【3月22日の市況】日経平均大幅続落、ルネサス火災で車載半導体生産再開までに1カ月かかりそうで関連株が大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

この日はFRBが銀行の資本規制の特例を予定通り3月末で終了すると発表しました。

これにより市場ではFRBが金融を引き締め始めたと捉えられ、金融株を中心に売りが出ました。

NYダウ 32,627.97 -234.33 (-0.71%)
NASDAQ 13,215.23 +99.06 (+0.76%)
S&P500 3,913.10 -2.36 (-0.06%)
NYダウ続落、234ドル安 FRB「特例終了」で金融株下落
【NQNニューヨーク=古江敦子】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比234ドル33セント(0.7%)安の3万2627ドル97セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス危機に対応して導入した銀行の資本規制の緩和を延長しないと発表、投融資への影響が懸念された金融株が下げた。悪材料が出...
FRB、米銀資本規制の特例を3月末で終了(写真=ロイター)
【ニューヨーク=後藤達也】米連邦準備理事会(FRB)は19日、米大手銀が米国債を持ちやすいようにする資本規制の一時的な緩和措置を予定通り3月末で終了すると発表した。昨年春の米国債市場の混乱に伴う危機対応だったが、市場は当時と比べ「安定した」と判断した。今後、銀行などにも意見を求め、規制に修正が必要か検討する考えも示した...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではJASDAQ平均のみが上昇し、その他の指数は下落しました。

先週の日銀政策決定会合でのETF購入基準変更のショックがまだ継続している中で、週末さらに複数のネガティブ材料が出てしまいました。

今日は午前中の段階でTOPIXが1.1%下げていましたので、日銀のETF買いが入りました

ネガティブ材料

  • 米国にてFRBが銀行への特例を期限通り(3月末)に終わらせると発表
  • 宮城で震度5強の地震
  • 東京五輪の海外客受け入れ断念
  • ルネサスの火災(下に記載)

ポジティブ材料

  • 緊急事態宣言全面解除

今日もファーストリテイリング<9983>が大きく下げて、1銘柄で日経平均を148円押し下げました。

日経平均は2営業日で1042円も下がってしもうた。

ファーストリテイリング<9983> 86,890 -4,130 (-4.54%)
日経平均 29,174.15 -617.90 (-2.07%)
TOPIX 1,990.18 -22.03 (-1.09%)
JPX日経400 17,911.16 -219.27 (-1.21%)
JASDAQ平均 3,942.67 +10.43 (+0.27%)
マザーズ指数 1,220.10 -9.94 (-0.81%)
東証大引け 続落 米資本規制の緩和終了が重荷、グロース株売り
22日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前週末比617円90銭(2.07%)安の2万9174円15銭で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が大手銀の資本規制の緩和措置終了を発表し19日のダウ工業株30種平均が下落。米長期金利の上昇持続懸念に加え、先週末に日銀が上場投資信託(ETF)の購入方法を変更したことによる不透明...
宮城で震度5強、M6.9 新幹線が一時運転見合わせ(写真=共同)
20日午後6時9分ごろ、宮城県で最大震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は宮城県沖(牡鹿半島の北東20キロ付近)で、震源の深さは59キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は暫定値で6.9。東日本大震災の余震とみられ、宮城、岩手両県で計7人が負傷した。気象庁は一時、宮城県に津波注意報を発表し、同県亘理町など...
東京五輪パラ、海外客受け入れ断念 5者協議で決定 (写真=ロイター)
今夏の東京五輪・パラリンピックを巡り、政府と東京都、大会組織委員会は20日夜、国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)を交えて代表者による5者協議をオンラインで開いた。海外からの一般観客の受け入れ見送りを正式に決めた。変異した新型コロナウイルスの世界的な拡大が続き、大規模に海外観客を受け入れ...
緊急事態宣言、全面解除 時短要請は午後9時までに
政府は首都圏に発令していた新型コロナウイルスの緊急事態宣言を22日午前0時に全面解除した。感染再拡大を防ぐ対策は自治体と調整し、段階的に緩和しながら継続する。飲食店に対する営業時間の短縮要請はこれまでの「午後8時まで」から「午後9時まで」へ延ばす。宣言対象は東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県だった。全国の7日間移動平均...

経済指標

2月 コンビニ売上高

2月のコンビニ売上高は既存店ベースで前年同月比5%減となりました。

新型コロナが始まってから丸1年前年割れが続いています。

来月からどうなるでしょうか?

コンビニ売上高、2月は5%減 12カ月連続マイナス
日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)は22日、コンビニエンスストア大手7社の2021年2月の既存店売上高が前年同月比5%減の7634億円だったと発表した。20年の新型コロナウイルスの感染拡大以降、12カ月連続で前年割れした。政府の緊急事態宣言による外出自粛が響いたほか、在宅

2月 白物家電出荷額

2月の国内白物家電出荷額は前年同月比16.4%増となりました。

2月の白物家電出荷、前年比16.4%増 続く巣ごもり需要
日本電機工業会(JEMA)は22日、2月のルームエアコンや冷蔵庫など白物家電の国内出荷額が前年同月比16.4%増の1916億円だったと発表した。緊急事態宣言が延長されたことで在宅時間の増加による巣ごもり消費も続き、5カ月連続で前年実績を上回った。前年は2019年10月の消費増税後で、出荷額が落ち込んでいた側面もある。ル...

