【3月31日の市況】日経平均反落、ヤマシタヘルスケア 業績予想を減益から増益へと上方修正して株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも下落しました。

10年債利回りが1.7%台後半まで上昇してきたことから、高PERなハイテク株に売りが出ました。

NYダウ 33,066.96 -104.41 (-0.31%)
NASDAQ 13,045.39 -14.25 (-0.11%)
S&P500 3,958.55 -12.54 (-0.32%)
NYダウ反落、104ドル安 高値警戒や長期金利上昇で
【NQNニューヨーク=古江敦子】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落し、前日比104ドル41セント(0.3%)安の3万3066ドル96セントで終えた。前日まで連日で過去最高値を更新しており、高値警戒感から目先の利益を確定する売りが優勢だった。米長期金利が一時、1年2カ月ぶりの水準に上昇し、割高感...
米長期金利 1.77%に上昇 1年2カ月ぶり、円安進む(写真=ロイター)
【ニューヨーク=後藤達也】30日の米債券市場で10年物国債利回りが一時、前日より0.06%高い1.77%に上昇した。米景気回復やインフレの観測が強まっており、1年2カ月ぶりの高水準をつけた。日米金利差の拡大で円相場は一時1ドル=110円40銭台と約1年ぶりの円安・ドル高水準となった。バイデン大統領は31日にインフラ投資...

経済指標

3月 消費者信頼感指数

3月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は前月比19.3ポイント上昇の109.7となり、市場予想を大きく上回りました。

3月の米消費者信頼感19.3ポイント急上昇 1年ぶり高水準(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米調査会社コンファレンス・ボードが30日発表した3月の消費者信頼感指数は109.7(1985年=100)で、前月から19.3ポイント急上昇し、新型コロナウイルスの感染が広がり始めた2020年3月以来1年ぶりの高水準となった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(96.8程度)を大幅に上回った。「現在...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで安く始まり、終日マイナス圏での推移となりました。

今日のポイント

  • 今晩米国でバイデン大統領がインフラ投資計画を発表する予定 → 様子見ムード
  • ドル円が110円台後半へと円安になってきた → 自動車株高
  • 米投資会社に関する損失問題 → 金融株安
  • 毎月恒例の月末安???
  • 午前中のTOPIXの下げ率は0.65%で、日銀はETFを買わなかった

バイデン大統領のインフラ投資計画発表は、一緒に増税の話も出る可能性があるため注意が必要です。

日経平均 29,178.80 -253.90 (-0.86%)
TOPIX 1,954.00 -23.86 (-1.21%)
JPX日経400 17,622.89 -242.46 (-1.36%)
JASDAQ平均 3,938.63 +22.49 (+0.57%)
マザーズ指数 1,203.28 +22.85 (+1.94%)
日経平均5日ぶり反落、終値253円安 米アルケゴス問題で
31日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに反落し、前日比253円90銭(0・86%)安の2万9178円80銭で終えた。米長期金利上昇への警戒感から前日の米株式相場が下落した流れを引き継ぎ、東京市場でも利益確定売りが優勢となった。バイデン米大統領が31日の演説で巨額のインフラ投資計画を発表するのを控え、様子見ムー...

経済指標

2月 鉱工業生産

今日の取引時間開始前には2月の鉱工業生産の発表があり、前月比2.1%低下の95.7となりました。

半導体不足などによる自動車の減産が効いたようです。

2月の鉱工業生産2.1%低下 半導体不足、自動車に影響
経済産業省が31日発表した2月の鉱工業生産指数(2015=100、季節調整済み)速報値は、前月比2.1%低下し95.7となった。自動車に半導体不足の影響が出たことなどで2カ月ぶりの減産となった。経産省は新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいた生産水準は回復傾向にあるとして、基調判断を「持ち直している」に据え置いた。業種...

中国の3月 製造業PMI、非製造業PMI

今日の午前の取引時間中には、中国の3月の製造業PMI、非製造業PMIの発表がありました。

製造業PMIは前月比1.3ポイント上昇の51.9となりました。

非製造業PMIは前月比4.9ポイント上昇の56.3となりました。

3月の中国景況感、4カ月ぶり改善 生産好調で(写真=ロイター)
【北京=川手伊織】中国国家統計局が31日発表した3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月より1.3ポイント高い51.9となった。4カ月ぶりに上昇し、拡大・縮小の節目である50を上回った。春節(旧正月)休暇で多くの工場が止まった前月の反動で生産が伸びた。PMIは製造業3000社を対象に調べる。新規受注や生産、従業員...

個別材料

ヤマシタヘルスケア 業績予想を減益から増益へと上方修正して株価ストップ高

医療機器販売のヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>は、3月30日に2020年6月~2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比24.6%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比24.8%減としていましたが、今回10.3%増へと改めました。

また、期末配当予想も従来の41円から68円へと27円増額しています。(年間で前期比14円の増配)

これを受け今日のヤマシタヘルスケアの株価はストップ高となりました。

ヤマシタヘルスケア<9265> 2,195 +400 (+22.28%)
ヤマシタHDの20年6月~21年2月期、純利益24.6%増 通期予想を上方修正
ヤマシタヘルスケアホールディングスが30日発表した2020年6月~21年2月期の連結決算で、純利益は前年同期比24.6%増の4億9600万円となった。2021年5月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比10.2%増の5億600万円を見込む。ヤマシタHDは医療機器メーカから仕入れた医療機器を病院をはじめとする医療...

