【7月13日の市況】日経平均続伸、タマホーム 6期連続増配や中期経営計画が好感され株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも続伸となりました。

翌日から始まる決算発表に期待してトップバッターの金融株などに買いが入りました。

NYダウ、NASDAQ、S&P500の3指数とも過去最高値を更新しました。

NYダウ 34,996.18 +126.02 (+0.36%)
NASDAQ 14,733.24 +31.32 (+0.21%)
S&P500 4,384.63 +15.08 (+0.35%)
NYダウ続伸126ドル高、最高値更新 金融株に買い
【NQNニューヨーク=戸部実華】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比126ドル02セント(0.4%)高の3万4996ドル18セントと連日で過去最高値を更新した。今週から2021年4~6月期決算の発表シーズンが始まる。先陣を切る大手金融株を中心に決算発表に先回りした買いが入った。米長期金利の低下に一...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけが下落して、その他の指数は上昇しました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで高く始まり、午前10時くらいまで上昇基調を続けた後、徐々に上げ幅を縮小していきました。

今晩米国で6月の消費者物価指数(CPI)の発表が控えているので、午後はそれへの警戒感が出てしまったようですね。

今日は半導体製造装置関連に外資系の投資判断の引き下げがあって大幅安じゃった。

日経平均 28,718.24 +149.22 (+0.52%)
TOPIX 1,967.64 +14.31 (+0.73%)
JPX日経400 17,703.36 +122.98 (+0.70%)
JASDAQ平均 3,995.86 +14.76 (+0.37%)
マザーズ指数 1,177.89 -5.78 (-0.49%)
SCREEN<7735> 9,790 -520 (-5.04%)
レーザーテック<6920> 21,150 -1,080 (-4.86%)
日経平均続伸、終値149円高の2万8718円 景気不安和らぐ
13日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比149円22銭(0・52%)高の2万8718円24銭で終えた。前日の米株式市場で主要な株価指数がそろって連日で最高値を更新した流れを受け、東京市場でも主力銘柄への買いが優勢だった。米長期金利の低下に一服感が出たことも景気減速への懸念が和らいだとして、リスク資産である株式...

経済指標

中国の6月 貿易収支

今日の昼には中国の6月の貿易収支の発表があり、輸出が前年同月比32.2%増、輸入が36.7%増となりました。

中国輸入、6月36%増 資源高が押し上げ(写真=ロイター)
【北京=川手伊織】中国税関総署が13日発表した2021年6月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年同月比32.2%増の2814億ドル(約31兆円)、輸入は36.7%増の2298億ドルだった。輸入の伸びは5月(51.1%)より鈍ったが、国際商品価格の上昇に伴って資源の調達額が膨らみ、全体を押し上げた。輸出入ともに市場...

個別材料

タマホーム 6期連続増配や中期経営計画が好感され株価大幅高

注文住宅のタマホーム<1419>は、7月12日に2021年5月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比40.3%増となりました。

期末配当は従来予想の90円から100円へと10円増額しました。(年間では前期比30円の増配)

併せて2022年5月期の業績予想を発表。

純利益は前期比1.8%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で110円としています。(前期比10円の増配)

また、中期経営計画も発表しました。

これを受け今日のタマホームの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

タマホーム<1419> 2,748 +412 (+17.64%)
タマホーム、前期純利益40%増 コロナで戸建てに需要
タマホームが12日発表した2021年5月期の連結決算は純利益が前の期比40%増の71億円と過去最高益を更新した。新型コロナウイルス禍で在宅勤務が浸透するなか、広い戸建て住宅を求めるニーズが強まり、利益を押し上げた。売上高は4%増の2180億円。住宅の受注棟数は1万2324棟と上場以来の最高実績を更新した。主力の注文住宅...

コスモス薬品 今期も営業増益になりそうで株価大幅高

ドラッグストアのコスモス薬品<3349>は、7月12日に2021年5月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比26.7%増となりました。

期末配当は従来予想の27.5円から42.5円へと15円増額しています。

併せて2022年5月期の業績予想を発表。

純利益は前期比7.9%減になりそうだとのことです。(会計基準が変わるため厳密な比較はできません)

配当予想は年間で80円としています。(前期比10円の増配)

純利益は減りそうなものの営業利益は微増になりそうなことなどから、今日のコスモス薬品の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

コスモス薬品<3349> 17,730 +1,510 (+9.31%)
コスモス薬品の2022年5月期、純利益7.9%減 予想平均下回る
コスモス薬品が12日発表した2021年5月期の連結決算で、純利益は前期比26.7%増の271億5600万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(252億4000万円)を上回った。2022年5月期の純利益は前期比7.9%減の250億円を見込む。QUICKコンセンサスの252億5000万円を下回る。コ...

多木化学 バカマツタケの大量生産試験設備を増設したと発表し株価大幅高

アグリや化学品の多木化学<4025>は、今年5月にバカマツタケの大量生産試験が可能な研究栽培施設を増設したと、7月12日に発表しました。

これを受け今日の多木化学の株価は大幅高となりました。

久しぶりにバカマツタケの話題が出てきました。

四季報の文面から「バカマツタケ」という文言が消えてしまっていたので心配していました。

多木化学<4025> 5,680 +470 (+9.02%)
多木化が続急伸、バカマツタケ事業化で大量生産試験設備を増設(多木化) 2021年07月13日[みんかぶ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
2021/07/13 - 多木化(4025) の関連ニュース。 多木化学が続急伸している。12日の取引終了後、5月に大量生産試験が可能なバカマツタケ研究栽培設備を増設したと発表しており、バカマツタケ事業化が順調に進んでいることが好感されている。 同設備により、量産スケールでの生産安定性、生産コストなど課題解決のための検...

ローツェ 決算は良かったものの材料出尽くしとなったようで株価大幅安

半導体関連装置のローツェ<6323>は、7月12日に2021年3~5月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比71.6%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

決算は良かったのですが材料出尽くしとなったようで、今日のローツェの株価は大幅安となりました。

ローツェ<6323> 8,990 -610 (-6.35%)
ローツェの21年3~5月期、純利益71.6%増 通期予想据え置き
ローツェが12日発表した2021年3~5月期の連結決算で、純利益は前年同期比71.6%増の26億9600万円となった。2022年2月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比22.2%増の79億900万円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは89億9300万円だった。ローツェは半導体業界のIC...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

東宝

映画などの東宝<9602>は、7月13日に2021年3~5月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比30.7倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

東宝の21年3~5月期、純利益30.7倍 通期予想据え置き
東宝が13日発表した2021年3~5月期の連結決算で、純利益は前年同期比30.7倍の66億8400万円となった。2022年2月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比39.6%増の205億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは281億円だった。東宝は映画の製作・配給のトップ。映画興行事業で...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 6月 消費者物価指数(CPI)

また、以下のような決算発表があります。

  • JPモルガン・チェース<JPM>
  • ゴールドマン・サックス<GS>

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • ABCマート<2670>
  • JINSHD<3046>
  • コメダ<3543>
  • ロコンド<3558>
  • 不二越<6474>
  • 古野電気<6814>
  • サイゼリヤ<7581>
タイトルとURLをコピーしました