【4月5日の市況】日経平均続伸で3万円台回復、大有機化 第1四半期の純利益が44.8%増で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国株式市場は休場(グッドフライデー)でした。

経済指標

3月 雇用統計

3月の雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比91万6000人増となり、市場予想を大幅に上回りました。

米雇用統計、3月は7カ月ぶり大幅増 失業率6%に改善
米労働省が2日発表した3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比91万6000人増と、市場予想の64万7000人増を上回った。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

日経平均は先週末に発表された米国の雇用統計が良かったことを受け、3万円台を回復してスタート。

その後はほぼ横ばいでの推移となりました。

今日は他のアジア市場がほとんどお休みだったこともあり、そんなに上値をどんどん買いにいくような雰囲気ではありませんでした。

日経平均 30,089.25 +235.25 (+0.79%)
TOPIX 1,983.54 +11.92 (+0.60%)
JPX日経400 17,896.05 +105.22 (+0.59%)
JASDAQ平均 3,956.52 +11.46 (+0.29%)
マザーズ指数 1,240.63 +1.16 (+0.09%)
日経平均3日続伸、終値235円高 3万円台回復
5日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比235円25銭(0.79%)高の3万0089円25銭で終えた。終値ベースで3万円の大台に乗せるのは3月18日以来となる。前週末に発表された3月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が大幅に伸び、新型コロナウイルス禍からの景気回復期待が広がった。投資心理が一段と強気に傾く...

個別材料

大有機化 第1四半期の純利益が44.8%増で株価大幅高

化成品や電子材料の大阪有機化学工業<4187>は、4月2日に2020年12月~2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比44.8%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日の大有機化の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

大有機化<4187> 4,465 +545 (+13.90%)
大有機の20年12月~21年2月期、純利益44.8%増 通期予想据え置き
大阪有機化学工業が2日発表した2020年12月~21年2月期の連結決算で、純利益は前年同期比44.8%増の11億6700万円となった。2021年11月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比0.1%増の33億1600万円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは34億8000万円だった。大有機は...

商船三井 通期の経常利益予想を上方修正して株価大幅高

海運の商船三井<9104>は、4月2日に2021年3月期の連結経常利益の上方修正を発表。

従来予想では950億円(前期比72.4%増)としていましたが、今回1200億円(前期比2.2倍)へと改めました。

これを受け今日の商船三井の株価は大幅高となりました。

また、今回の上方修正が海運大手3社で設立したコンテナ船事業会社の業績が良かったことによるものであるため、他の2社の株価も大幅高となりました。

商船三井<9104> 4,075 +220 (+5.71%)
日本郵船<9101> 3,920 +210 (+5.66%)
川崎汽船<9107> 2,609 +121 (+4.86%)
商船三井の前期、経常利益1200億円に上方修正 コンテナ船堅調
商船三井は2日、2021年3月期の連結経常利益見通しを従来の950億円から約1200億円に上方修正した。コンテナ輸送の強い需要と運賃市況を背景に、持ち分法適用会社オーシャンネットワークエクスプレスの業績が予想を上回った。

バークシャーが円建て社債の発行を検討との報道で商社株が大幅高

ウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社のバークシャー・ハサウェイが、円建て社債の発行を検討しているとの報道が今日の朝にありました。

バークシャー・ハサウェイは昨年日本の商社株を取得したことが話題となりましたが、今回も買いに来るのではとの思惑から今日の商社株は大幅高となりました。

三井物産<8031> 2,328 +103.5 (+4.65%)
丸紅<8002> 925.9 +36.9 (+4.15%)
三菱商事<8058> 3,130 +92 (+3.03%)
バークシャーが円債の需要調査を開始、8日に起債予定-主幹事
米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが5日、円建て社債の発行条件を決めるための需要調査を開始した。主幹事のJPモルガン証券が資料で明らかにした。

長野計器 トヨタの燃料電池車に圧力センサが採用されたと発表し株価大幅高

圧力計の長野計器<7715>は、トヨタ自動車<7203>の燃料電池車「MIRAI」に新開発の圧力センサが採用されたと、4月2日に発表しました。

これを受け今日の長野計器の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

長野計器<7715> 1,105 +92 (+9.08%)
長野計器---大幅続伸、「MIRAI」に圧力センサが採用と発表
*10:43JST 長野計器---大幅続伸、「MIRAI」に圧力センサが採用と発表 長野計器は大幅続伸。新開発した圧力センサがトヨタの燃料電池自動車「MIRAI」に…

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

壱番屋

カレーの壱番屋<7630>は、4月5日に2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比46.7%減となりました。

期末配当は従来予想どおりの40円とのことです。(年間では前期と同額)

併せて2022年2月期の業績予想を発表。

純利益は2倍になりそうだとのことです。

配当予想は年間で80円(前期と同額)としています。

とてもキレイなV字回復予想です。

壱番屋の2022年2月期、純利益2倍
壱番屋が5日発表した2021年2月期の連結決算で、純利益は前期比46.7%減の17億3600万円となった。2022年2月期の純利益は前期比2倍の35億円を見込む。壱番屋はカレー専門店の「カレーハウスCoCo壱番屋」を中心に国内と海外ではアジアおよび米国で飲食店をチェーン展開する。利益面については、店舗売上高が前年水準を...

キユーピー

マヨネーズなどのキユーピー<2809>は、4月5日に2020年12月~2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比76.8%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

キユーピーの20年12月~21年2月期、純利益76.8%増 通期予想据え置き
キユーピーが5日発表した2020年12月~21年2月期の連結決算で、純利益は前年同期比76.8%増の45億1800万円となった。2021年11月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比31.8%増の150億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは158億6700万円だった。キユーピーはマヨネ...

しまむら

衣料品のしまむら<8227>は、4月5日に2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比2倍となりました。

期末配当は従来予想の100円から120円へと20円増額しました。(年間では前期比20円増配)

併せて2022年2月期の業績予想を発表。

純利益は前期比0.4%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で220円(前期と同額)としています。

しまむらの2022年2月期、純利益0.4%増 予想平均上回る
しまむらが5日発表した2021年2月期の連結決算で、純利益は前期比2倍の261億6300万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(260億1600万円)を上回った。2022年2月期の純利益は前期比0.4%増の262億7700万円を見込む。QUICKコンセンサスの248億8200万円を上回る。しまむ...

あさひ

自転車のあさひ<3333>は、4月5日に2021年2月期の決算を発表しました。

純利益は前期比84.3%増となりました。

期末配当は従来予想どおりの28円とのことです。(年間では前期比10円増配)

併せて2022年2月期の業績予想を発表。

純利益は前期比25.8%減になりそうだとのことです。

配当予想は年間で28円(前期と同額)としています。

あさひの2022年2月期、税引き利益25.8%減
あさひが5日発表した2021年2月期の単独決算で、税引き利益は前期比84.3%増の47億1700万円となった。2022年2月期の税引き利益は前期比25.8%減の35億円を見込む。あさひは自転車専門店「サイクルベースあさひ」を全国でチェーン展開。需要の多かった電動アシスト自転車やスポーツサイクル、子供用自転車の在庫をいち...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 3月 ISM非製造業景況指数

国内

明日の取引時間開始前には以下のような決算の発表があります。

  • 2月 全世帯家計調査
  • 2月 毎月勤労統計

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • スギHD<7649>

タイトルとURLをコピーしました