【4月28日の市況】日経平均反発で2万9千円台回復、富士興産 アスリード・キャピタルからTOBされることになり株価大幅高など

株式

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

10年債利回りが1.6%台まで上がってきたことを受け、高PERなハイテク銘柄を中心に売りが出ました。

NYダウ 33,984.93 +3.36 (+0.01%)
NASDAQ 14,090.21 -48.56 (-0.34%)
S&P500 4,186.72 -0.90 (-0.02%)
NYダウ横ばい、3ドル高 金利上昇でハイテク株に売り
【NQNニューヨーク=横内理恵】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小反発し、前日比3ドル36セント(0.0%)高の3万3984ドル93セントで終えた。米長期金利が1.6%台に上昇し、相対的な割高感が意識されるハイテクなど高PER(株価収益率)銘柄が売られた。半面、銀行や資本財など景気敏感株の一角が買われ、相場を...

経済指標

4月 消費者信頼感指数

4月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は前月比12.7ポイント上昇の121.7となり、市場予想を上回りました。

米消費者信頼感、4月12.7ポイント急上昇 回復堅調(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米調査会社コンファレンス・ボードが27日発表した4月の消費者信頼感指数は121.7(1985年=100)で、前月から12.7ポイント上昇した。2カ月連続で大きく上昇し、コロナ危機前の2020年2月以来1年2カ月ぶりの高さとなった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(113程度)を上回った。「現在の...

決算発表(朝)

ゼネラル・エレクトリック<GE>

ゼネラル・エレクトリック<GE> 13.49 -0.080 (-0.59%)
米GE赤字3100億円 1~3月、航空機リースで売却損(写真=AP)
【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・エレクトリック(GE)が27日発表した2021年1~3月期は最終損益が28億ドル(3100億円)の赤字(前年同期は61億ドルの黒字)だった。航空機リース事業の売却損が響いた。同事業の売却に伴い、金融子会社のGEキャピタルを解散する。GEは3月にアイルランドの同業大手エアキャップと航...

スリーエム<MMM>

スリーエム<MMM> 194.45 -5.18 (-2.59%)
米GE赤字3100億円 1~3月、航空機リースで売却損(写真=AP)
【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・エレクトリック(GE)が27日発表した2021年1~3月期は最終損益が28億ドル(3100億円)の赤字(前年同期は61億ドルの黒字)だった。航空機リース事業の売却損が響いた。同事業の売却に伴い、金融子会社のGEキャピタルを解散する。GEは3月にアイルランドの同業大手エアキャップと航...

決算発表(夕)

アルファベット<GOOG><GOOGL>

アルファベット純利益2.6倍 1~3月、ネット広告好調
【シリコンバレー=奥平和行】米グーグルの持ち株会社、米アルファベットが27日に発表した2021年1~3月期決算は、売上高が前年同期比34%増の553億1400万ドル(約6兆200億円)、純利益が2.6倍の179億3000万ドルだった。新型コロナウイルスの流行が追い風となり、主力のインターネット広告事業の収益が拡大した。...

マイクロソフト<MSFT>

Microsoft44%増益 CEO「デジタルの導入加速」
【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトが27日発表した2021年1~3月期決算は売上高が前年同期比19%増の417億600万ドル(約4兆5300億円)だった。リモートワークの浸透でクラウドサービスの利用拡大が続き、17四半期連続の2桁成長を維持した。純利益は44%増の154億5700万ドルだった。ネットワーク経由...

アドバンスト・マイクロ・デバイシズ<AMD>

米半導体AMD、第1四半期は93%増収 需要堅調で通年見通し上げ
米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が発表した第1・四半期決算は、売上高が93%増の34億5000万ドルと、市場予想の32億1000万ドルを上回った。

テキサス・インストゥルメンツ<TXN>

TIの4-6月売上高見通し、市場予想と一致-供給不足がネック
米テキサス・インスツルメンツ(TI)の4-6月(第2四半期)売り上げ見通しは、供給不足の問題で半導体業界が安定した需要に応えられていない状況を示唆する内容となった。

ビザ<V>

米ビザ、1─3月期利益予想超え CEO「新型コロナの嵐を切り抜け」
米クレジットカード大手ビザが27日発表した第2・四半期(3月31日まで)決算は、利益が市場予想を上回った。オンラインショッピングの増加が寄与した。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は朝はマイナスでスタートしましたが、午前10時過ぎにプラスに転じて2万9千円台を回復しました。

