【4月6日の市況】日経平均大幅反落で3万円割れ、スタジオアリス 業績予想を減益から増益へと上方修正して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも続伸しました。

先週末に発表された雇用統計などの指標が非常に良かったことが好感され、景気敏感株を中心に幅広い銘柄に買いが入りました。

NYダウとS&P500は過去最高値を更新しました。

NYダウ 33,527.19 +373.98 (+1.13%)
NASDAQ 13,705.59 +225.48 (+1.67%)
S&P500 4,077.91 +58.04 (+1.44%)
NYダウ続伸373ドル高、最高値 良好な経済指標受け
【NQNニューヨーク=古江敦子】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前営業日の1日に比べ373ドル98セント(1.1%)高の3万3527ドル19セントで終えた。過去最高値を1週間ぶりに更新した。3月の米雇用統計など主要経済指標が市場予想以上に回復し、投資家のリスク選好姿勢が強まった。消費関連など景気敏感株が...

経済指標

3月 ISM非製造業景況指数

3月のISM非製造業景況指数は前月比8.4ポイント上昇の63.7となり、市場予想を大きく上回りました。

米非製造業景況感、3月最高に 経済再開でサービス急回復(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が5日発表した3月の非製造業(サービス業)景況感指数は63.7で、前月から8.4ポイント急上昇し、過去最高を記録した。新型コロナウイルスのワクチンの普及による経済再開で、サービス業が急速に回復し始めている。指数は2008年に公式発表が始まったが、4つの指数構成...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反落しました。

日経平均は昨晩の米国市場の大幅高の流れを引き継いでプラスで始まったものの、すぐにマイナスに転じて3万円を割り込み、引けまでじりじりと下げ幅を拡げていきました。

日経平均は朝の高いところから500円以上下げてしまいました。

アルケゴスの件でクレディ・スイスの損失額が明らかになってきたのも効いたようじゃ。

日経平均 29,696.63 -392.62 (-1.30%)
TOPIX 1,954.34 -29.20 (-1.47%)
JPX日経400 17,633.09 -262.96 (-1.47%)
JASDAQ平均 3,938.31 -18.21 (-0.46%)
マザーズ指数 1,225.66 -14.97 (-1.21%)
東証大引け 4日ぶり反落 下げ幅一時400円超、目先達成感で
6日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、前日比392円62銭(1.30%)安の2万9696円63銭で終えた。前日までの3営業日で900円超上昇し、3万円の大台を回復していたため、目先の達成感から利益確定売りが優勢となった。3万円の節目を下回ると、下げ幅を広げ、後場には一時400円超安となった。前日の米ダ...
クレディ・スイス、アルケゴス問題で業界最大の損失か-減損5200億円
スイスの銀行クレディ・スイス・グループは、アルケゴス・キャピタル・マネジメントのポジション破綻で生じた損失が世界の投資銀行の中でも最大級とみられる。アルケゴスに関する問題は1-3月(第1四半期)の赤字と複数の幹部更迭につながった。

経済指標

2月 全世帯家計調査

今日の取引時間開始前には、2月の全世帯家計調査の結果発表がありました。

2人以上世帯の消費支出は前年同月比6.6%減となりました。

去年トイレットペーパー等を買い占めた反動なのだそうです。

消費支出、3カ月連続減少 前年の「買いだめ」反動も
総務省が6日発表した2月の家計調査では、新型コロナウイルスの感染拡大が本格化した前年同月に買いだめの動きがあったコメやマスクなど一部品目で反動減が見られた。2人以上の世帯の消費支出は25万2451円で、物価変動の影響を除いた実質で前年同月から6.6%減り、3カ月連続で減少した。緊急事態宣言の影響も加わり、下げ幅は前月(...

2月 毎月勤労統計

2月の毎月勤労統計の結果発表もあり、現金給与総額は前年同月比0.2%減となりました。

2月の給与総額0.2%減 11カ月連続でマイナス
厚生労働省が6日発表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、2月の1人当たりの現金給与総額は26万5972円で前年同月に比べて0.2%減った。新型コロナウイルスの感染拡大が鮮明になって以降、11カ月連続で前年を下回った。消費者物価は下落しており、現金給与総額から物価変動の影響を差し引いた実質賃金は0.2%...

中国の3月 非製造業PMI(財新)

午前の取引時間中には中国の3月の非製造業PMI(財新)の発表があり、前月比2.8ポイント上昇の54.3となりました。

財新の中国サービス部門PMI、3月は54.3に上昇 3カ月ぶり高水準
財新/マークイットが発表した3月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は54.3で、前月の51.5から上昇し、昨年12月以来の高水準となった。雇用が拡大したほか、企業が楽観的な見通しを強めた。一方でインフレ圧力は残っている。

個別材料

スタジオアリス 業績予想を減益から増益へと上方修正して株価大幅高

子ども写真館のスタジオアリス<2305>は、4月5日に2021年2月期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では前期比50.3%減としていましたが、今回前期比2倍へと改めました。

これを受け今日のスタジオアリスの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

スタジオアリス<2305> 2,279 +171 (+8.11%)
スタ・アリス、通期の純利益予想を上方修正 6億円から24億3400万円に
スタジオアリスは5日、2021年2月期の純利益が前期比2倍の24億3400万円になる見通しだと発表した。従来予想の6億円(前期比50.3%減)から上方修正した。営業利益は前期比45.8%増の47億3100万円(従来予想は前期比35.2%減の21億円)、経常利益は同49%増の49億6300万円(従来予想は同33.9%減の...

