【3月10日の市況】日経平均続伸、2月の工作機械受注が前年同月比36.7%増で機械株が大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも上昇しました。

10年債利回りが落ち着いてきたことから、前日まで売られてきた高PERのハイテク株を中心に買いが入りました。

OECDの2021年の成長率予測が上昇修正されたことも好感されたようです。

NASDAQは今年最大の上昇率となりました。

テスラ<TSLA>の株価の上がり方がすごいですね。

アップル<AAPL> 121.08 +4.72 (4.06%)
エヌビディア<NVDA> 500.81 +37.24 (8.03%)
テスラ<TSLA> 673.58 +110.58 (19.64%)
ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM> 342.11 +31.18 (10.03%)
NYダウ 31,832.74 +30.30 (+0.10%)
NASDAQ 13,073.82 +464.66 (+3.69%)
S&P500 3,875.44 +54.09 (+1.42%)
NYダウ続伸30ドル高 長期金利低下で成長株に買い
【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比30ドル30セント(0.1%)高の3万1832ドル74セントで終えた。米長期金利の上昇が一服し、前日まで軟調だったハイテクなどグロース(成長)株に押し目買いが入った。米国の追加経済対策が景気回復を後押しするとの期待も買いを促した。...
21年世界成長は5.6%、OECDが上方修正 ワクチンに期待(写真=AP)
経済協力開発機構(OECD)は9日、2021年の世界の実質経済成長率が5.6%になるとの予測を発表した。新型コロナウイルスのワクチンの普及や米国の追加経済対策の効果を見込み、20年12月時点の予測から1.4ポイント上方修正した。感染の抑制が進むことで「世界経済は21年中ごろまでにはコロナ前を上回る水準に戻る」との見通し...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

日経平均は寄り付いてすぐのところで200円を越える上げ幅となる場面もありましたが、その後はプラスとマイナスを行ったり来たりする弱々しい相場となりました。

メジャーSQが近いからでしょうか?

2万9千円を割り込むとすぐに誰かが買って支えてくれていたようです。

日経平均 29,036.56 +8.62 (+0.03%)
TOPIX 1,919.74 +2.06 (+0.11%)
JPX日経400 17,350.28 +24.04 (+0.14%)
JASDAQ平均 3,813.04 +16.72 (+0.44%)
マザーズ指数 1,156.37 +2.36 (+0.20%)
東証大引け 小幅続伸、設備投資や半導体関連に買い
10日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸し、前日比8円62銭(0.03%)高の2万9036円56銭で終えた。前日の米株式市場でハイテク株を中心に上昇した流れを引き継ぎ、日本株にも買いが優勢だった。朝方には上げ幅を200円超に広げる場面もあった。ただ、米長期金利の動向や新型コロナウイルスワクチンの国内での普及など不透...

経済指標

中国の2月 消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)

今日の午前の取引時間中には中国の2月の消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)の発表がありました。

消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.2%の下落。

生産者物価指数(PPI)は前年同月比1.7%の上昇となりました。

中国消費者物価、2月0.2%下落 帰省自粛で旅行需要減(写真=共同)
【北京=川手伊織】中国国家統計局が10日発表した2021年2月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.2%下落した。2カ月連続で前年を下回ったが、低下幅は1月(0.3%)より縮まった。2月半ばの春節(旧正月)休暇の時に省をまたぐ移動の自粛が広がり、旅行などの需要が落ち込んだ。旅行は4.3%下がった。衣類や靴類、家庭用...

個別材料

2月の工作機械受注が前年同月比36.7%増で機械株が大幅高

3月9日には2月の工作機械受注の発表があり、前年同月比36.7%増となりました。

これを受け今日は機械株が大幅高となりました。

国内向けは4.8%減でしたが、海外向けは66%増でした。

牧野フライス<6135> 4,445 +250 (+5.96%)
ツガミ<6101> 1,600 +89 (+5.89%)
DMG森精機<6141> 1,788 +87 (+5.11%)
ファナック<6954> 26,255 +850 (+3.35%)
工作機械2月受注、19カ月ぶりの1000億円超え
日本工作機械工業会(日工会)が9日発表した2月の工作機械受注額(速報値)は前年同月比36.7%増の1055億円だった。受注の好不況ラインとされる月1000億円を上回るのは2019年7月以来、19カ月ぶり。2月は営業日数が少なく、中国の長期休暇である春節(旧正月)と重なったが、4カ月連続で前年実績を上回った。中国で電動車...