日立 米国のIT企業を1兆円規模で買収するとの報道で株価大幅安

総合電機の日立製作所<6501>が、米国のIT企業グローバルロジックを約1兆500億円で買収するとの報道が、今日の午後1時前にありました。

この報道が伝わると、買収金額が大きいことなどが嫌気され日立の株価は急落しました。

日立<6501> 5,004 -394 (-7.30%)
日立が米グローバルロジック買収へ、1兆円規模、株価反落-報道
日立製作所は米システム開発会社のグローバルロジックを総額96億ドル(約1兆500億円)で買収すると日本経済新聞が電子版で31日に報じた。電機業界では過去最大級になると伝えている。報道を受けて日立の株価は反落。一時前日比7%安の5018円と、昨年3月30日(8.7%)以降で最大の日中下落率となった。

引け後に正式発表がありました。

日立、米ITを1兆円で買収 「ルマーダ」の世界展開を加速
日立製作所は31日、システム開発を手掛ける米グローバルロジック(カリフォルニア州)を買収すると発表した。既存の株主から全株式を約9180億円で取得する。有利子負債の返済を含む買収総額は約1兆0368億円となる。日立が成長戦略の中核とするIoT基盤「Lumada(ルマーダ)」の世界展開を加速させる。

西松屋チェーン 今期も2桁増益予想&自社株買いで株価大幅高

子供衣料の西松屋チェーン<7545>は、3月30日に2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比7.7倍となりました。

期末配当は従来予想の11円から12円へと1円増額しました。(年間では前期比2円増配)

併せて2022年2月期の業績予想を発表。

純利益は前期比10.5%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で前期と同額の23円としています。

また、164万6000株・20億円を上限とする自社株買いも発表しました。

これを受け今日の西松屋チェーンの株価は大幅高となりました。

西松屋チェーン<7545> 1,672 +73 (+4.57%)
西松屋の22年2月期、税引き益10%増 首都圏軸に出店拡大
子供向け衣料・用品の西松屋チェーンは30日、2022年2月期の税引き利益が前期比10%増の91億円になりそうだと発表した。2期連続で過去最高となる。新型コロナウイルス禍をきっかけに開放感のある広い店舗設計や低価格戦略が子育て世帯の来店拡大につながっており、今期も首都圏を中心に出店を拡大する。業務用タブレットの全店導入な...

三菱UFJ 傘下の証券会社も330億円損失の可能性があると発表し株価大幅安

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>傘下の三菱UFJ証券ホールディングスは、米国の顧客との取引で約330億円の損害が生じる可能性があると、3月30日に発表しました。

野村HDやクレディ・スイスと同様に、米投資会社のアルケゴス・キャピタル・マネジメントと関連しているようです。

これを受け今日の三菱UFJの株価は大幅安となりました。

三菱UFJ<8306> 591.7 -23.8 (-3.87%)
三菱UFJ証券、330億円損失見込み 米顧客取引で
三菱UFJ証券ホールディングス(HD)は30日、米国の顧客との取引に関連して多額の損失が生じる可能性があると発表した。同社の欧州子会社において損失が発生する見込みで、29日時点の見込み額は3億ドル(約330億円)としている。野村ホールディングスやスイス金融大手のクレディ・スイス・グループと同様に、米投資会社アルケゴス・...

三菱UFJは今日の引け後に2021年3月期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益を従来予想の6000億円から7500億円へ増額しています。

MUFG:今期純利益を7500億円に上方修正、本業堅調や株高で
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は31日、今期(2021年3月期)の連結純利益予想を従来の6000億円から7500億円に上方修正すると発表した。前期実績比では42%増となる。

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ニトリHD

家具・インテリアのニトリホールディングス<9843>は、3月31日に2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比29%増となりました。

期末配当は従来予想の58円から66円へと8円増額しました。(年間で前期比15円増配)

併せて2022年2月期の業績予想を発表。

純利益は前期比7%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で140円としています。(前期比17円増配)

ニトリHDの2022年2月期、純利益7%増 予想平均上回る
ニトリホールディングスが31日発表した2021年2月期の連結決算で、純利益は前期比29%増の921億1400万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(912億1200万円)を上回った。2022年2月期の純利益は前期比7%増の986億円を見込む。QUICKコンセンサスの967億1800万円を上回る。...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国ではバイデン大統領がインフラ投資計画を発表します。

バイデン米大統領、大型インフラ計画発表へ-宇宙プログラムに匹敵
バイデン米大統領は31日午後(日本時間4月1日午前)、ピッツバーグで演説し、2兆2500億ドル(約250兆円)規模のインフラ計画を打ち出す。バイデン政権は計画について、1950年代の州間高速道路網や60年代の宇宙開発のプログラム以来、最も包括的な内容になるとしている。

また、以下のような指標の発表があります。

  • 3月 ADP雇用統計

以下のような決算発表もあります。

  • マイクロン・テクノロジー<MU>

国内

第一生命HDが大規模自社株買いを発表

今日の取引時間終了後には第一生命ホールディングス<8750>が、1億7000万株(15.25%)・2000億円を上限とする自社株を発表しました。

取得期間は4月1日~2022年3月31日としています。

すごい量の自社株買いですね。

現時点のPTS取引の株価は大幅高となっています。

第一生命HD:15.25%、2000億円を上限に自己株取得へ
第一生命ホールディングスは31日、発行済株式総数の15.25%、2000億円を上限に自己株式を取得すると発表した。

明日の取引時間開始前には、以下のような指標の発表があります。

  • 1Q 日銀短観

また、取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 象印マホービン<7965>

タイトルとURLをコピーしました