スズキ インドの新型コロナ感染者数が1日あたり10万人に達し株価大幅安

インドでの新型コロナの新規感染者数が1日あたり10万人と過去最多になったことが明らかとなりました。

首都のあるハラシュトラ州では在宅勤務、休業、短縮営業などが実施されるとのことです。

これを受けインドの自動車市場で大きなシェアを持つスズキの株価は大幅安となりました。

ドル円が昨晩一瞬だけ109円台へと円高に進んだこともマイナスに働いたのかもしれません。

スズキ<7269> 4,773 -268 (-5.32%)
インドの1日当たり感染者数、初の10万人超-ムンバイで制限措置
インドの新型コロナウイルス感染者数は過去24時間で10万人余り増加した。1日当たりの新規感染件数としては過去最多。金融ハブのムンバイ市を抱えるマハラシュトラ州では民間事業者が従業員を在宅勤務とするよう命じられた。

キユーピー 第1四半期の純利益が76.8%増で株価大幅高

マヨネーズなどのキユーピー<2809>は、4月5日に2020年12月~2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比76.8%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のキユーピーの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

キユーピー<2809> 2,697 +174 (+6.90%)
キユーピーの2020年12月~21年2月期、純利益77%増
キユーピーが5日発表した2020年12月~21年2月期の連結決算は、純利益が前年同期比77%増の45億円だった。「巣ごもり需要」を背景に、マヨネーズやドレッシングなど家庭用が好調だった。販管費の抑制で採算も改善。資産売却などに伴う特別利益の計上も寄与した。売上高は29%減の940億円。物流子会社が連結子会社ではなくなっ...

しまむら 前期純利益2倍となるも材料出尽くし感からか株価は大幅安

衣料品のしまむら<8227>は、4月5日に2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比2倍となりました。

期末配当は従来予想の100円から120円へと20円増額しました。(年間では前期比20円増配)

併せて2022年2月期の業績予想を発表。

純利益は前期比0.4%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で220円(前期と同額)としています。

今日のしまむらの株価はこの決算で材料出尽くしとなったのか大幅安となりました。

しまむら<8227> 11,660 -1,220 (-9.47%)
しまむら、在庫管理徹底で復調 前期最終益2倍 
しまむらが5日発表した2021年2月期連結決算は、純利益が前の期比99%増の261億円と4期ぶりの最終増益に転換した。商品を素早く並べて売り切る在庫管理の徹底で、前の期までの収益悪化の主因だった値引き販売や在庫のだぶつきを減らした。業績悪化は止まったが、国内事業の拡大余地は小さい。カジュアル化の流れを追い風に成長を持続...

あさひ 今期2桁減益の業績予想が嫌気され株価大幅安

自転車のあさひ<3333>は、4月5日に2021年2月期の決算を発表しました。

純利益は前期比84.3%増となりました。

期末配当は従来予想どおりの28円とのことです。(年間では前期比10円増配)

併せて2022年2月期の業績予想を発表。

純利益は前期比25.8%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で28円(前期と同額)としています。

今日のあさひの株価は2桁減益予想が嫌気され大幅安となりました。

あさひ<3333> 1,547 -78 (-4.80%)
自転車販売のあさひ 税引き益84%増47億円 21年2月期最高益
自転車販売のあさひが5日発表した2021年2月期の単独決算は、税引き利益が前の期比84%増の47億円と過去最高益を更新した。密を避けられる移動手段として通勤・通学などで電動アシスト自転車の需要が高まったほか、運動不足を解消する手段としてスポーツサイクルの引き合いが増えた。売上高は同16%増の694億円、営業利益は71%...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

スギHD

ドラッグストアのスギホールディングス<7649>は、4月6日に2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比1.6%増となりました。

期末配当は従来予想どおりの40円となりました。(年間では前期と同額)

併せて2022年2月期の業績予想を発表。

純利益は前期比4.2%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で前期と同額の80円としています。

スギHDの2022年2月期、純利益4.2%増 予想平均下回る
スギホールディングスが6日発表した2021年2月期の連結決算で、純利益は前期比1.6%増の211億2000万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(222億2300万円)を下回った。2022年2月期の純利益は前期比4.2%増の220億円を見込む。QUICKコンセンサスの234億8300万円を下回る...

明日に向けての注目点

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • ディップ<2379>
  • ウエルシアHD<3141>
  • ハイデイ日高<7611>

タイトルとURLをコピーしました