【6月9日の市況】日経平均続落、米国が日本への渡航警戒レベルを1段階下げ空運株が大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

10年債利回りが1.5%台前半まで低下したことから、金融株などが売られ、ハイテク株は買われました。

NYダウ 34,599.82 -30.42 (-0.09%)
NASDAQ 13,924.91 +43.19 (+0.31%)
S&P500 4,227.26 +0.74 (+0.02%)
NYダウ小幅続落、30ドル安 高値警戒で売り買い交錯
【NQNニューヨーク=張間正義】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比30ドル42セント(0.1%)安の3万4599ドル82セントで終えた。ダウ平均は5月に付けた過去最高値(3万4777ドル)に迫っており、高値警戒感から売りが出た。ただ、米経済の回復に着目した買いも入り、午後は前日終値を挟んでもみ合う展...

経済指標

4月 貿易収支

4月の米貿易赤字、4カ月ぶり減 輸出が過去最大(写真=ロイター)
【ワシントン=鳳山太成】米商務省が8日発表した4月の貿易統計(通関ベース、季節調整済み)によると、モノの貿易赤字は857億2700万ドル(約9兆3千億円)と前月に比べて6.7%減った。減少は4カ月ぶり。新型コロナウイルスワクチンの普及による経済回復で、輸出が過去最大を記録した。輸出は1.1%増の1448億ドルだった。食...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけが上昇して、その他の指数は下落しました。

日経平均は下げて始まり、午前中はいくらかの値動きがあったものの、午後はほとんど動かなくなってしまいました。

今日も半導体関連株の下げが目立ちました。

米国の調査会社が今年後半にもDRAMが足りてくると予測したのだとか。

日経平均 28,860.80 -102.76 (-0.35%)
TOPIX 1,957.14 -5.51 (-0.28%)
JPX日経400 17,666.45 -48.68 (-0.27%)
JASDAQ平均 3,932.71 -1.70 (-0.04%)
マザーズ指数 1,174.18 +14.15 (+1.22%)
レーザーテック<6920> 19,910 -800 (-3.86%)
東京エレクトロン<8035> 46,820 -1,450 (-3.00%)
日経平均続落、終値102円安の2万8860円 半導体関連売り
9日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比102円76銭(0・35%)安の2万8860円80銭で終えた。前日の米株式市場で半導体関連株が下げた流れを受け、東京市場でも値がさの半導体関連株の売りが目立った。上値の
レーザーテックなど半導体関連が軟調、米国市場の流れが波及 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
半導体マスク欠陥検査装置が主力のレーザーテック(6920)をはじめ東京エレクトロン(8035)やアドバンテスト(6857)やディスコ(6146)といった製造装置株、車載用マイコンが強みのルネサスエレク

経済指標

中国の5月 消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)

今日の午前の取引時間中には中国の5月の消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)の発表がありました。

消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.3%の上昇。

生産者物価指数(PPI)は前年同月比9.0%の上昇となりました。

中国卸売物価、5月9.0%上昇 リーマン以来の伸び
【上海=川手伊織】中国国家統計局が9日発表した2021年5月の卸売物価指数は前年同月比9.0%上昇した。リーマン・ショックが起きた08年9月以来の伸びだ。国際商品市況の回復に伴う資源高の影響が部品など中間財にも広がっている。5月の消費者物価指数(CPI)は1.3%上がり、3カ月連続で前年同月を上回った。資源価格は昨春、...

個別材料

米国が日本への渡航警戒レベルを1段階下げ空運株が大幅高

米国の国務省は6月8日に日本への渡航警戒レベルを最も高いレベル4からレベル3へと1段階引き下げました。

これを受け今日の航空会社の株価は大幅高となりました。

ANA<9202> 2,902 +95 (+3.38%)
JAL<9201> 2,727 +83 (+3.14%)
米、日本への渡航警戒レベル引き下げ 「中止勧告」修正(写真=AP)
【ワシントン=鳳山太成】米国務省は8日、日本への渡航の警戒レベルを4段階のうちレベル3の「再考せよ」に引き下げた。東京五輪・パラリンピックの中止論が広がるなか、5月下旬に渡航中止を勧告していた。新型コロナウイルスの感染状況を判断する基準を見直したため、渡航情報も改めた。コロナの感染状況から渡航の是非を判断する米疾病対策...

日本ケミファ 大日本住友と新薬の共同研究開発契約を締結し株価ストップ高

後発薬の日本ケミファ<4539>は、研究開発中の抗うつ・抗不安薬候補の化合物について大日本住友製薬<4506>と共同研究開発契約とオプション契約を締結したと、今日の午前の取引時間中に発表しました。

この発表を受け日本ケミファの株価は午後から急上昇してストップ高となり、年初来高値をつけました。

日本ケミファ<4539> 2,771 +500 (+22.02%)
大日本住友<4506> 2,261 -11 (-0.48%)
日ケミファ---ストップ高、大日住薬と新規抗うつ・抗不安薬候補化合物を共同研究開発
*14:08JST 日ケミファ---ストップ高、大日住薬と新規抗うつ・抗不安薬候補化合物を共同研究開発 日ケミファはストップ高。研究開発中の新規抗うつ・抗不安薬候補…

クミアイ化学 業績予想を減益から増益へと上方修正して株価大幅高

農薬などのクミアイ化学工業<4996>は、6月9日に2021年10月期の通期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では前期比6.3%減としていましたが、今回11.8%増へと改めました。

これを受け今日のクミアイ化学の株価は大幅高となりました。

クミアイ化学<4996> 920 +75 (+8.88%)
日ケミファ---ストップ高、大日住薬と新規抗うつ・抗不安薬候補化合物を共同研究開発
*14:08JST 日ケミファ---ストップ高、大日住薬と新規抗うつ・抗不安薬候補化合物を共同研究開発 日ケミファはストップ高。研究開発中の新規抗うつ・抗不安薬候補…

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

くら寿司

回転ずしのくら寿司<2695>は、6月9日に2020年11月~2021年4月期の連結決算を発表しました。

純利益は6億6800万円の黒字となりました。(前年同期は9億5900万円の赤字)

従来予想通り中間配当はありません。

通期の業績予想は未定としています。

くら寿司の20年11月~21年4月期、最終損益は6億6800万円の黒字 通期予想は非開示
くら寿司が9日発表した2020年11月~21年4月期の連結決算で、最終損益は6億6800万円の黒字となった。前年同期は9億5900万円の赤字だった。2021年10月期通期の純利益予想は開示していない。売上高や営業利益、経常利益予想もそれぞれ開示していない。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは36億8800...

明日に向けての注目点

国内

5月 工作機械受注

今日の取引時間終了後には5月の工作機械受注の発表があり、前年同月比2.4倍となりました。

5月工作機械受注は前年比2.4倍、7カ月連続増=工作機械工業会
日本工作機械工業会が9日発表した5月の工作機械受注(速報値)は前年比2.4倍の1233億2800万円だった。前年比でのプラスは7カ月連続。前月比では0.5%減だった。

明日の午後の取引時間中には以下のような指標の発表があります。

  • 5月 オフィス空室率

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 積水ハウス<1928>
  • ラクスル<4384>
  • アイモバイル<6535>
タイトルとURLをコピーしました