個別材料

ルネサス火災で車載半導体生産再開までに1カ月かかりそうで関連株が大幅安

半導体のルネサスエレクトロニクス<6723>の那珂工場の車載半導体ラインで火災がありましたが、生産再開までに1カ月程度かかることが明らかとなりました。

これによりまた自動車の生産がストップするのではとの懸念から、今日の自動車関連株は大幅安となりました。

ルネサス<6723> 1,168 -60 (-4.89%)
日産自<7201> 601 -23.1 (-3.70%)
ホンダ<7267> 3,345 -126 (-3.63%)
トヨタ自<7203> 8,362 -282 (-3.26%)
デンソー<6902> 7,350 -382 (-4.94%)
ルネサス火災「生産再開1カ月」 車メーカー追加減産も
半導体大手のルネサスエレクトロニクスは21日、火災により生産停止中の那珂工場(茨城県ひたちなか市)の生産再開に1カ月程度かかるとの認識を示した。半導体は工程が多く一般的に製造に2~3カ月かかり、供給正常化までに3カ月超かかる計算だ。米中貿易摩擦や需要急増で世界で不足する車載半導体は、2月中旬の米国の大寒波で現地工場が止...

他にも米国の寒波の影響でエアバッグに使うナイロンの原料出荷が滞っているという話もあります。

今日はこのナイロンを代替する素材を開発したユニチカの株価が大幅高となりました。

ユニチカ<3103> 472 +33 (+7.52%)
東レ<3402> 740.2 -12.6 (-1.67%)
ユニチカ、ナイロン樹脂の供給不足で代替素材
ユニチカは17日、自動車部品や電子部品に使われる高機能樹脂「ナイロン66」を代替する新たな樹脂素材を開発したと発表した。ナイロン66の中間原料「アジポニトリル」を使わずに、強度や耐熱性を確保した。化学メーカーの被災や設備トラブルに伴うア
東レ、自動車向けの一部ナイロン製品で顧客に供給免責求める
東レは17日、主に自動車のエアバッグに使われる「ナイロン66」繊維の供給について、契約上の義務の不履行に対する免責を顧客に求める「フォース・マジュール(不可抗力条項)」を宣言していることを明らかにした。

商船三井 液化CO2輸送事業に参入すると発表し株価大幅高

海運の商船三井<9104>は、ノルウェーの企業に出資し液化二酸化炭素の輸送事業に参入すると、3月19日に発表しました。

このノウハウを蓄積して将来の二酸化炭素回収・埋蔵などに役立てたいようです。

これを受け今日の商船三井の株価は大幅高となりました。

また、ばら積み船の運賃の指数であるバルチック海運指数が昨年来高値を更新していることなどから、他の海運会社の株価も大幅高となっています。

商船三井<9104> 4,295 +215 (+5.27%)
川崎汽船<9107> 2,746 +124 (+4.73%)
日本郵船<9101> 4,065 +130 (+3.30%)
商船三井 液化CO2輸送に参入 欧州海運に出資
商船三井は19日、液化した二酸化炭素(CO2)の輸送事業に参入すると発表した。ノルウェーの船舶管理会社に出資し、2024年にも同国で共同輸送を始める。鉄鋼やセメント製造企業などから排出されるCO2を回収して埋蔵・再利用し、大気中のCO2削減につなげたい考えだ。食品など産業向け液化CO2の専用船の運航で実績を持つノルウェ...

AOKIHD 業績予想を下方修正(赤字幅拡大)して株価大幅安

紳士服のAOKIホールディングス<8214>は、3月19日に通期の業績予想の下方修正を発表しました。

純利益は従来予想では53億5000万円の赤字としていましたが、今回123億円の赤字へと改めました。

また、期末配当を従来予想の13円から0円へと減額しました。(年間では前期比36円の減配)

これを受け今日のAOKIHDの株価は大幅安となりました。

AOKIHD<8214> 696 -62 (-8.18%)
AOKIHD、最終赤字123億円 21年3月期末無配に
AOKIホールディングスは19日、2021年3月期の連結最終損益が123億円の赤字(前期は4億4700万円の黒字)になりそうだと発表した。従来予想から69億円引き下げた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が再発令され、紳士服やカラオケ店が苦戦している。1987年の上場以来で最終赤字は初めて。13円を計画していた期末配当を...

パスコ 業績予想を上方修正(減益幅縮小)して株価大幅高

航空測量のパスコ<9232>は、3月19日に通期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では前期比51%減としていましたが、今回27.1%減へと改めました。

また、期末配当を従来予想の25円から35円へと10円増額しました。(年間では前期比10円増配)

これを受け今日のパスコの株価は大幅高となりました。

パスコ<9232> 1,519 +126 (+9.05%)
パスコ、通期の純利益予想を上方修正 17億円から25億3000万円に
パスコは19日、2021年3月期の純利益が前期比27.1%減の25億3000万円になる見通しだと発表した。従来予想の17億円(前期比51%減)から上方修正した。営業利益は前期比14.5%増の40億6000万円(従来予想は前期比15.4%減の30億円)、経常利益は同13.2%増の39億7000万円(従来予想は同17.2%...

明日に向けての注目点

米国

今晩の米国ではパウエルFRB議長の発言があります。

また、以下のような指標の発表があります。

  • 2月 中古住宅販売件数

タイトルとURLをコピーしました