以下のようなイベントを控え動きにくい状況でしたが、好決算を発表した銘柄には素直に買いが入りました。

  • 今晩のFOMC結果発表
  • 今晩のバイデン米大統領による施政方針演説
  • 明日の日本市場は休場(昭和の日)
日経平均 29,053.97 +62.08 (+0.21%)
TOPIX 1,909.06 +5.51 (+0.29%)
JPX日経400 17,201.31 +59.93 (+0.35%)
JASDAQ平均 3,906.06 -6.28 (-0.16%)
マザーズ指数 1,211.31 -10.34 (-0.85%)
日経平均が反発、終値62円高の2万9053円
28日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比62円08銭(0.21%)高の2万9053円97銭で終えた。ファナック、デンソーなど決算を発表した一部の主力銘柄に買いが入り、相場を支えた。日経平均が2万9000円前後で底堅さを見せたことで先物買いを誘い、上げ幅が100円を超える場面もあった。バイデン米大統領の施政方針...

経済指標

3月 小売業販売額

今日の取引時間開始前には3月の小売業販売額の発表があり、前年同月比5.2%増となりました。

3月の小売販売5.2%増、4カ月ぶりプラス
経済産業省が28日発表した3月の商業動態統計速報によると、小売業販売額は前年同月比5.2%増の13兆4980億円だった。増加は4カ月ぶり。コンビニエンスストアや百貨店が前年同月を上回った。経産省は小売業販売の基調判断を前月の「横ばい傾向」から「持ち直しの動きがみられる」に引き上げた。コンビニは2.

個別材料

富士興産 アスリード・キャピタルからTOBされることになり株価大幅高

投資ファンドのアスリード・キャピタルは4月27日に石油販社の富士興産<5009>に対しTOBを実施すると発表しました。

TOB価格は1250円、期間は4月28日~6月14日としています。

これを受け今日の富士興産の株価は大幅高となりました。

富士興産<5009> 1,290 +179 (+16.11%)
富士興産に1株1250円でTOB アスリード・キャピタル
シンガポールを拠点とする運用会社のアスリード・キャピタルは27日、燃料油やアスファルトを手掛ける富士興産にTOB(株式公開買い付け)を始めると発表した。期間は4月28日から6月14日まで。TOB価格は1株当たり1250円。

さくらインターネット 今期大幅減益の業績予想を発表し株価大幅安

データセンター運営のさくらインターネット<3778>は、4月27日に2021年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比4.7倍となりました。

期末配当は従来予想の2.5円から3円へと0.5円増額しました。(年間では前期比0.5円増配)

併せて2022年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比81.5%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で3円としています。(前期と同額)

今日のさくらインターネットの株価は大幅な減益予想が嫌気され大幅安となりました。

さくらインターネット<3778> 684 -102 (-12.98%)
さくらネットの2022年3月期、純利益81.5%減
さくらインターネットが27日発表した2021年3月期の連結決算で、純利益は前期比4.7倍の7億5800万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(5億8000万円)を上回った。2022年3月期の純利益は前期比81.5%減の1億4000万円を見込む。QUICKコンセンサスの7億5000万円を下回る。さ...

富士電機 今期営業利益23.5%増予想を発表し株価大幅高

パワー半導体などの富士電機<6504>は、4月27日に2021年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比45.6%増となりました。

これまで未定としていた期末配当は45円とのことです。(年間で前期比5円増配)

併せて2022年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比0.2%増になりそうだとのことです。

配当予想は未定としています。

今期営業利益を前期比23.5%増と発表したことが好感されたようで、今日の富士電機の株価は大幅高となりました。

富士電機<6504> 5,260 +590 (+12.63%)
富士電機の2022年3月期、純利益0.2%増 予想平均上回る
富士電機が27日発表した2021年3月期の連結決算で、純利益は前期比45.6%増の419億2600万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(352億8000万円)を上回った。2022年3月期の純利益は前期比0.2%増の420億円を見込む。QUICKコンセンサスの395億2500万円を上回る。富士電...

