローがパンデミック(世界的大流行)前の水準に達した。また自社株買いを再開すると表明した。

プロクター・アンド・ギャンブル<PG>

プロクター・アンド・ギャンブル<PG> 142.23 +2.82 (+2.02%)
米P&G、4~6月純利益4%増 素材価格上昇が逆風に(写真=AP)
【ニューヨーク=河内真帆】日用品大手の米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が30日発表した2021年4~6月期決算は、純利益が前年同期比4%増の29億800万ドル(約3187億円)だった。ヘルスケアやスキンケア用品などの販売が好調だった。素材などの価格上昇は続いており、22年6月期通期で約19億ドルの下振...

エクソン・モービル<XOM>

エクソン・モービル<XOM> 57.57 -1.39 (-2.36%)
米エクソン、4~6月の売上高2.1倍 「排出ゼロ」触れず(写真=ロイター)
【ニューヨーク=中山修志】米石油メジャーのエクソンモービルが30日発表した2021年4~6月期決算は、最終損益が46億ドル(約5100億円)の黒字(前年同期は10億ドルの赤字)だった。原油相場の上昇で売上高が前年同期の2.1倍の677億ドルに増加した。市場関係者が注目した「カーボンニュートラル」の計画には触れなかった。...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

日経平均は先週金曜日に498円下げたこともあって今朝は反発して始まり、その後もじりじりと上げ幅を拡大して金曜日の下げ分をほぼ取り返しました。

今日から緊急事態宣言の対象が拡がったりしていますが、お構いなしで指数が上昇しました。

日経平均 27,781.02 +497.43 (+1.82%)
TOPIX 1,940.05 +38.97 (+2.05%)
JPX日経400 17,406.53 +348.15 (+2.04%)
JASDAQ平均 3,965.07 +11.92 (+0.30%)
マザーズ指数 1,088.34 +3.00 (+0.28%)
日経平均反発、終値497円高の2万7781円
2日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発し、前週末比497円43銭(1・82%)高の2万7781円02銭で終えた。前週末に大幅に下落した分をほぼ埋めた。自律反発期待の買いに加え、決算を手がかりにした物色も入って相場を押し上げた。上げ幅が500円を超える場面も目立った。日経平均は前週末に大幅に下落した際、1月に付けた年...
緊急事態、大阪など6都府県に拡大 変わらぬ通勤風景
新型コロナウイルスの緊急事態宣言が2日、埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県に適用された。すでに適用されていた東京都と沖縄県と合わせ、対象は6都府県に広がった。期間は31日まで。自治体は飲食店に営業時間の短縮や酒類提供の停止を要請するなどして感染拡大を抑える。宣言に準じる措置をとれる「まん延防止等重点措置」も2日から31日...

経済指標

中国の7月 製造業PMI、非製造業PMI

7月31日(土)には中国の7月の製造業PMI、非製造業PMIの発表がありました。

製造業PMIは前月比0.5ポイント低下の50.4。

非製造業PMIは前月比0.2ポイント低下の53.3となりました。

中国製造業PMI、7月も低下-下期の景気回復はより安定ペースか
中国の製造業と非製造業の活動を測る政府の指数は7月も低下し、より落ち着いたペースでの下期の景気回復が示唆された。

中国の7月 製造業PMI(財新)

今日の午前の取引時間中には中国の7月の製造業PMI(財新)の発表がありました。

前月比1.0ポイント低下の50.3となり、市場予想を下回りました。

中国7月製造業PMIは50.3、昨年4月以来の低水準=財新
財新/マークイットが2日発表した7月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.3と、6月の51.3から低下し、昨年4月以来の低水準となった。製品の値上がりなどで需要が1年ぶりに減少したことが響いた。

個別材料

日本ガイシ 業績予想を上方修正して株価大幅高

セラミックスの日本ガイシ<5333>は、7月30日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は161億7000万円の黒字となりました。(前年同期は2億4400万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比29.9%増としていましたが、今回50.7%増へと改めました。

これを受け今日の日本ガイシの株価は大幅高となりました。

日本ガイシ<5333> 1,882 +140 (+8.04%)
ガイシの21年4~6月期、最終損益は161億7000万円の黒字 通期予想を上方修正
日本碍子が30日発表した2021年4~6月期の連結決算で、最終損益は161億7000万円の黒字となった。前年同期は2億4400万円の赤字だった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比50.7%増の580億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは503億5000万円だった。ガイ...

ワコム 自社株買いを発表し株価大幅高

ペン入力タブレットのワコム<6727>は、7月30日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比53.3%増となりました。

また、200万株(1.23%)・10億円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は今日~10月29日としています。

これを受け今日のワコムの株価は大幅高となりました。

ワコム<6727> 725 +93 (+14.72%)
ワコムの21年4~6月期、純利益53.3%増 通期予想据え置き
ワコムが30日発表した2021年4~6月期の連結決算で、純利益は前年同期比53.3%増の23億1200万円となった。2022年3月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比21.8%減の80億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは79億3300万円だった。ワコムは映画、アニメ、オートデザイン...

エプソン 業績予想を上方修正して株価大幅高

インクジェットプリンタのセイコーエプソン<6724>は、7月30日に2021年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は174億9300万円の黒字となりました。(前年同期は2億4600万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比22.9%増としていましたが、今回55.2%増へと改めました。

これを受け今日のエプソンの株価は大幅高となりました。

エプソン<6724> 1,985 +109 (+5.81%)
エプソンの21年4~6月期、最終損益は174億9300万円の黒字 通期予想を上方修正
セイコーエプソンが30日発表した2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)で、最終損益は174億9300万円の黒字となった。前年同期は2億4600万円の赤字だった。2022年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比55.2%増の480億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは427億...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

AGC

ガラスなどのAGC<5201>は、8月2日に2021年1~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比5.6倍となりました。

中間配当は従来予想の70円から80円へと10円増額されました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比2.5倍としていましたが、今回3.6倍へと改めました。

期末配当予想も従来予想の70円から130円(普通配当80円+特別配当50円)へと60円増額しています。(年間では前期比90円の増配)

AGCの21年1~6月期、純利益5.6倍 通期予想を上方修正
AGCが2日発表した2021年1~6月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比5.6倍の638億4300万円となった。2021年12月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比3.6倍の1170億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは961億7300万円だった。AGCは建築用、自動...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 7月 ISM製造業景況指数

国内

明日の取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • 丸紅<8002>
  • 双日<2768>
  • 東ソー<4042>
  • 王子HD<3861>
  • SUBARU<7270>
  • 三井物産<8031>
  • 三菱商事<8058>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 宝HLD<2531>
  • ニチレイ<2871>
  • 住友化学<4005>
  • 協和キリン<4151>
  • 宇部興産<4208>
  • Zホールディングス<4689>
  • 日本製鉄<5401>
  • 住友電工<5802>
  • クボタ<6326>
  • ダイキン工業<6367>
  • カシオ計算機<6952>
  • オリックス<8591>
  • JAL<9201>
タイトルとURLをコピーしました