【3月17日の市況】日経平均反落、アスクル 業績予想の上方修正と1対2の株式分割を発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

翌日にFOMCの結果発表が控えていることもあって、このところ値上がりしていた景気敏感株に利益確定売りが出ました。

NYダウ 32,825.95 -127.51 (-0.39%)
NASDAQ 13,471.56 +11.85 (+0.09%)
S&P500 3,962.71 -6.23 (-0.16%)
NYダウ反落127ドル安 高値警戒で利益確定売り
【NQNニューヨーク=古江敦子】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は8営業日ぶりに反落し、前日比127ドル51セント(0.4%)安の3万2825ドル95セントで終えた。前日までの7日続伸で2000ドルあまり上昇し、短期的な過熱感を警戒した利益確定売りが景気敏感株を中心に出た。主力ハイテク株には押し目買いが入り、相...

経済指標

2月 小売売上高

2月の小売売上高は前月比3.0%減となり、市場予想を大きく下回りました。

2月の米小売売上高 3.0%減、前月急増の反動で(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が16日発表した2月の小売売上高(季節調整済み)は前月比3.0%減少した。急増した前月(7.6%増)の反動での落ち込みで、2カ月ぶりのマイナスとなった。減少幅はダウ・ジョーンズまとめの市場予測(マイナス0.4%程度)を大きく上回った。ただし前年同月比では6.3%増加した。ほとんどの項目で...

2月 鉱工業生産

2月の鉱工業生産は前月比2.2%低下の104.7となり、市場予想を下回りました。

寒波の影響で工場が止まっていたことが効いたようです。

2月の米鉱工業生産、2.2%低下 寒波による稼働停止で(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が16日発表した2月の鉱工業生産指数(2012=100)は104.7となり、前月の改定値から2.2%低下した。記録的な寒波による一時的な工場の稼働停止が主因で、5カ月ぶりのマイナスとなった。0.3%程度の上昇を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測に反して低下した。製...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中では日経平均だけが下落して、その他の指数は上昇しました。

日経平均は朝はマイナスで始まり午前10時頃から一旦プラスに転じましたが、午後はまたマイナスに沈みました。

TOPIXは今日もバブル崩壊後の高値を更新しました。

今晩米国でFOMCの結果発表があるため、様子見する人が多かったようです。

日経平均 29,914.33 -6.76 (-0.02%)
TOPIX 1,984.03 +2.53 (+0.13%)
JPX日経400 17,892.04 +19.35 (+0.11%)
JASDAQ平均 3,899.78 +15.04 (+0.39%)
マザーズ指数 1,232.66 +18.98 (+1.56%)
日経平均、7日ぶり小反落 終値6円安
17日の東京株式市場で日経平均株価は7営業日ぶりに小幅に反落し、前日比6円76銭(0・02%)安の2万9914円33銭で引けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えた様子見ムードが強く、指数は小動きが続いた。日経平均は前場で節目の3万円に接近する場面もあったが、日米の中央銀行会合を前...

経済指標

2月 貿易統計(通関ベース)

今日の取引時間開始前には2月の貿易統計(通関ベース)の発表がありました。

輸入が前年同月比11.8%増、輸出が4.5%減、貿易収支は2173億円の黒字となりました。

2月輸入、1年10カ月ぶり増加 原油の落ち込み和らぐ
財務省が17日発表した2月の貿易統計速報によると、輸入額は前年同月比11.8%増の5兆8206億円となり、1年10カ月ぶりに増加に転じた。新型コロナウイルスの感染拡大で2020年2月に中国からの輸入が半減した反動が大きいが、原油など燃料輸入も持ち直しつつある。中国からの輸入は114.5%増の1兆4458億円。伸び率は比...