アイシン 今期純利益42%増の業績予想を発表し株価大幅高

自動車部品のアイシン<7259>は、今日の午後の取引時間中に2021年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比4.4倍となりました。

期末配当は従来予想の60円から100円へと40円増額しました。(年間では前期と同額)

併せて2022年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比42%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で170円としています。(前期比50円増配)

この決算が発表されるとアイシンの株価は急上昇しました。

アイシン<7259> 4,165 +275 (+7.07%)
アイシンの2022年3月期、純利益42%増 予想平均上回る
アイシンが28日発表した2021年3月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前期比4.4倍の1056億3800万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(687億900万円)を上回った。2022年3月期の純利益は前期比42%増の1500億円を見込む。QUICKコンセンサスの1286億3600万円を...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ソニーグループ

イメージセンサやゲームのソニーグループ<6758>は、4月28日に2021年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比2倍(1兆1717億円)となりました。

期末配当は従来予想どおり30円とのことです。(年間では前期比10円増配)

併せて2022年3月期の業績予想を発表。

純利益は6600億円になりそうだとのことです。(今期からIFRSになるため前期との比較はなし)

中間配当予想は30円としています。

また、2500万株(2.02%)・2000億円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は4月30日~2022年4月28日としています。

ソニーG、最高益1兆1717億円 ゲームや音楽好調
ソニーグループが28日発表した2021年3月期の連結決算(米国会計基準)は、最終的なもうけを示す純利益が前の期比2倍の1兆1717億円だった。初めて1兆円の大台を突破し、2年ぶりに過去最高を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり需要で、ゲームや音楽などエンタメ事業がけん引した。半導体事業の落ち込みを補い、...

村田製作所

電子部品の村田製作所<6981>は、4月28日に2021年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比29.5%増となりました。

期末配当は従来予想の55円から60円へと5円増額しました。(年間では前期比18円増配)

併せて2022年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比1.2%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で120円としています。(前期比5円増配)

村田製作所、今期過去最高益へ 5G需要など堅調
村田製作所は28日、2022年3月期の連結営業利益(米国基準)が前期比2%増の3200億円で過去最高益となる見通しと発表した。純利益は1%増の2400億円。スマートフォンや自動車向け部品で一時的な在庫調整が予想されるものの、中長期的に拡大する需要を取り込む。売上高も過去最高の1兆6600億円(前期比2%増)を見込む。同...

TDK

電子部品のTDK<6762>は、4月28日に2021年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比37.3%増となりました。

期末配当は従来予想どおり90円とのことです。(年間では前期と同額)

併せて2022年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比26%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で190円としています。(前期比10円増配)

TDKの2022年3月期、純利益26%増 予想平均下回る
TDKが28日発表した2021年3月期の連結決算で、純利益は前期比37.3%増の793億4000万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(829億8000万円)を下回った。2022年3月期の純利益は前期比26%増の1000億円を見込む。QUICKコンセンサスの1138億8400万円を下回る。TDK...

サイバーエージェント

ネット広告やゲームのサイバーエージェント<4751>は、4月28日に2020年10月~2021年3月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.9倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比21.1%~51.3%増としていましたが、今回3.6~3.9倍へと改めました。

現時点のPTS取引の株価は大幅高となっています。

サイバーの20年10月~21年3月期、純利益2.9倍 通期予想を上方修正
サイバーエージェントが28日発表した2020年10月~21年3月期の連結決算で、純利益は前年同期比2.9倍の136億9400万円となった。2021年9月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比3.6倍の240億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは123億4000万円だった。サイバーはイン...

明後日に向けての注目点

米国

今晩米国ではFOMCの結果発表があります。

バイデン大統領による施政方針演説もあります。

また、以下のような決算発表があります。

  • ボーイング<BA>
  • アップル<AAPL> ← 要チェック
  • イーベイ<EBAY>
  • フェイスブック<FB> ← 要チェック
  • クアルコム<QCOM>
  • フォード・モーター<F>

国内

明日の日本市場は休場(昭和の日)です。

4月30日(金)の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 3月 失業率、有効求人倍率
  • 3月 鉱工業生産

取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • 大東建託<1878>
  • 商船三井<9104>
  • 双日<2768>
  • 三菱倉庫<9301>
  • 三井物産<8031>
  • HOYA<7741>
  • 京成電鉄<9009>
  • SGHD<9143>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • JT<2914>
  • MonotaRO<3064>
  • メルカリ<4385>
  • コマツ<6301>
  • アルプスアルパイン<6770>
  • レーザーテック<6920> ←要チェック
  • 東京エレクトロン<8035> ←要チェック
  • 東武鉄道<9001>
  • 京王電鉄<9008>
  • JR西日本<9021>
  • ANA<9202>
タイトルとURLをコピーしました