【6月28日の市況】日経平均反落、7&iHD 米国のガソリンスタンドチェーン買収が承認される見通しで株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

前日の引け後に好決算を発表したナイキ<NKE>や、FRBが株主還元の制限を解除すると発表した金融機関株が買われ、NYダウを押し上げました。

反対に10年債利回りが1.5%台に上昇してきたことで、高PERなハイテク株は売られました。

S&P500は過去最高値を更新しました。

NYダウ 34,433.84 +237.02 (+0.69%)
NASDAQ 14,360.38 -9.32 (-0.06%)
S&P500 4,280.70 +14.21 (+0.33%)
ナイキ<NKE> 154.35 +20.75 (15.53%)
NYダウ続伸237ドル高 好決算のナイキが上昇けん引
【NQNニューヨーク=川内資子】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比237ドル02セント(0.7%)高の3万4433ドル84セントで終えた。前日夕に好決算を発表したスポーツ用品のナイキが急伸し、ダウ平均をけん引した。株主還元策の強化への期待から金融株が買われたのも相場を押し上げた。多くの機関投資家が...
米ナイキ、3~5月期1600億円の黒字に 北米売上2.4倍(写真=AP)
【ニューヨーク=河内真帆】米スポーツ用品大手ナイキが24日発表した2021年3~5月期決算は、純利益が15億900万ドル(約1671億円)となった。新型コロナウイルスの感染拡大で全世界で店舗の一時閉鎖が相次いでいた前年同期の7億9000万ドルの赤字から黒字転化した。売上高は同96%増の123億4400万ドル。最重要市場...
米大手銀、FRBの健全性審査「合格」 株主還元拡大へ (写真=ロイター)
【ニューヨーク=宮本岳則】米連邦準備理事会(FRB)は24日、米国の大手銀行グループ23行を対象にしたストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。米株式相場が高値から5割下がるような厳しい景気後退に直面しても、自己資本は全行で最低基準を上回る結果となった。米銀は新型コロナウイルス禍で導入された株主還元制限の解除を受け...

経済指標

5月 個人所得、個人消費支出

この日は5月の個人所得、個人消費支出の発表がありました。

個人所得は前月比2%減となり、市場予想よりは良い結果となりました。

個人消費支出は前月比横ばいとなり、市場予想よりも悪い結果となりました。

米個人消費支出、5月は前月比横ばい-価格指数は上昇継続
米国の個人消費支出は5月に足踏み状態となった。サービスへの支出は増えたが、財への支出減少が反映された。一方、注目されるインフレ指標は上昇が続いた。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中では日経平均だけが下落して、その他の指数は上昇しました。

日経平均は寄り付きはプラスで始まりましたが、すぐにマイナスに転じて一時2万9千円を割り込む場面もありました。

先週末の米国市場でハイテク株が売られたことで、日本市場でも半導体関連株などが売られて指数を押し下げました。

今日の東証1部の売買代金は2兆円を割り込んで1兆9680億円と低調な商いとなりました。

日経平均 29,048.02 -18.16 (-0.06%)
TOPIX 1,965.67 +3.02 (+0.15%)
JPX日経400 17,717.48 +15.93 (+0.09%)
JASDAQ平均 3,995.74 +27.82 (+0.70%)
マザーズ指数 1,207.04 +10.36 (+0.87%)
日経平均、3日ぶり反落 終値18円安の2万9048円
28日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前週末比18円16銭(0・06%)安の2万9048円02銭で終えた。前週末の米株式市場でハイテク株や半導体株が下げた流れを受け、東京市場でも値がさの半導体関連銘柄の一角が売られ、相場の重荷となった。日経平均は小幅に上げて始まったが、ほどなく主力銘柄に利益確定や戻...