東京製綱 日本製鉄からのTOBが成立し株価大幅高

鉄鋼の日本製鉄<5401>は、3月9日にワイヤロープの東京製綱<5981>への敵対的TOBが成立したと発表しました。

これにより出資比率が19.9%まで上昇しました。

これで東京製綱の経営が改善すれば良いことですし、ダメなら日本製鉄がさらに出資比率を上げてくるかもしれないとの思惑から、今日の東京製綱の株価は大幅高となりました。

東京製綱<5981> 1,394 +95 (+7.31%)
日本製鉄<5401> 1,783.5 -46.5 (-2.54%)
日本製鉄、敵対的TOBで東京製綱株2割弱取得 
日本製鉄は9日、東京製綱に対するTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。東京製綱の経営陣が反対した敵対的TOBだったが、応募は買い付け上限を上回り、出資比率は9.9%から19.9%に高まる。資本の力を背景に経営体制の見直しを迫ることになるが、2割弱では経営への関与が限定的で効果を疑問視する声もある。TOBは1株...

くら寿司 第1四半期の純利益が38.6%減で株価大幅安

回転ずしのくら寿司<2695>は、3月9日に2020年11月~2021年1月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比38.6%減となりました。

通期の業績予想は未定としています。

これを受け今日のくら寿司の株価は大幅安となりました。

新型コロナの影響で米国子会社の業績が特に良くなかったとのことです。

くら寿司<2695> 6,900 -550 (-7.38%)
くら寿司の20年11月~21年1月期、純利益38.6%減 通期予想は非開示
くら寿司が9日発表した2020年11月~21年1月期の連結決算で、純利益は前年同期比38.6%減の5億8800万円となった。2021年10月期通期の純利益予想は開示していない。売上高や営業利益、経常利益予想もそれぞれ開示していない。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは39億6300万円だった。くら寿司は1...

サトウ食品 業績予想を上方修正しても材料出尽くし感からか株価大幅安

パックご飯などのサトウ食品<2923>は、3月9日に2020年5月~2021年1月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.1倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比2.7%減としていましたが、今回69.8%増へと改めました。

今日のサトウ食品の株価は寄り付いてすぐのところで上場来高値をつけたものの、材料出尽くし感からかその後は売りに押されて大幅安となりました。

サトウ食品<2923> 5,200 -280 (-5.11%)
サトウ食品の20年5月~21年1月期、純利益2.1倍 通期予想を上方修正
サトウ食品が9日発表した2020年5月~21年1月期の連結決算で、純利益は前年同期比2.1倍の16億6900万円となった。2021年4月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比70.1%増の11億7000万円を見込む。サトウ食品は新潟市に本社を置く包装餅、包装米飯のトップメーカー。利益面については、売上高の増加に...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 2月 消費者物価指数(CPI)

また、以下のような決算発表があります。

  • オラクル<ORCL>

国内

サイバーエージェント 1対4の株式分割を発表

今日の取引時間終了後にはネット広告やゲームのサイバーエージェント<4751>が、3月31日を基準日とする1対4の株式分割を発表しました。

サイバー、3月末株主に対し1対4株の株式分割を発表  | 個別株 - 株探ニュース
 サイバーエージェント<4751>は10日の取引終了後、3月31日時点の株主に対して1対4株の株式分割を実施すると発表した。効力発生日は4月1日。投資単位当たり金額の引き下げによる株式の流動性向上と投資家層の拡大などを目的としている・・・。

カプコン 1対2の株式分割を発表

ゲームのカプコン<9697>も3月31日を基準日とする1対2の株式分割を発表しました。

カプコン、3月末株主に対し1対2株の株式分割を発表  | 個別株 - 株探ニュース
 カプコン<9697>は10日の取引終了後、3月31日時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施すると発表した。効力発生日は4月1日。投資単位当たり金額の引き下げによる株式の流動性向上と投資家層の拡大などを目的としている・・・。

サイバーエージェントもカプコンも現時点でPTS取引の株価が大幅高となっています。

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • ラクスル<4384>
  • 東京ドーム<9681>
タイトルとURLをコピーしました