個別材料

アスクル 業績予想の上方修正と1対2の株式分割を発表し株価大幅高

オフィス用品宅配のアスクル<2678>は、3月16日に2020年6月~2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比49.4%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比6.1%増としていましたが、今回23.8%増へと改めました。

期末配当は従来予想の19円から25円へと6円増額しています。(年間では前期比6円増配)

また、5月20日を基準日として1対2の株式分割を行うとのことです。

これを受け今日のアスクルの株価は大幅高となりました。

アスクル<2678> 3,850 +300 (+8.45%)
アスクルの20年6月~21年2月期、純利益49.4%増 通期予想を上方修正
アスクルが16日発表した2020年6月~21年2月期の連結決算で、純利益は前年同期比49.4%増の61億5000万円となった。2021年5月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比23.8%増の70億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは72億1400万円だった。アスクルは法人向けに文具や...

東京電力HD 柏崎刈羽原発の侵入監視装置が故障していて株価大幅安

東京電力の柏崎刈羽原発で、2020年3月以降テロ対策のための監視装置が故障していたことが明らかとなりました。

これにより再稼働がさらに遠くなったことが嫌気され、今日の東京電力HD<9501>の株価は大幅安となりました。

東京電力HD<9501> 354 -40 (-10.15%)
柏崎刈羽原発、侵入検知できず 防護は「最も深刻」
 原子力規制委員会は16日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で、核物質防護設備の機能が一部喪失し、令和2年3月以降、テロ目的などの不正な侵入を検知できない可能性が…

ツルハHD 純利益3.2%減で株価大幅安

ドラッグストアのツルハホールディングス<3391>は、3月16日に2020年6月~2021年2月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比3.2%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

この減益決算が嫌気され今日のツルハHDの株価は大幅安となりました。

ツルハHD<3391> 14,320 -810 (-5.35%)
ツルハHDの20年6月~21年2月期、純利益3.2%減 通期予想据え置き
ツルハホールディングスが16日発表した2020年6月~21年2月期の連結決算で、純利益は前年同期比3.2%減の225億5600万円となった。2021年5月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比3.2%減の270億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは294億1500万円だった。ツルハHD...

パイプドHD 業績予想の上方修正を発表し株価大幅高

Webアプリケーション構築プラットフォームなどのパイプドホールディングス<3919>は、3月17日に通期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では前期比30.7%~45.3%増としていましたが、今回67.2%増へと改めました。

また、これまで未定としていた期末配当予想は14円とのことです。(年間では前期比2円増配)

これを受け今日のパイプドHDの株価は大幅高となりました。

パイプドHD<3919> 1,760 +191 (+12.17%)
パイプドHD、通期の純利益予想を上方修正 9億円から11億5000万円に
パイプドHDは16日、2021年2月期の純利益が前期比67.2%増の11億5000万円になる見通しだと発表した。従来予想の9億円(前期比30.8%増)から上方修正した。営業利益は前期比0.7%増の14億円(従来予想は前期比28%減の10億円)、経常利益は同3.4%増の14億5000万円(従来予想は同28.6%減の10億...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

エニグモ

服飾ソーシャル通販のエニグモ<3665>は、3月17日に2021年1月期の決算を発表しました。

純利益は前期比12.8%増となりました。

期末配当は10円とのことです。(年間では前期比3円増配)

併せて2022年1月期の業績予想を発表。

純利益は前期比1%~16%増になりそうだとのことです。

配当予想は未定としています。

エニグモの2022年1月期、税引き利益0.9%増 予想平均下回る
エニグモが17日発表した2021年1月期の単独決算で、税引き利益は前期比12.8%増の20億9800万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(20億6500万円)を上回った。2022年1月期の税引き利益は前期比0.9%増の21億1700万円を見込む。QUICKコンセンサスの23億5000万円を下回...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国ではFOMCの結果発表があります。

また、以下のような指標の発表があります。

  • 2月 住宅着工件数

国内

明日の取引時間終了後には以下のようは決算発表があります。

  • クスリのアオキHD<3549>

タイトルとURLをコピーしました