個別材料

7&iHD 米国のガソリンスタンドチェーン買収が承認される見通しで株価大幅高

コンビニなどのセブン&アイ・ホールディングス<3382>による米国のガソリンスタンド併設型コンビニ「スピードウェイ」の買収について、約300店を売却することで米連邦取引委員会(FTC)から承認が得られる見通しとなりました。

これを受け今日の7&iHDの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

7&iHD<3382> 5,258 +225 (+4.47%)
セブンの米社買収承認へ 米当局と300店売却で合意
【ニューヨーク=中山修志】米連邦取引委員会(FTC)は25日、米国のガソリンスタンドチェーンの買収に伴い、セブン&アイ・ホールディングス傘下の米セブンイレブンが約300店を売却することで合意したと発表した。FTC委員による投票で合意内容が認められた。一部の委員が反対を表明していたセブン&アイによる同業「...

出前館 業績予想を下方修正(赤字幅拡大)して株価大幅安

出前仲介の出前館<2484>は、6月25日に2020年9月~2021年5月期の連結決算を発表しました。

純利益は147億3400万円の赤字となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では130億円の赤字としていましたが、今回215億円の赤字へと改めました。

この赤字幅拡大の業績予想が嫌気されたようで、今日の出前館の株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

出前館<2484> 1,550 -227 (-12.77%)
出前館の20年9月~21年5月期、最終損益が147億3400万円の赤字 通期予想を下方修正
出前館が25日発表した2020年9月~21年5月期の連結決算で、最終損益は147億3400万円の赤字となった。前年同期は18億7700万円の赤字だった。2021年8月期通期の純利益予想は引き下げた。最終損益が215億円の赤字(前期は41億1200万円の赤字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは1...

日立造船 洋上風力発電の基礎部分の生産能力を上げるとの報道で株価大幅高

環境プラントなどの日立造船<7004>が洋上風力発電の海に浮かべる基礎部分の生産能力を2030年までに現在の年間4基から50基へと増やす方針との報道が6月25日にありました。

これを受け今日の日立造船の株価は大幅高となりました。

日立造船<7004> 737 +29 (+4.10%)
日立造船---大幅続伸、洋上風力発電基礎部分の生産能力増強が報道される
*13:09JST 日立造船---大幅続伸、洋上風力発電基礎部分の生産能力増強が報道される 日立造船は大幅続伸。2030年までに洋上風力発電の設備を海に浮かべる鋼鉄…

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ヒマラヤ

スポーツ用品店のヒマラヤ<7514>は、6月28日に2020年9月~2021年5月期の連結決算を発表しました。

純利益は12億8600万円の黒字となりました。(前年同期は10億9500万円の赤字)

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では9億円の黒字としていましたが、今回12億5000万円の黒字へと改めました。

ヒマラヤの20年9月~21年5月期、最終損益は12億8600万円の黒字 通期予想を上方修正
ヒマラヤが28日発表した2020年9月~21年5月期の連結決算で、最終損益は12億8600万円の黒字となった。前年同期は10億9500万円の赤字だった。2021年8月期通期の純利益予想は引き上げた。最終損益は12億5000万円の黒字(前期は7億8900万円の赤字)を見込む。ヒマラヤは総合スポーツ用品店「ヒマラヤ」などを...

しまむら

衣料品のしまむら<8227>は、6月28日に2021年3~5月期の連結決算を発表しました。

純利益は88億7500万円の黒字となりました。(前年同期は12億2100万円の赤字)

通期の業績予想は据え置きとのことです。

しまむらの21年3~5月期、最終損益は88億7500万円の黒字 通期予想据え置き
しまむらが28日発表した2021年3~5月期の連結決算で、最終損益は88億7500万円の黒字となった。前年同期は12億2100万円の赤字だった。2022年2月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比0.4%増の262億7700万円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは279億3600万円だっ...

明日に向けての注目点

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 5月 失業率、有効求人倍率
  • 5月 小売業販売額

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • DCM<3050>
  • Jフロント<3086>
タイトルとURLをコピーしました